越南小町のニッポン☆リハビリ中
3年に及ぶベトナム「勝手に駐妻」生活を終えて、日本の生活が再スタートした越南家。働きモノの日本人と驚くべき物価の高さについていけずTroi Oiの日々。ただいま、普通のニッポン人に戻るためリハビリ中。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アンタの気持ちなんて聞いてない!
入試本番まで3週間を切った。
この時期に及んでも、律儀に野球の練習に出ている鎌万よ~!
そんな余裕はないだろうに・・・。

でも、彼なりに頑張ってはいるのです。

だけど、正直ちょっと厳しいかな~と思うのが、国語。
物語文の主人公の心情を問う問題は、ことごとく不正解。
なんで、こんなところ間違えるんだよ~!と母は理解不能なのだが、
「だって俺はこう思うんだもん!」って、アンタの気持ちなんか聞いてないしー。

終いには、「これさぁ~、ちょっと質問の仕方が悪いよ」と問題にダメ出し。

こんなんで大丈夫なんでしょうか・・・?

スポンサーサイト
越中国境の旅、2011-2012
新年あけまして、おめでとうございます!
今年もどうぞよろしくお願いします。

年賀状を送ってくださった皆さま、ありがとうございました。
実は昨年は喪中でして、新年のごあいさつを控えさせていただきました。
だったら喪中ハガキを出せい!なのですが、
年末のバタバタで……(あぁ、言い訳)

そういえば、その前に引っ越しましたハガキも出してませんでした。
今年は郵便局に転送手続きをしていたから年賀状が届いたけれど、
このままでは来年は届かなくなってしまう!
友だちはなくしたくないので、ぼちぼち引っ越しましたハガキは出そうかな。


さて、喪中だからと悲しみにくれていた越南家ではありません。
今年も年末年始はベトナムへ!

今回は愛するサイゴンへは行かず(行けず?)、ハノイが起点。
旅のテーマは、越中国境越えです。
いつものごとく、ずらずら旅の思い出を綴っていきます
(長いから適当に流してね)



R0015926.jpg

12月25日
18時発のフライトなので、出発はゆっくり。
成田へはお馴染みのエアポート成田。寒さに耐えられずグリーン車へ。

R0015928.jpg

錦糸町からの眺め(鎌万撮影)。さらば、ニッポン!

23時過ぎ、ハノイに到着。1週間ぶりに佐助に再会。



R0015937.jpg

12月26日
朝は、ハノイに来たら、必ず行く店でソイ・ガー。

R0015941.jpg

ホアンキエム湖近くにある高台のカフェ。
入口がわかりにくいので、自力では行けない。

R0015942.jpg

なかなかの眺めです。でも、オープンエアーは寒いっつーの!

R0015945.jpg

カフェ・チュン(直訳するとコーヒー卵?)たるものを注文してみた。
結構、いける。プリンの味に近いかな?

R0015949.jpg

相変わらず荷物が多い鎌万。
でも、100円ショップの双眼鏡が役に立っている。

R0015951.jpg

一年ぶりだといろいろなものが新鮮。
今回、ハノイは7年ぶりです。ずっと拒否ってたのに、今年は半ば強制……。

R0015954.jpg

ハノイの定宿はここ。……なわけがない。
旧市街の安宿、1泊30ドル。

R0015955.jpg

やっぱりシクロはサイゴンの方がいいな。

R0015958.jpg

寒いけど、ハノイっ子に人気のアイス屋さんへ。

R0015959.jpg

こんな感じでバイクに寄りかかりながら食べています。
ぜんぜんオシャレじゃないところが、いかにもハノイ。

R0015960.jpg

相変わらず不味そうなベトケーキ……。

R0015970.jpg

今の時期、婚礼写真の撮影は寒すぎる。ま、2人が熱けりゃいいのか。

R0015979.jpg

ホアンキエム湖をぐるりと歩いてみました。

R0015980.jpg

国旗好きの鎌万、早速、物欲が沸く。

R0015981.jpg

はじめからくっついちゃっている日越国旗。
買う側としてはありがたい。

R0015984.jpg

ベトナム料理はヘルシーと言われるけれど……

R0015987.jpg

こんだけ肉を食べれば、ヘルシーとはいえないのでは???

