FC2ブログ
越南小町のニッポン☆リハビリ中
3年に及ぶベトナム「勝手に駐妻」生活を終えて、日本の生活が再スタートした越南家。働きモノの日本人と驚くべき物価の高さについていけずTroi Oiの日々。ただいま、普通のニッポン人に戻るためリハビリ中。
ベトナム語クラスの同窓会
在住2年目に9ヶ月間通ったベトナム語クラスの仲間たちとひさしぶりに再会した。スタート当初は10人くらいいたが、ひとり二人と帰国していき、途中でクラス自体がなくなってしまったが、とてもいいクラスだった。今、振り返ってみても、ベトナム生活の中で一番楽しい時期だったと思う。

IMG_1190.jpg

ベトナムでビジネスを始めるつもりでやって来たけれど、ある日、突然気が変わって、韓国へ帰ってしまったSung Kee(右)。と思ったら、数ヶ月後、韓国の会社の駐在員として再びベトナムに戻ってきた。
ちょっとホモっぽいけど、授業がおもしろいTruoc先生(左)。2週間前に結婚が決まったとかで、超ゴキゲンだった。

IMG_1191.jpg

シンガポール政府観光局のマネージャーとして、ベトナムに赴任しているシンガポール人のDarren(右)。超多忙にもかかわらず、未だにベトナム語を習い続けているクラス一の努力家。

IMG_1192.jpg

教え方がとても上手だったThuc先生。こんなに美しいのに未だ独身。

IMG_1193.jpg

当時は高校3年生だったChoiも、大学生になった。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
はじめまして
ベトナム語でふら~と検索してここまできました。記事も見やすくて気に入ってしまいました。ちょくちょく遊びに来ることにします。
2006/02/11(土) 23:11:53 | URL | marino #-[ 編集]
marinoさん、はじめまして
身内しか見ていないかと思っていたので、嬉しいです。ベトナム生活はもうすぐ終わってしまいますが、ブログは続けていくつもり。今後ともよろしく。
2006/02/12(日) 01:59:35 | URL | komachi #-[ 編集]
いえいえ、そんなことはないですよ。気は抜けませんね、笑。いろいろとベトナムをここで学ぼうと決めました、ブログは続いてうれしいなー。
2006/02/12(日) 06:12:21 | URL | marino #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック