越南小町のニッポン☆リハビリ中
3年に及ぶベトナム「勝手に駐妻」生活を終えて、日本の生活が再スタートした越南家。働きモノの日本人と驚くべき物価の高さについていけずTroi Oiの日々。ただいま、普通のニッポン人に戻るためリハビリ中。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
水を使わない、肉じゃが
被災地では今もなお不自由している、電気・ガス・水道。
でも、アイデア次第でいろいろなゴハンが作れるんですね。

料理サイトでおなじみのCOOKPAD(クックパッド)の初CM。
「水を使わない、肉じゃが」で古民家スタジオ・イシワタリが登場しています!

↓↓↓
COOKPAD


スポンサーサイト
子どものつまずき
子どもが勉強でつまずいているとき、
どこでつまずいているのか、なぜつまずいているのか、
親にはなかなかわからないものです。

授業に集中できないのはなぜ?
ノートがきれいに書けないのはなぜ?

その原因は意外なところにありました。

R0013822.jpg

edu6月号では、「子どもがつまずいている意外な原因」を取材執筆しました。

R0013824.jpg

鎌万が経験したのは、「学習道具のつまずき」でした。
小4の算数の授業で、安物のコンパスを持たせたら、上手に円が描けなくて、
一時、得意科目の算数が嫌いになったことがありました。

たかが道具、されど道具。
学習道具は慎重に選びたいものです。



新生活スタート!
桜満開の4月13日、越南家は鎌倉・雪ノ下から長谷へお引っ越し。

雪ノ下の家は、鎌万がまだおなかの中にいた頃から住み始め、
3歳~6歳の間はベトナムへ移住したため、一時留守にしたけれど、
鎌万の成長とともに、家族3人の歴史が刻まれた家。

R0013791.jpg

家の柱には鎌万の成長も記されています。

R0013782.jpg

築70年の家は趣があり、それなりに気に入ってはいたのですが、
古い家ってふすま1枚で部屋がみーんな続いているので、
プライバシーってモノがないのよね~。

子どもが小さい頃はそれがとてもよかったのですが、
もうすぐ思春期に突入する小6男子には、
ちょっと不便かな?(エロ本隠せなかったり……)なんて思い・・・。

もちろん、それだけの理由ではないのですが、
義パパ&ママも歳をとってきたし、介護が必要になっていきなり一緒になるより、
みんなが元気なうちから一緒にいたいな~と思い、
このたび佐助の実家の隣に引っ越しをすることに。


さて、引っ越し当日。
安さを優先して、平日の引っ越しとなり、鎌万は学校へ。

R0013775.jpg

「らくらくプラン」にしたものの、ついつい自分でやってしまう私に対し、
本気でラクするつもりの佐助。引っ越し当日もこの有様~!

さすがに梱包スタッフも一瞬、固まっていました・・・。

R0013804.jpg

しかし、そこはプロ。
文句ひとつ言わずにきちんとお仕事をしてくれました!

朝9時から梱包が始まり、午後2時にトラックが到着。

R0013790.jpg

その後はあっという間。
テキパキと荷物を運ぶ男性たちを前に、小町やることまったくナシ。

R0013788.jpg

邪魔になってはいけない、とキッチンの隅に腰掛け、
横国附属小の桜をぼけーっと見ておりました。

R0013807.jpg

そうこうしているうちに、トラックは長谷へ。
残された私は、ひとり雪ノ下の家をお掃除。

さて、新居の指示は佐助に任せて、掃除を終えて長谷へ行くと・・・

段ボールの山、山、山~!!!!

そう、この「らくらくプラン」は梱包はしてくれるけれど、
荷ほどきは自分で、という超中途半端なプランなのでした。

こんな状態ではとても今すぐ生活ができん・・・。
家具の配置や、段ボールの置き場など、テキパキ指示をしているかと思った佐助は、自分のPCまわりだけはきちんと設置し、あとは手つかず状態。

あのさー、先に新居でスタンバイしていて、何してたのさー!(怒)

そこから始まった佐助へのイライラ。
はじめは目をつぶっていたところもあったけれど、
何度言ってもやらないから、とうとうアタシもぶち切れたーーー!!!