R0015989.jpg

甘いものも大好きだし。

R0015993.jpg

おいしいんだけど、この時期には冷たすぎ。
オープンエアーじゃなくて、こたつに温まりながら食べたいっす。

R0015996.jpg

お散歩の後は、1時間お勉強。一応、受験生なもんで。

R0016004.jpg

再び、お散歩。ロンビエン橋へ!
高所恐怖症の鎌万、びびる、びびる。

R0016009.jpg

しかし、こんなところでわざわざ体操しているアホもいるし。

R0016011.jpg

線路を歩いちゃっている人もいるし。

R0016013.jpg

こんなところでも商売しているし。

R0016012.jpg

高いところは弱くても、食い気は勝る。

R0016022.jpg

九州で同窓会中の大学の友からViberが鳴る。
元気であることを伝えるために、Facebookに写真をアップする。
便利な世の中になったものです。

R0016036.jpg

列車が通過。さっき線路を歩いていた人、大丈夫だったかな?

R0016038.jpg

お気に入りのカフェへ。

R0016044.jpg

夜はハノイ在住メンバーとベトめし~!

R0016046.jpg

12月27日、朝はフォー。

R0016053.jpg

やべぇ、うっかりアイスを頼んでしまった。

R0016063.jpg

タンロンへ行くつもりが、10時半でクローズ!(早すぎっ)
しかたなく、軍事博物館へ行き先を変更。

R0016069.jpg

結構、見応えがあります。

R0016066.jpg

平和な時代になりました。

R0016072.jpg

近藤紘一の本を読みたくなります。

R0016075.jpg

「俺は空軍より海軍」って気分はすっかり坂の上の雲。

R0016077.jpg

ハノイ4回目にして、もしや初対面?
そういえば、ホーおじさんにもまだ会っていません。

R0016081.jpg

午後は佐助と鎌万と別れ、にしやんと雑貨巡り。
目指すはホーロー屋さん!

R0016086.jpg

1軒、2軒、3軒…とホーロー屋をはしご。

R0016090.jpg

ガイドのようにホーロー屋を案内してくれるにしやん。

R0016083.jpg

かわいい生地屋さんもあります。
しかし、今回はオーダーメイドをしている時間がなーい!

R0016096.jpg

楽しかった女子時間~♪

R0016104.jpg

晩飯はこちら。ハノイに来たら必ず行くステーキ屋さん。

R0016101.jpg

にんにくがたっぷり効いています。

R0016107.jpg

今晩は荷造り。明日はハロン湾へ!

R0016114.jpg

12月28日、鎌万の12歳の誕生日。
3年連続、ベトナムで誕生日を迎えています。

そして、今夜のお宿は豪華客船バーヤ号!
なぜにこんなものに乗れるかといえば……、仕事?だからです。

R0016117.jpg

まずはウェルカムドリンク~♪

R0016118.jpg

お部屋はこんな感じ。夫婦2人なら最高の空間。

R0016125.jpg

そこへムリやりベッドを作る。
もちろん、ここが鎌万のベッド。

R0016137.jpg

ランチはバイキング。

R0016136.jpg

食べるのに真剣な鎌万。行ったり来たりと忙しい。

R0016140.jpg

隣の西洋人は、ワインを飲みながら優雅にランチ。
ガツガツしてません。

R0016143.jpg

デッキからの眺めも最高! でも、寒い・・・

R0016149.jpg

というわけで、お部屋から眺める。

R0016153.jpg

俺は1時間勉強。
ほんとに1時間だけでいいのかいな?
友だちは冬期講習で毎日6時間、家でも勉強しているっていうのに~。

R0016159.jpg

小舟に乗って水上村を訪問。

R0016164.jpg

大きな岩山をくぐり抜けていきます。結構、壮観!

