越南小町のニッポン☆リハビリ中
3年に及ぶベトナム「勝手に駐妻」生活を終えて、日本の生活が再スタートした越南家。働きモノの日本人と驚くべき物価の高さについていけずTroi Oiの日々。ただいま、普通のニッポン人に戻るためリハビリ中。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
学生講師のホンネ聞いちゃいました
子どもが低学年の頃は、塾なんて関係ナシ!と思っていましたが、
小4になると中学受験をするしないにかかわらず、ママ友の間では塾の話が話題になります。

塾から洗脳されているのか、高い授業料を払っているからそう思いたいのか、
どのママも「ウチの子の通う塾が一番!」と信じている様子。
それは、それでいいのです。その方が子どもにとってもいいでしょう。

でも、塾の業界誌で仕事をしている私は、良くも悪くも塾業界の内情を知っています。だから、つい「あの塾はね……」なんて言いたくなるのですが、そこはグッと我慢。それを言ったら、仕事もママ友も失ってしまいますからね~。

RIMG0074.jpg

今、私は業界誌で、学生講師のホンネを取材するコーナーを毎月担当しています。

意外とママたちが知らないのは、塾講師のほとんどが学生であること。
これには、逆に私の方がびっくり!

今回は特集で、塾講師のバイトをしている大学生6人を集め、塾に対して思うこと(おもに不満なんだけど)をざっくばらんに語ってもらう座談会をしました。

場所は渋谷のカラオケボックス。はじめは遠慮がちに話していた学生たちでしたが、ひとり塾に対する不満を吐き出すと、出てくる、出てくる~!

あ~、これをママ友たちが聞いたらショックだろうなぁ~と思いつつも、
かな~り楽しい取材でした!

ま、不満はいっぱい出ましたが、最後はライターの腕の見せどころ(?)で、
希望のある記事にまとめましたよ(笑)。

塾業界に対してはいろいろと思うところはありますが、
個人的には今の時代に私教育である塾は必要だと思っています。

ただ、星の数ほどある塾の中から、我が子にぴったりな塾を探すというのは大変なこと。でも、遅かれ早かれ、いずれは鎌万も塾に通うことになるでしょうから、
それまでにちょっとズルイ(…というかセコイ?)けど、この仕事を通じて、我が子を通わせたい塾を探していまーす!
スポンサーサイト
やっぱりお昼は一緒に食べたい!
土曜日、鎌万の運動会がありました。
小学校の運動会も4回目となると、少々飽き気味……。

でも、盛り上がらないのはそれだけではないと思う。
だって、今の小学校の運動会って勝ち負けが曖昧で平和すぎるんだもーん。

徒競走は体育の時間に事前にタイムを計り、タイムが近い子同志で走らせるので、トップとビリは大きな差がでないし、組み体操は「下の台になる子がかわいそう」と、高さよりも横一列でまとめる感じだし……。

でも、一番つまんないのは、親子で一緒にごはんが食べられないこと!
私の小学校時代の運動会といえば、お昼は親子でお弁当を食べるのがごく普通のことだった気がするのですが、今は母子家庭や共働きなどいろいろな家庭があるので学校の方が気を遣っているみたい。でも、それってどうなのかなぁ~?
昔だって、いろいろな家庭があったと思うけど……。

そんなわけで、親たちはごはんを食べに帰りました……。
運動会は午後も続いたけど、もう一度出直すのが面倒になって、
結局行くのをやめてしまったよ……。

でも、鎌万は徒競走で1位がとれ、運動会をそれなりに楽しんだよう。
子どもが楽しければそれでいいのかなぁ~。

勝ち負けはナシで、何でも小さくまとめるのをヨシとする、今の公立小学校。
でも、実社会に出れば、そこは競争だらけの世界だってことを、先生たちは分かっているのかな?

