FC2ブログ
越南小町のニッポン☆リハビリ中
3年に及ぶベトナム「勝手に駐妻」生活を終えて、日本の生活が再スタートした越南家。働きモノの日本人と驚くべき物価の高さについていけずTroi Oiの日々。ただいま、普通のニッポン人に戻るためリハビリ中。
行くぞ!スキー☆スキー!
仕事、ベトナム移住、海外旅行、飲み会、ママさんバレーなど……。
子どもがいてもやりたいことは大抵やってきたけれど、
ひとつだけガマンしていたことがある。

それは、スキー。

実は私、スキーは結構うまいんです。

というのも、小2~小5にかけて通った盛岡の小学校では、
冬の体育でスキーをやっていたし、
大学附属の高校に通っていた私は、大学受験をせずに、
高3の冬休みはスキー場で住み込みバイトをし、
その後、大学1年、2年と3シーズンに渡って冬は山ごもりしていたから。

当然、その頃は結婚するならスキーができる男というのが第一条件だったけど、
現実のお相手はスキーは一度もやったことのない佐助どん。

それでも、結婚し、豊島区に暮らしていた頃は、
当時のスキーバイトの仲間と一緒に結構スキーに行っていたんだけれど、
妊娠してからの13年間は一度も行くことがなかったのだ。

鎌万が小学生になったら一緒に行こうと思っていたのに、
小1の秋から始めた少年野球に土日は奪われ、唯一の休みは家族で海外。
結局、一度も行けずにいたけれど、少年野球を引退した今、
ようやく長年の夢が叶えられる!

というわけで、3月の平日、鎌万と格安バスツアーで栂池高原に行って来まーす!
しっかし、まぁ今って安いツアーがいっぱいあるのね~。
宿1泊(朝夕食事付き)+バス往復+リフト代+レンタルスキー&ウエアで
1万6300円だよ~!? 一体どこに旅行会社の儲けがあるの???

こんなに安く行けるなら、
未練たらしく昔のスキー道具なんてとっておかなければよかったわ……。
(っていうか、もっと早く一人で行ってもよかったかも?)

だけど、13年ぶりって結構ドキドキ。

佐助からはすかさず嫌み。
「ママさんバレーのときみたいに、いきなり張り切ってケガしないようにね」

あ~、そういえば、そんなこともあったわな。

なにはともあれ、久しぶりのスキーにドキドキ&ワクワク♪

070330_2312~0001

東京からの転校生とバカにされないように、
人知れず地道にスキーの練習をしていた小町(小2冬)


10歳からの子育て記録。
もうすぐ、一人息子の鎌万が小学校を卒業する。
ということは、私も小学生ママを卒業することになる。

ところで、育児雑誌などではよく、3歳までの子育てが大事とか、
10歳までの学習で将来が決まるなんていっているけれど、
それは本当なのだろうか?

確かに、子どもの脳の発達からみれば、それも一理あるように思うけれど、
私自身はむしろその先、10歳からの子育てが大事なのではないかと思っている。

学校から家に帰り、ランドセルを放り投げて、
再び、友だちと遊び呆けていた私の子ども時代と違って、
今の時代の小学生は、遊ぶこと以外にも選択がたくさんある。

学校、塾、習いごと、サークル、スポ少など、
わが子をどこに通わせ、何を伸ばしてあげればよいのかなど
親は考えることがいっぱい。

そう、子育ては年々、複雑化しているのだ。

子育てのゴールは何か?という大きなテーマはさておき、
わが子が将来、幸せになって欲しい、と親なら誰でも思うもの。

だからこそ、先回りをしたくなるのだが、
返ってそれが子どもにとってはよくなかったり……?

でも、そんなの子育て中の親にはわかんないよね~。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

鎌万の小4から小6までの3年間を、とある雑誌の連載で綴ってきました。

今、読み返してみると、なんでこんなことで怒ったり、悩んだりしてるんだぁ?
とちょっと笑ってしまうけれど、でも、そのときのリアルな気持ちを大切にしたい
と思い、ウェブに残しておくことにしました。

10歳からの子育てジャンクション




お次はユキちゃん!
日曜日、料理家であり、友人の高谷亜由さんのベトナム料理教室が無事終了しました!

亜由ちゃんの料理教室は、今回で3回目。
リピートしてくれる生徒さんも多く、古民家スタジオの催しとして、
定着しつつあります。

古民家スタジオの利用は、ハウススタジオとしての役割が大きいけれど、
今後はそれと並行して、イベント活動にも力を注いでいきたいと思っています。

そんな中、次にお呼びするのは、ベトナム在住時代のママ友であり、
サイゴンでOverlandclubというカルチャー教室を運営している富澤由紀さん。

ベトナム在住14年のユキちゃんならではの、
ちょっとディープなベトナム料理教室を開催します。

e0044885_2317819.jpg  _mg_5596.jpg


富澤由紀さんのベトナム料理教室


マステファンは注目!
近ごろ、女子の間で人気のマスキングテープ。
そのマステ専用のプリンターが登場しました!

その名は「こはる」。

なんてキュートなネーミングなんでしょう。
さっそく、レビューのお仕事で使ってみましたよん。

_MG_4896.jpg



終わった……。
昨日、鎌万の5年間に及ぶ、少年野球生活が終わった。

卒業生大会、第2回戦。
対戦相手としては互角のチームだったが、ここで終わるつもりはなかった。
ゲーム中盤までは、3-0のリード。
誰もがこの勝負もらった!と思っていたはずだ。

ところが、5回裏で突然、試合の流れが変わり、瞬く間に3-4の逆転。
そして、その流れを跳ね返すことができないまま、試合が終了した。

悔しいの一言に尽きる。

最後の最後まで、この学年の課題だったメンタルの弱さを克服できず、
いつかの試合でもこんな展開で終わったことがあったよな……?
という終わり方で、引退を迎えてしまったこと。

これが現役だったら、監督やコーチに激怒されていたんだろうけど、
それがないのが、あ~、このメンバーで戦うことはもうないんだな、
ということを告げているようで、返ってつらくなる。

優勝を夢見て戦ってきたけれど、
現実はやっぱり厳しいんだな、と12歳の少年たちも感じたに違いない。
勝ち続けることは、やっぱり大変なことなんだよ。


あ~あ、終わっちゃったね。


ところが……、試合終了後は悔し涙をボロボロ流していた鎌万だったが、
家に帰ってユニフォームを脱ぐと、「あ~あ、終わっちゃった。
でも、これでカップラーメンが食べられる~!」と、なんだか嬉しそう。

というのも、このチームのお昼ごはんは「おにぎり」という決まりがあり、
現役時代はそれしか口にすることができなかったのだが、
OBになると、好きなものが食べられ、後輩の前でカップラーメンをすするのが、
OBたちの幸せだったりするのだ。

まったく、そんな小さなシアワセをかみしめる前に、優勝旗をもらって来い!
と言ってやりたいが、なんとなくその気持ちもわかる。
確かに、5年間も毎週末おにぎりだけだったからね~。

ということは、私も1日3個のおにぎりを毎週末、5年間も作っていたわけー?
3個×8日(1カ月)×12月(1年)×5年=1440個!
頑張ったね、私。

しかし、なんだか急にガクッと来て、何もする気になれない私。
更年期、突入か……?

DSC_0230.jpg

5年生のときから背負ってきた背番号「2」も後輩へと渡される……