R0016176.jpg

しかーし、やっぱり寒いんだよね。

R0016185_20120107194729.jpg

夕方のハッピータイムには、揚げ春巻きのデモンストレーションが。

R0016186.jpg

ディナーはフルコース。そして、今日は鎌万の12歳の誕生日!

R0016188.jpg

ほかのお客とペースを合わせながらの食事なので、
バクバク食べられないのがつらい・・・。
西洋人がワインとおしゃべりを楽しんでいる中、
わが家は何回、パンの追加をしているんだか・・・。

R0016194.jpg

やっと待って来たサラダがこれ。
バーヤの文字はいいから、早く持って来ておくれよー!

R0016198.jpg

やっとメインにたどりついた。

R0016201.jpg

その後、船内がいきなり真っ暗になり、
ハッピーバースデイの音楽とともに、ケーキが運ばれてきた!
まさか、まさかと思ったら、鎌万の前に!嬉しいサプライズ。

マネージャーから何か一言と言われ、
乗客全員の前で堂々と「センキュー・ベリーマッチ」
小6男子、立派です。

R0016205.jpg

しかーし、困ったぞ。
わが家はベトケーキが大嫌いなのだ。

R0016206.jpg

せっかくのご厚意だし……と頑張ってみたけれど、
半分が限界です・・・(ごめんなさーい!)

R0016208.jpg

12月29日、少し早起きしてデッキへ。

R0016215.jpg

今日は、帆が上がりました。

R0016218.jpg

ほかの船も帆を上げます。
ある場所に来ると一斉に上げるけど、これはただの演出なのか???

R0016233.jpg

船を下りて鍾乳洞を見学。
しかし、人が多すぎてなかなか進みません。

R0016246.jpg

ブランチでもガッついてます(笑)
今のうちにリッチな旅を楽しんでおきたまえ。

R0016251.jpg

なぜなら、その数時間後には過酷な旅が待っているのだから。
ローカルバスで中国国境の町、モンカイへ。

R0016252.jpg

おやっ? こっちの方が快適???
鎌万、爆睡なり。

R0016256.jpg

来たバスに飛び乗ってしまったけれど、
もう少し待てば、隣のようなもっと快適なバスがあったらしい・・・。
ハロン湾ーモンカイ 10万ドン(370円)

R0016258.jpg

もっとブランチを食べておけばよかった。
小腹が空いて、茶葉卵。

R0016260.jpg

モンカイのホテルは広々。1泊30万ドン。

R0016271.jpg

国境の町モンカイを歩く。
意外とベトナム戦争ものの店が多い。

R0016279.jpg

イカのすり身がこのあたりの名物らしい。
うまいです。

R0016281.jpg

甘栗を買って、部屋で食べる。
この日から甘栗の日々が始まった。

R0016287.jpg

12月30日
中国へ行く前にもう一度フォーが食べたいということで、朝はフォー。

R0016289.jpg

橋の上から、遠く中国を望む。

R0016295.jpg

ベトコーヒーともしばしお別れ。

R0016297.jpg

さぁ、歩いて中国へ行くぞ!


R0016269.jpg

ベトナム側のイミグレーション。
なぜか、通行料?2万ドンを支払う。

R0016302.jpg

さらば、ベトナム!

R0016305.jpg

国境を歩く。
写真を撮ってもノーマークののどかな国境です。

R0016309.jpg

橋を渡った先が中国。

R0016317.jpg

今晩のお宿は東京湾(トンキンワン)酒店。
まるで軍事施設のような外観です。

R0016316.jpg

エントランスでいきなりこんな方が出迎えてくれるし。

R0016312.jpg

しかし、結構、立派なホテルなのに、中国に入った途端、
ベトナム語も英語も通じなーい(涙)。

R0016315.jpg

でも、この広さで1泊228元(約3000円)と格安。

R0016334.jpg

中国側の国境の町は東興(トンシン)。
ベトナムから歩いて来れるだけあり、町にはベトナムのものがいっぱい。
(その後、別の国境の町ピンシャンに行くが、そこよりもベトナム色が強い)

