越南小町のニッポン☆リハビリ中
3年に及ぶベトナム「勝手に駐妻」生活を終えて、日本の生活が再スタートした越南家。働きモノの日本人と驚くべき物価の高さについていけずTroi Oiの日々。ただいま、普通のニッポン人に戻るためリハビリ中。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
伊能忠敬に学ぶ。
ハナさんのお見舞いを兼ねて、千葉県・佐原に1泊しました。

佐原といえば、江戸時代の測量家である伊能忠敬の故郷。
伝記とかは読んだことがないけれど、
地図を片手に世界を旅した元バックパッカーにとっては、
江戸の将軍さまや武士よりも、なんとなく興味アリ。



R0016923.jpg

古い建物が残る佐原の町。
鎌倉よりもよっぽど風情があるのに、オフシーズンなのか観光客が少ない。

R0016947.jpg

伊能さんのお股から失礼~!

R0016954.jpg

伊能忠敬記念館へ。記念館には伊能さんが使ったさまざまな測量道具が並ぶ。

R0016959.jpg

50歳まで佐原で酒造業を営んでいたという伊能さん。
息子に商売を譲ってから、暦学を学ぶために江戸へ。
全国各地の測量を始めたのは55歳のときからというから驚きです。

佐助も小町もこれからですな。



スポンサーサイト
ハナさんに会いに……。
先月、ハナさんが老人ホームに入居した。
ハナさんとは、89歳になる私のおばあちゃんだ。

元気が取り柄のハナさんだったので、
老人ホームに入ると聞いたときは、正直驚いたけれど、
足が不自由になって来たので、一人暮らしはもうちょっと難しいかもしれないな。

でも、それ以外はすこぶる元気で、会話のテンポの良さ、
カートを押しながら歩くときのスピードの速いことと言ったら!
というわけで、ハナさんパワーは健在なのでしたー。

R0016914.jpg

ちなみにハナさんの姉は104歳!


まるで結婚式のような一日。
古民家スタジオで開催中の古川葉子さんの木彫展も4日目。
今日はお天気にも恵まれ、たくさんの方が足を運んでくれました!

私の友人たちも来てくれ、楽しい一日に。
東長崎メンバーの有働、スキーバイトの友・毛塚くん、リビング編集部の同僚・馬瀬ちゃん…といろんな時代の友だちと会えたので、なんだか今日は結婚式のよう。

たくさんの友だちに恵まれ、幸せいっぱいの小町でしたー!
(あ、主役はもちろん古川さんです!)


DSC_0299.jpg  DSC_0290.jpg

_MG_8448.jpg  DSC_0293.jpg

_MG_8518.jpg  _MG_8501.jpg


木彫展は25日まで開催していまーす!

意外とあっさりな卒業式。
金曜日、小学校の卒業式がありました。

私が小学生のときの卒業式に、母親が大泣きしていたので、
小学校の卒業式というのは、親が泣くもんなんだと思って
ハンカチを用意していたのですが、あれれ? まったく泣けないよ~。

というのも、鎌万は6年1組の2番。
式が始まり、あっという間に卒業証書を受け取ってしまったので、
その後、130人が受け取るまで、正直退屈……。

ようやく、全員が受け取り、校長や来賓な方の祝辞が終わり、
いよいよ感動の歌に突入~!とハンカチを握りしめたけれど、
「仰げば尊し」や「巣立ちの歌」なら泣けるものの、えっ? この歌知らんよー!

というわけで、泣く準備はしていたのに、まったく泣けない卒業式なのでした。

もちろん、通っていた小学校の思い出はあるけれど、
毎年クラス替えをし、毎年担任の先生が変わるため、どうも記憶が曖昧。
それに比べると、6年間過ごした少年野球の方が、思い入れが強いんだよね~。
先週の少年野球の卒業会では号泣だったし。

というわけで、鎌万の小学時代は野球の比重が大きかったことを
再認識したのでした。

R0016878.jpg  R0016887.jpg


なにはともあれ、卒業おめでとう~!