そんなわけで、引っ越し5日目。
夫婦生活13年の中で最も激しい夫婦ゲンカをしました。
新居はテラスハウスなので、おそらくお隣さんには突き抜け。
そんな状態で、引っ越しの挨拶もできず、なんだか最悪な状態に・・・。

でも、ここで鎌万の助け船。
「あのさー、もう仲直りしたら?」

というわけで、2日後に日常に戻りました(笑)。



さて、引っ越しから10日が経ち・・・。

R0013829.jpg

だいぶ落ち着いたかな。

相変わらずパンダの段ボールは減らないままだし、
カーテンの長さも合っていないんだけど、
とりあえず生活ができているからヨシとしよう。

でも、何かと勝手が違う新居。
洗濯機は1階にあるのに、干すのは2階のベランダだったり、
2階にいるときに限って、トイレに行きたくなったり(トイレは1階のみ)、
と動かなければならないことが多々あり、平屋生活が恋しいっす。

R0013814.jpg

一番大きく変わったのはキッチン。
前の家は、ダイニングテーブルのすぐそばで佐助が料理をしていたので、
「俺って料理ができる男でしょ!」とばかりに、自慢げにフライパンをグルグル回していた佐助のパフォーマンスも、新居ではまったく死角。

それがご不満のようで、「なんかこの家だと料理する気分になれない」だと。

あーだ、こーだと文句はさておき、さっさと自分の部屋を片付けろよ!(怒)

あ、そうそう。
新居では鎌万も自分の部屋を持つことに。
しかーし、気づくといつもリビングにいるんだよね~(笑)。

では、私の部屋は? ・・・・ありません!
でも、そこはだまってはおけない。
というわけで、古民家スタジオの1室を仕事場にすることにしましたー!
仕事場のレイアウトなどは、これからゆっくり楽しみながら考えたいと思います。

とりあえず、新生活始まりました!


あっという間の1週間
引っ越し作業が一段落し(ホントはまだぜんぜん片付いていないけど・・・)、
今週からお仕事を再開しました。

今週は鎌倉のお店を12軒取材。
ご近所取材はママチャリで行けるからいいんだけど、
さすがに12軒はハードだった・・・。

忙しいときは、あっという間に1週間が過ぎていく。

そんなわけで、宣伝しそびれました。今週発売のアエラ。

R0013818.jpg

「イチバンの現場」最終回は、
日本でイチバン小さい(といわれている)山形県の白竜湖。

明日には次の号が店頭に並んでしまうので、本日限りです!


いつの間にか咲いていた!
今週の引っ越しに向けて、数日前から家にこもって片付けをしている私。

荷造りはおまかせの「らくらくプラン」にしたものの、
家の中にあるモノをすべて持っていったら、新居が潰れてしまうわい!と、
この引っ越しを機に要らないモノは処分してしまいたいと思っている私。

しかし、その横では、せっかく「らくらくプラン」なのに、なんで働いているの?
とあきれた顔で見ているだけで、ちっとも手伝おうとしない我が家の男ども!

とにかく要らないモノはどんどん捨てて、シンプルな暮らしを目指したい私。
部屋の中に散乱しているモノ、押し入れの中で眠っているモノ。
とりあえず、捨てる前に「これは要るの?」と聞くと、
「一応、とっといて」と軽く言う我が家の男ども!

あのさ~(怒)、「一応」ってなんのためよ!?
13年前に引っ越して来たときも、同じこと言ってたけどさー。
「一応」が役立ったことなど、一度もなかったじゃないのよー!

とにかく、我が家の男どもは何でもとっておきたがる。
未練たらしいったら、ありゃしない。

R0013753.jpg

段ボールもとっておきたがる佐助。段ボールはいらん!
ヨドバシの段ボール多すぎっ!

R0013752_20110410200046.jpg

「らくらくプラン」にしつつ、ついつい自分で働いてしまう私。
これは性格か? 

R0013759.jpg

がーん!
段ボールと格闘している間に、桜が咲いちまったよー!