R0016325.jpg

ベトナム語の看板もあります。

R0016329.jpg

お昼は牛肉粉。フォー・ボーみたいなもん?
今朝もフォー食べたのに……

R0016321.jpg

国境の町らしさを味わえる一方で、通信においては完全に中国。
3Gのsimがなかなか見つからない。
見つかっても、店員が設定を知らなかったりする。

R0016326.jpg

町の移動はこんな車。
ところで、ホテルでタクシーを呼ぶ、という習慣はこの町ではないようだ。
リセプションに何度お願いしても、「ナンのこと?」ってな感じだった。

R0016336.jpg

イミグレーションの近くでは、ベトナム人が店を出している。
何を売っているのかとのぞいてみれば、頭痛に効く緑の薬とか、
安っぽい香水とかたいしたものは売っていなかった。
しかも、全員、同じ物を売っているしー。

R0016347.jpg

橋の下は自由に通れる。

R0016340.jpg

川沿いのカフェで「午後の紅茶ロイヤルミルクティー」もどきを飲みながら読書。
「中越国境より、日清戦争」by 鎌万。

R0016344.jpg

中国に入った途端、お茶をするとなるとペットボトルになってしまう。
カフェ文化が根付いているベトナムと比べると、旅情もありゃしないぜ。
あ、でもこの「午後の紅茶」もどきはおいしい。

R0016342.jpg

今朝、歩いたモンカイの橋を中国側から眺める。

R0016355.jpg

向こう岸はベトナム。

R0016357.jpg

ベトナム北部と中国を結ぶ国境の町は全部で3つ。
そのうち唯一海側にある国境がここ。ということで、今夜はシーフード!
いけすの中の貝や魚を適当に注文してみる。

R0016360.jpg

調理法を聞かれるので、指さし会話帳を使ってみた。
はまぐりは蒸し、牡蠣は卵と炒め、魚はスープに。

R0016362.jpg

どれも美味しくいただけましたー!

R0016365.jpg

食後は射的を。
「坂の上の雲」の世界になりきっている鎌万。

R0016368.jpg

でも、敵は風船。

R0016369.jpg

本日も〆は甘栗なり。

R0016375.jpg

12月30日、朝から鶏を丸ごと一羽を使った豪華なお粥。
いい出汁でてる~!

R0016381.jpg

ローカルバスで南寧に向かいます!

R0016382.jpg

一応、これでもVIPバスらしい。南寧までは3時間、55元(約700円)。

R0016389.jpg

移動日は問題集は免除で、「ポケでる 慣用句・ことわざ」のみ。

R0016392.jpg

南寧のバスターミナルに到着。
ここはどこかの国の空港かい?ってくらいバカ広い。
24時間営業のケンタッキーもあるし。
しかーし、困ったことに、街の中心からこれまた離れているんだな。

R0016396.jpg

タクシーで40分、南寧の鉄道駅へ。
とりあえず、駅前の2つ星ホテルにチェックイン。

R0016398.jpg

よっしゃ! ベト語と英語のカードがあった!
しかーし、さほど通じない。やはり中国に来たら、中国語で頑張るしかない……。

R0016401.jpg

荷物を置いて、ピンシャン行きの切符を買いに行くが、この列!
いや、この列の長さより、きちんと列を作って並んでいる中国人にビックリ!

R0016410.jpg

すでに1時間半経過・・・。

R0016415.jpg

やっと切符が手に入り、街歩き開始。
まずは、ウイグル族が焼く羊の串焼きを頬張る。

R0016419.jpg

都会に浮かれ、早くもマックに。

R0016426.jpg

晩はガッツリ中華です!
写真メニューがあったので、適当に頼んでみた。
どれもおいしいんだけど、量が多すぎ~!

R0016428.jpg

駅前はベトナム特産の店が並んでいます。
ベトナムで買うより安いよ~!