これでわが家は、小学校と縁が切れてしまう……わけではなく、
相変わらず、ママさんバレーで週2日も小学校の体育館へ。
そんな日常もあるから、余計泣けないのかもしれません。





泣いて、笑って、そして巣立っていった。
今日は少年野球の卒業会。
小1から始めた野球。毎年、この時期に行われる卒業会では、
何人もの卒業生を見送ってきた。
いつか鎌万たちもチームを巣立つ日が来るんだよなぁ~と、
感動のスライドショーに涙する先輩ママを見て思っていたけど、
とうとうその時がやって来たのだ。

R0016810.jpg

開会10分前、ちょっぴり緊張している6年生たち。
普段は泥まみれなのに、今日はみんな爽やか(笑)。

R0016817_20120310165618.jpg

6年間、一度も卒業会に参加していなかった佐助も、
さすがに今年は卒業生の父なので、慣れないスーツを着て出席。

キャプテン父と副キャプテン父。
小学生の父兄は年齢層が広いっす(っていうかこのチームが特別?)

R0016819.jpg

会場は毎年おなじみの「わかみや」。
結婚披露宴並みの会場で、第一部=今年度の成績発表、
第二部=卒業会、第三部=新チーム発足会、と3時間たっぷり行われる。

まずは、第一部の成績発表。

R0016828.jpg

スタメン歴は誰よりも長いのに、毎回優秀賞を逃していた鎌万。
最後に夏季大会のMVPに選ばれご満悦。

R0016835.jpg

第二部の卒業会では、思い出の写真のスライドショーに涙、涙・・・

R0016838.jpg

卒業生7人が壇上に立ち、いよいよお別れの儀式。

R0016844.jpg

5年の時から2年間背負ってきた背番号「2」をチームへ返す。

R0016846.jpg

チームからは選手一人ひとりに額入りの写真を贈呈。
(photo by Fukui)

R0016853.jpg

卒業生が一人ひとり両親に宛てた手紙を読む。
もう~、涙、涙、涙~~~!!!

R0016858.jpg

さんざん泣かせてもらった後、第三部は新チーム発足会。
副将・鎌万は、新副将の後輩と握手。

R0016865.jpg

そして、最後は全員でおなじみの円陣!
泣いて、笑った最高の3時間でした。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

~鎌万が読んでくれた手紙~

お父さん、お母さんへ

先週、今まで使っていたキャッチャー道具を後輩に渡しました。
今までは、重くて嫌だと思っていましたが、
渡してしまうと、さびしさだけが残りました。

思えば、初めてキャッチャーをやったのは三年生の時。
最初はどうして自分なのかという不思議な気持ちと、
人より多くの道具を持てる喜びで一杯でした。

けれども、いざやってみると意外と地味で、
他のポジションをしたいという気持ちが生まれました。
ピッチャーならストライクになったらほめられ、
ボールでもはげまされるけれど、キャッチャーは捕って当たり前。
後ろに反らしたら失点につながる。
次第にそれがプレッシャーとなり、
野球を辞めたいと思うようになりました。

そんな時、はげましてくれたのが、お父さんとお母さんです。
試合の時、「ナイスストップ!」や「頑張れ!」の声が、
僕の背中を押してくれました。

そして、六年生になって、外野など違うポジションをやりました。
いざやってみると、ピッチャーはストライクが入らないとあせったり、
外野ではボールが来ないと集中力が切れそうになったりし、
他のポジションも大変だということが分かりました。

中学へ行っても、僕は野球を続けるつもりです。
今度はどこのポジションになるか、
あるいはレギュラーになれるか分かりません。
しかし、どんな時も一生懸命プレーしたい思います。
今まで支えてくれてありがとうございました。

平成24年3月10日 副将 鎌万


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

6年間、ホントに頑張ったね!
楽しい思い出をありがとう。
そして、中学生になっても野球を頑張ろう!

母と息子のスキー旅行~♪
何度も一緒に行こうと誘ったのに、行かないと言い張る佐助どん。
転ぶオレ、を見られるのがそんなにイヤなのかしらん?
めんどくさいオヤジだなぁ~と思いつつも、
ムリやり連れて行ってケガでもされたらもっとめんどくさいので、
行って来ました! 母と息子のスキー旅行~♪


R0016752.jpg

火曜日、夜。横浜から深夜バスに乗って栂池高原へ!
朝、6時30分、スキー場に到着。

R0016753.jpg

鎌万にとって、人生初のスキー。
案の定、スキーを履くところから苦戦しており、
げげっ、連れてきたの失敗だったかも~、と先行き不安の母。

R0016758.jpg

とりあえず、スクールに入れちゃえ!

