FC2ブログ
越南小町のニッポン☆リハビリ中
3年に及ぶベトナム「勝手に駐妻」生活を終えて、日本の生活が再スタートした越南家。働きモノの日本人と驚くべき物価の高さについていけずTroi Oiの日々。ただいま、普通のニッポン人に戻るためリハビリ中。
続・『曇る道』
鎌万と担任の対立は相変わらず続いているようだ。
はじめは親身になって聞いていた母=私も、
だんだんそのグチを聞くのに疲れてきた(というより、ホンネは飽きてきた)。

だって、鎌万に共感すると、
先生を立てなきゃダメだ!って佐助に怒られるし、
鎌万に注意をすると、この世の終わりみたいな顔をされるし、
ハッキリ言って解決策なんてないんだよ!

だったら、適当にやり過ごすか、自分でその壁を乗り越えてくれい!

ところで、先日、塾の宿題で書いた作文が返ってきた。
国語のN先生の評価は、クラス最高点! やったね!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(以下、N先生のコメント)

笑わせてもらいました。
非常によく書けています。素晴らしい!
言葉もたくさん知っているし、言い回し(使い方)も上手です。
工夫もたくさん見られ、五年生の作文レベルとしては、
相当高いと思います。

書き出しもバッチリですし、終わり方も良いので、
『もう耐えられない!』という気持ちをラスト前の所で
力を入れて書けるといいですね。

いずれにしても、想像以上の作文力でした。
今後に期待です!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「先生だって一生懸命頑張っているんだよ」とか、
「集団生活では協調することも大事」などのお説教は一切書かず、
作文の評価に徹しているところは、さすがプロ!

すっかり気分をよくした鎌万。
次の作文の題材は、またしても担任について(しつこい!)。

そのタイトル、『Troi oi ! (ふざけるな!)』 ←なぜにベトナム語?

先に読ませてもらったが、前回の作文を越える力作である(母の評価)。
今回は、クラスのある事件について書いてあるのだが、
先生のその対応の仕方に納得がいかない!と、自分の気持ちを綴っている。

で、最後の捨て台詞が『Troi oi ! (ふざけるな!)』

どこで、そんな技法を学んだのか、
小5の作文としてはなかなか高度なテクを使っているなぁ~と感心。
N先生の評価が楽しみである。


しかし、まぁ、これだけ自分の気持ちが文章に書けるのなら、
ストレスも発散できているだろうし、小5の悩みも悪いことばかりじゃない。

担任とはうまくやってほしいなぁ~と思う一方で、
第3弾の作文も楽しみにしている、無責任な母なのである。


スポンサーサイト