予定が狂う……。
少年野球の春がやって来た!
今年のチームは市内優勝を狙えるかも!と期待が高まる春季大会。

副将・鎌万は長年夢だったピッチャーの座を獲得し、初戦に挑む。
相手ピッチャーは鎌万より20cmは優に超える長身。
昨年の5年生大会では勝利したものの、初戦の相手としてはかなり手強い。

でも、勝つだろう。たぶん、勝つと誰もが思っていたはずだ。
ところが、まさか、まさかの1回戦敗退。

思いっきりやられたー!という感じはなかった。
大きなミスもなかった。
だけど、どうしても逆転はできなかった。

そして、少年野球の春は終わった。
母はショックである……。

しかし、負けた子どもたちは案外さっぱりしているのだ。
監督たちも「悪い試合じゃなかった。夏は絶対に行ける!」
と早くも先を見ている。

だけど、正直、私は予定が狂った。
春の大会は決勝まで行くだろうと思って、ママさんバレーを休部したからだ。

「お母さん、今年の試合は全部観に来てよ!」とかわいい息子に言われりゃ、
ママさんバレーは二の次。

どうせ中学生になれば、「応援になんか絶対に来るな~」とか言うだろうし、
こんなこと言ってくれるのも今のうち。
「よっしゃ! 今年はとことん少年野球に付き合ってやろうじゃないの!」
と腹をくくったのに、1回戦負けってマジですか~?

もちろん、この大会ですべてが終わったわけではない。
夏の大会の予選はGW明けからスタートするし、毎週のように試合はある。

だけど、だけどね~。
やっぱり、母はショックなのですよ……(しつこい?)

でも、ここはもう気持ちを切り替えるしかないな。
夏に期待をするべし。

だけど、夏の大会であっさり敗退したら、かあちゃんはバレーに戻るからね!

R0013750.jpg

初戦前のワンシーン。あ~、この時間に戻れたら……。
何が起こるかわからないのが、少年野球の怖さなのだ。

脱自粛@熱海
地震から3週間が経ち、気づいたら春休みに。
世の中は相変わらず自粛の雰囲気に包まれているが、
被災していない人たちまでが元気をなくしたら、日本はますます沈んでしまう。

節電、募金、救援物資……。
被災していない私ができることはやったし、これからも続けるつもりだ。

でも、そろそろ自粛はやめようと思う。
被災者の気持ちに寄り添うこと=自粛ではないと思うからだ。
東日本の復興を望むなら、まずは自分自身が元気にならなければ!

というわけで、行って来ました! 日帰り温泉@熱海。

R0013709.jpg

10日ばかりの短い春休み。週末は野球、平日は塾の春季講習が5日間。
親はヒマしているのに、鎌万のフリーはたったの一日。
というわけで、行き先は電車で1時間ちょっとの熱海に決定!

R0013713.jpg

今回は、夕食付き日帰り温泉プランを利用。
チェックインの14:30まで、熱海を観光しようと思って、早めに鎌倉を出たが、
熱海の見どころって何ですかー???

とりあえず、駅前の商店街を歩いてみるが、いまひとつ物欲がわかず・・・。
熱海が舞台の「金色夜叉」で記念写真を撮ってみるが、
読んでいないから、このシチュエーションがわからず・・・。
(なんで蹴っているの?)

R0013711.jpg

とりあえず、海でも見る?と海岸に行ってみるが、人がいない・・・。

R0013714.jpg

もう、14:30まで時間つぶせないよ~!と途方にくれていたら、
駅前にこんなステキな場所が! あ~、もっと早く気づいていれば!

R0013717.jpg

ようやく旅館に入れましたー! いざ、温泉へ!

R0013725.jpg

旅館滞在時間は、夕食+温泉(部屋付き)で6時間半。
時間はたっぷりあるので、夕食前に隣のボーリング場へ。

こ……、ここは昭和かー?

R0013726.jpg

手書きだよぉ~!? 計算がめんどう・・・

R0013740.jpg

やたらとボール磨きに燃える鎌万。しかし、スコアには反映されず・・・

R0013747.jpg

ボーリングで体力を消耗した後は、お待ちかねの夕食でーす!
実は我が家、いろいろ旅行には行っているけれど、
いわゆるニッポンの旅館で食事するのは初めてのこと。

鎌万、皿の多さにびっくり! 
でも、一丁前に平らげてしまったよ(残すことを期待していたのに・・・)。

食事の後は、再び温泉。そして、時刻は21:00。

あ~、もうこのまま布団敷いて寝たーい!
贅沢したつもりが、なんか虚しさが残る日帰りプラン。
次は一泊したいものです。

そして、春休みはあと3日。短すぎっ!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。