R0016432.jpg

2012年元旦
新年あけましておめでとうございます!

栗の食べ過ぎで、いきなり初ゲロ~!!!

R0016436.jpg

体調不良の鎌万を置いて、街をブラブラ。

R0016441.jpg

イモト似の羊とドラえもん。

R0016443.jpg

チェー屋(中国では何?)さん発見!

R0016445.jpg

しかし、ベトナムとは比べものにならん!
ゴマ汁粉なんて、ヤマトのりかと思ったぜ。
でも、ホーローはかわゆい♪

R0016448.jpg

「女人世界」……ってなんか女子校っぽい。

R0016453.jpg

馬車風のスペースに靴磨き屋さんが並ぶ。

R0016454.jpg

なにやら真剣に聞いているが、
やけどの薬とか、健康器具とかでたいしたものは売っていない。

R0016455.jpg

チャーリー似のかわいいバイク(電動自転車?)が街を制覇している。

R0016456.jpg

肉まんを買って帰るが、要らない……とのこと。
これぞホントの寝正月なり。

R0016463.jpg

小腹が空いたので、再び街へ。
中国式ファーストフードで汁麺を注文。
あれ?スープが入ってないぞ、と思ったら、スープはセルフサービスだった。
スープくらいよそってくれてもいいのに。

R0016472.jpg

まぶしすぎる、夜の南寧駅。

R0016474.jpg

鎌万ダウンで、今晩は二人めし。
きゅうりの酢の物を頼んだら、こんなにやって来た!
でも、これ、めちゃくちゃ旨い。

R0016476.jpg

見た目北京ダック風だが、まったくの別物。
乾豆腐を薄くしたものに、味噌味の豚肉と白ネギをのせ、巻いて食べる。
これはこれで美味。

R0016479.jpg

鎌万には今川焼きもどきをおみやげ。

R0016481.jpg

食欲はまだないものの、本が読めるまでに回復した。

R0016485.jpg

1月2日、再び中国式ファーストフードへ。
支払いを先に済ませ、レシートを自分の机の番号のところに差しておく。

R0016483.jpg

昨日のような戸惑いはもうなし。
スープはセルフです。

R0016486.jpg

南寧名物の友老粉は、辛くて完食できず・・・。

R0016489.jpg

というわけで、肉まんでお腹を満たす。

R0016491.jpg

雲南省を旅したときによく食べた土鍋ごはんを発見!

R0016496.jpg

まぜまぜして食べます。
おこげがおいしい!

R0016492.jpg

お茶屋さんで購入した茶こし、5元。
しかし、この後、土鍋屋さんに置き忘れてしまう。
気づいたのは、その2時間後。
ダメもとで店に寄ってみたら、なんとちゃんと取っておいてくれたのでした!
謝謝!!!

R0016504.jpg

男性なのにキティちゃんのグローブ(笑)

R0016506.jpg R0016507.jpg

女性は結構おしゃれです。そして、またカラフル。
原色大好きな小町は、今回はピンクのダウンで旅行をしたのだが、
ベトナムではやや派手に見えるのに、中国ではまったく目立たない!
まわりがピンクだらけで、佐助が小町を発見できなかったほど。
中国、気に入ったぜ!

R0016509.jpg

薬局前の体重計。ベトナムのように有料じゃないし、
「太りすぎ」とか余計なことを言わないのがよろしい。

R0016513.jpg

普通の豆腐花を頼んだつもりが、結構高いなぁ~と思ったら、
こんなもんが出てきた。やっぱりカラフル。

R0016515.jpg

嬉しい~! 街がピンクで溢れている!

R0016519.jpg

なんか正月っぽいことやってるぞ!と近づいてみたら、ただの飾りだった。
そういや、今年は丑年じゃないもんね。
それにしても、派手なディスプレイだなぁ~。

R0016522.jpg

飽きもせず、今日も甘栗。ただし、鎌万は禁止!!!

