FC2ブログ
越南小町のニッポン☆リハビリ中
3年に及ぶベトナム「勝手に駐妻」生活を終えて、日本の生活が再スタートした越南家。働きモノの日本人と驚くべき物価の高さについていけずTroi Oiの日々。ただいま、普通のニッポン人に戻るためリハビリ中。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パンジーをもう一度!
鎌万のチームが勝ち続けている。
今日は、鎌倉市の夏の大会でベスト4に進出。
ようやく、本領発揮ってところかな・・・(春の大会をいまだ引きずっている母)

勝っているときは、チームの雰囲気もいい。
応援のし甲斐もある。

ところで、最近、チームに新バージョンの応援歌が登場した。
鎌万のチームでは、ナイスプレーをした選手に対し、
「お~み~ご~と、ハイハイ(手拍子)、○○(×4回)いえーい!」
という応援歌がある(※○○は選手の名前)

この応援歌、相手ピッチャーにとってはかなりイラッとくると思うが、
それもまた作戦(だと思う)。

しかし、新バージョンはさらにそれに輪をかけるおふざけぶり。

ツーベースヒットを打った選手のみに捧げられる応援歌として、
通常の応援歌で名前を呼ぶところが、なぜか「パンジー」に変わり、
「お~み~ご~と、ハイハイ(手拍子)、パンジー(×4回)いえーい!」

そして、「いえーい!」のところで、
セカンドベースの上でチンパンジー(両手を頭の上でM字)のマネをするのだ。

つまり、パンジーの意味はチンパンジー。

日頃、かなり厳しい練習をしているチームで、なぜにパンジー???
その理由がいまひとつ分からないのだが、
パンジー応援歌が登場以来、やたらとツーベースヒットが多いのは確か。
恐るべし、パンジー効果。

1回の試合で何度もツーベースヒットを打つ選手は、
パンジーポーズも進化し、斜めにしてちょっとお茶目にしたり、
膝の動きをプラスしてみたりと余裕たっぷり(おもに5年生)。

一方、ちょっと思春期に入りかけている6年生は、
おいおい、こんなことさせるなよ~、的にちょっと恥じらいを感じさせる。

しかし、鎌万は6年生なのに屈託のない笑顔でパンジー。
思春期はまだ先か・・・。

_MG_8601.jpg

どうか次の試合もパンジーを見せてくれい!



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
応援はともかく。
バッターが塁上でチンパンジーって……。

審判からおこられへんの?
2011/06/20(月) 09:33:42 | URL | ちかちゃん♪ #1ckSo3PI[ 編集]
ちかちゃん♪そうなんだよね~
少年野球にはやたらと決まり事があって、ベルトやスパイクの色が統一していないとダメだとか、応援はこの線から一歩でもはみだしちゃダメとか、結構うるさいんだけど、なぜかパンジーはノーチェックなのよ。不思議だわー。



2011/06/20(月) 10:28:47 | URL | komachi #-[ 編集]
強いチームって
応援歌も充実しているから、慣れていない対戦相手はそれに圧倒されてペースを乱しちゃうんだよね。

パンジーは、強いチームの普段の厳しい練習からのごあいきょう でしょうかね。

ところで対戦相手がエラーをしたときに「あーあ」っていうのはあり?
2011/06/22(水) 21:38:06 | URL | シン #sSHoJftA[ 編集]
シンさん、相手チームを悪く言う応援は
NGだよね~。
でも、あたしはついバレーのくせで、相手がエラーすると「ラッキー!」ででかい声で言ってしまう・・・。

相手ピッチャーが3ボールのときに「3ボール、3ボール」というのもよくないらしい。
2011/06/23(木) 08:04:56 | URL | komachi #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。