R0016760.jpg

これは大正解!
2時間後、ゲレンデの下で待っていたら、
もうスピードで降りてくる小僧を発見。まさか、鎌万???
たった2時間でかなりの上達(笑)。

R0016763_20120309221540.jpg

お昼はやっぱりカレーでしょ!
その昔、スキー場で住み込みバイトをしていたとき、
小町はカレー担当だったのだ。
(そういや群馬ではカレーをかきまぜることを「かんます」と言ってたな)

R0016769.jpg

午後も2時間スクールに放り込み、鎌万とは3時から合流。

スキーは13年ぶりの小町。
レンタルスキーで、今はカービングスキーてヤツが主流であることを
初めて知る。こんな不格好な板、スキーじゃないわい!
と抵抗してみたが、かつてのスキーはもう置いていないらしい……。

それよりもスキーをやっている人自体が少ない。
あ~、もう、ゲレンデで寝そべっているスノーボーダーが邪魔だっつーの!

R0016772.jpg

今回の旅費は、バス往復+宿1泊(朝夕食)+リフト2日間+
スキーレンタル+ウエアレンタル=1万6500円!

どんな宿に泊まるかのかと思いきや、まったく問題ナシ!
むしろ、普段のアジア旅行から比べると快適だったり。

R0016773_20120309231118.jpg

たぶん食事はバイキングだろう、と予想はしていたけど、
まさかまさかの鍋バイキング。
まったく調理をしないというのが、安い理由かも。
でも、おいしかった。

今回のスキーツアーで、あえて不満を挙げるとしたら、
レンタルウエアがダサかったことかな。
っていうか、カラーが少年野球のジャンバーとかぶっているんだよね~(涙)。

R0016774_20120309231359.jpg

一日滑って、朝までぐっすり。
「カーネーション始まったよ~」と言ってもなかなか起きない鎌万。

R0016776.jpg

部屋の窓を開けると、目の前はスキー場。快晴なり!

R0016788_20120309232003.jpg

ゴンドラで山頂へ行き、初心者向けの林間コースを滑って降りる

R0016796.jpg

中腹にあるKFC。街プライスよりやや高め。

R0016797.jpg

格好つけたいお年頃。

R0016801.jpg

でも、かっこわるい(笑)

R0016803.jpg

何度も転んでは、確実に上達している鎌万。
「今シーズン、もう1回行きたい!」と、どうやらハマった様子。

R0016808.jpg

丸2日いっぱい滑って、夕方バスで横浜へ。
横浜、22時着。

なーんだ、こんなに手軽にスキーに行けるなら、
もっと小さい頃から連れて行けばよかったよ。

と思ってみたが、これまでは野球があっからね~。
野球をやって得たモノはたくさんあるけれど、
できなかったこともたくさんある。

これからはゆるゆるの部活なので、スキーもやろうぜ!

勝つまで泣くな!
これが最後、これが最後といいつつ、なかなか終わらない少年野球。
でも、本当にこれが最後でした。

卒業生 vs 新チームのさよなら試合。
見事に負けてくれました・・・。

R0016747.jpg


最後まで不完全燃焼だった6年生。
キミたちの悔し涙をもう何度見たことか……。
最後くらい後輩に格好いいところを見せて欲しかったなぁ~。

ま、世の中そんなに甘くはありません。

この悔しさを胸に、中学生になっても野球を頑張ろう!
これからは、勝つまで泣かないことー!

さて、長かった少年野球生活も終わり、
ぼちぼちママさんバレーに復帰しようかと思います。

今年の我がチームは、神奈川県ベスト3(560チーム中)。
この一年間は野球優先でゆるゆるにやっていたけど、
復帰となるとそうもいかず……。
果たしてあの厳しさについていけるのだろうか……?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。