R0016523.jpg

ようやく復活!
元旦から冬期講習で頑張っている友だちを見習い、1時間勉強。

R0016527.jpg

食欲も出てきたようなので、晩は中山路のナイトマーケットへ!

R0016535.jpg

カニ、エビ、牡蠣など、いろんな食材がズラリ。うんまそう~!

R0016528.jpg

でも、さすがにワニは食べられません。
なんか肉が固そうだし・・・

R0016542.jpg

わき上がる食の欲望を抑え、まずは慎重におかゆから。
オープン席でこんなもん食べられたら、店としては宣伝にならんだろうな。

R0016556.jpg

1月3日、南寧から列車で国境の町ピンシャンヘ!
「結局、南寧(ナンニン)ではナンニもしなかった」by 鎌万。

R0016549.jpg

7時20分発。まだ眠いです・・・

R0016558.jpg

列車は2階建てになっています。
南寧からピンシャンまでは約3時間、硬座30元(約360円)。
鎌倉から横浜へ行くのとほぼ同じ金額。

R0016564.jpg

車窓からの眺め。岩山(?)がぽこぽこ続きます。

R0016567.jpg

ヨドバシ以外ときめくことのない佐助が、珍しく即決で買った魔法瓶。

R0016575.jpg

移動日の勉強は「ポケでる」。
佐助 vs 鎌万で早押し対決をする。
意外と佐助どん、ことわざ知っているんだよなぁ~。

R0016584.jpg

朝食を食べそびれ、プリングスもどきで家族3人食いつなぐ。

R0016588.jpg

2階へ上がる階段はこんな感じになってます。

R0016602.jpg

ジャパネット高田、参入か???
車内でいきなりセールス開始。

R0016605.jpg

ものすごい勢いで15分くらいしゃべり続けていたけれど、売り物はコレ。
よく歯ブラシだけで、そんなにしゃべれることあるなぁ~と感心。
もちろん、買いませんでしたー。

R0016608_20120110114301.jpg

ピンシャン駅に到着!

R0016615.jpg

トゥクトゥク(?)に乗って街の中心へ。
窓がないから寒い~!!!

R0016669.jpg

今晩のお宿はサイゴンホテル。

R0016632.jpg

お部屋は広々で、鎌万部屋まである!

R0016626.jpg

カップ麺、ジュース、パンツ、ひげ剃り……。
使った分だけ精算する仕組み。

R0016633.jpg

3ベッドなのに、なぜかコンドームも完備。
何これー?と鎌万が騒ぐので、ついでに性教育をしておいた。

R0016637.jpg

ピンシャンでは再び、にしやんと。
国が変わっても、目的は同じ。いざ、ホーロー探しへ!

R0016642.jpg

もはや、カメラマンではなく雑貨商???

R0016648.jpg

カメラは重いからと持たず、バカでかい計算機を持参するにしやん。

R0016651.jpg

あ、あの奥にあるホーローが取りたい~!

R0016653.jpg

にしやん買いすぎで元がなくなり、両替所へ急ぐ。

R0016656.jpg

軍ショップで軍用のホーローカップを見つけた!
との情報が佐助から入り、駆けつける。
なにげにみんなホーロー狂???

R0016659.jpg

買い物が一段落し、カフェでお茶。
タピオカミルクティーを頼んだつもりが、すげぇ色の飲み物が来た。
ベトナムの病院でよくもらった子ども用の風邪薬のような色。
でも、わりとおいしかった。

R0016665.jpg

雑貨商、祖国へ帰る。

R0016667.jpg

健康器具が並んでいる公園で、しばし運動。

R0016668.jpg

スーパーマーケットの前にあった子ども向け遊具。
ここまで不細工にしなくてもいいのに。

R0016671.jpg

偽おっとっと。ホントのおっとっとよりもおいしかった。
PockyそっくりのChokyもあった。

R0016676.jpg

ホテルからの眺め。結構、絵になります。

R0016681.jpg

でも、街は残念ながら中国的イルミネーション。

R0016685.jpg

今夜のごちそうはコレ。

R0016682.jpg

中国のレストランはどこもこんな感じでお皿が置かれる。
衛生的なんだろうけど、なんか味気ない。

R0016690.jpg

中国最後の夜、食うぞ、食うぞ-!

PS.その晩、何に当たったのか、はたまたただの食い過ぎが、
小町思いっきりリバースしました。最後まで油断できないのが中国なのです。

R0016697.jpg

今日は自分の部屋があるから、勉強も集中。

R0016699.jpg

1月4日
ベトナムに帰るぞー!

R0016700.jpg

今回も旅のお供にかめきち。

R0016702.jpg

さらば、中国! 

R0016703.jpg

国境の友誼関まではタクシーで30分。そこからイミグレまではミニバスに乗る。
友誼関は観光スポットになっているのだが、今日は朝からあいにくの雨。
しかも、ハンパじゃなく寒くて、観光どころではない。
またいつか訪れることにして、ベトナムの入国を急ぐ。

R0016705.jpg

あまりの寒さにカラダがブルブル。
と思ったら、熱まで出てきたよ~!(涙)

ベトナム国境の町からハノイまではローカルバスで3時間。
ハノイに着いたときは、もうぐったり。

DSC_0108.jpg

でも、3時間寝たらほぼ復活。

そういや、願書の写真撮る前に髪を切っておかなきゃ!
ということで、ベト美容師にカットしてもらう。
お兄さんハサミぐるぐる回して格好つけているんだけど、腕はイマイチ。
つぶやきシロー風になっちまったよぉ~!(涙)

DSC_0111.jpg

昨晩の反省もあり、お腹に優しいベトめしということで、
洒落たベトナム料理店に行ってみたが、
チャーカーにマムトムが出てこないってのは、チャーカーとして認められん!

DSC_0113.jpg

1月5日、昨日のダウンが痛手となり、土産探しに忙しい小町。
まずは、バイン・チュン、ネムチュアを求めてホム市場へ。

DSC_0117.jpg

昼はにしやんとビンザンめし。
2日前に中国で会っていたのがヘンな感じ。

DSC_0118.jpg

おしゃれな共産党カフェ。2階席でまったり。

DSC_0124.jpg

2階席でぐっすり。

DSC_0135.jpg

……したかったけれど、午後は水上人形劇。
なんかツアー並みに忙しいっす。

DSC_0144.jpg

それからマッサージを90分して、再び買い物に走り……、
あっという間に夜。今晩の便で日本へ帰るので、荷造りもせねばー。

DSC_0140.jpg

40歳を機にバックパッカーを卒業し、スーツケースを新調した。
スーツケースはいっぱい入るし(じゃばらになっていて5センチ分増加)
コロコロ転がすだけだから楽ちーん♪
でも、ローカルバスで投げられ、すでにボコボコ(涙)。

DSC_0143.jpg

最終的にはこんな感じ。

DSC_0150.jpg

最後の晩餐はスケッチ編集部メンバーと日本からは2人の編集者さんと鶏鍋。
編集者さんとは帰国便が一緒で空港までご一緒。
翌早朝に成田に着いて、その日からお仕事(しかも校了)と聞き、
一気に現実に戻された小町。あ~、また日常が始まるんだわ。

DSC_0153.jpg

成田からは再びエアポート成田で鎌倉へ。
途中、千葉駅から元ベトナム在住者さごっちゃんが乗車し、
例年のごとく、ベトナムみやげとおせちを物々交換する。
これをやらないと、新年が始まった気がしないんだよね。

ってなわけで、今年も楽しいお正月を迎えて参りました。
年明け早々、受験、野球の引退試合、卒業…と大忙しの越南家ですが、
一年に一度は必ずベトナムへ行けるように、お仕事も頑張りたいと思います。

個人的には今回の雑貨巡りで、家族旅行より女子旅がしたい小町。
今年はホーローを求めて、本場のヨーロッパにも行きたいと企んでおります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。