RIMG0076.jpg

月刊「私塾界」10月号の連載ページで、運動会について思うことをいろいろと書いてみました。

RIMG0069.jpg

やっている本人が楽しければいいかな(笑)。
小4の壁ぶち当たってます
思春期はまだ先とはいえ、近ごろの鎌万は母に向かってナマイキ発言続出。
かと思えば、「俺ってバカだし……」とヘンな劣等感を持ったり、ちょっと前まではわかりやすいくらい単純な子だったのに、なんだか複雑な感情を持つようになっちゃって……。

でも、それはこのくらいの年齢の子に合った成長の証。
小学4・5年生頃になると自我に目覚め、それまでは親の言うことはなんでも聞いていた子どもも、大人の言っていることに矛盾を感じ、自分の考えを主張し出します。また、自分という存在を意識しはじめたり、友達との関わりの中で自分を評価するようになり、優越感や劣等感を持つようになるのだとか。(取材内容より)

なるほど~!
確かにその通りだわ!

専門家に取材をしながら、「そうそう!」とうなずいてしまうことが多々あり。
リアルタイムで小4母をやっている私には、とても興味深い内容の取材でした。

RIMG0052.jpg

「小4・小5で子どもは決まる」なんて言われちゃうと親としては焦りますが、ぜひ参考にしてほしいことがいっぱい紹介してあります。

RIMG0053.jpg

もうすでに壁にぶち当たっちゃっているけど、今からでも遅くない!(よね?)

※AERA with Kids 秋号、只今発売中~!(Part1&2とP23を担当してます!)

大会シーズン到来!
いよいよ本格的なバレーシーズンがスタート!
来週日曜に開催される秋季大会にはじまり、10月は市内大会、ローソンカップ、
やまゆり地区予選と大事な大会が目白押し。そのため、今週は練習試合が2本!

昨年はその大事な時期に、左足捻挫というトラブルを抱えてしまい、チームにも
仕事関係にも迷惑をかけてしまいました……。

今シーズンはどうかケガだけはしませんように……(祈)

母がママさんバレーに燃える一方で、息子の少年野球も大会シーズンが到来!
来月は4年生最後の大事な大会、わかば杯とD号の大会があります。
息子の応援に行きたいけど、母も大会があるしなぁ~(困)

それにしても、佐助どん。週末ヒマそう。
何かスポーツをやればいいのに、って思うけど、あのマイペースさは団体競技には向かないだろうなぁ~(笑)。

RIMG0040.jpg

鎌万よ、お互い優勝を目指そう!
働く喜び
週末、ベトフェスに行って来ました!
2回目となる今回のベトフェスは、前回に比べてこぢんまり。

RIMG0010.jpg

とりあえずフォーを食べてしまうあたりは、もはや元在住者とは言えないかも…。
でも、ココのフォーはかなりおいしかった!

しかし、食べたいものを一通り制覇すると、あとはやることナシ。
同じ会場で開催される「アースデイTOKYO」なんかだと、ワークショップが充実
しているので、子連れでも一日楽しめるんだけどね。

というわけで、早くも飽きモードの鎌万でしたが……

RIMG0018.jpg

いい仕事見つけちゃった!
佐助がお世話になっている情報センター出版局で、本の販売をすることになりました!(別に頼まれたわけじゃなく、ほとんど鎌万の強引)

RIMG0015.jpg

僕たちも退屈だよ~、ってことで……

RIMG0031.jpg

在住時代の友、なにわ姉弟も加わる。
おもな仕事分担は、年少のSちゃんが呼び込み係、金勘定が得意な鎌万がレジ係、
サービス精神満点なAKKYが袋入れってな感じで、チームワークもバッチリ。

RIMG0029.jpg

情報センター出版局といえば、「指さし会話帳シリーズ」でおなじみ。
会場にはシリーズのイメージキャラクター(なのかな?)の指さしくんも
応援に駆けつけました。この指さしくん、会場ではかなりの人気者。

RIMG0025.jpg

でも、中に入っているのは、こんなお兄さん。
鎌万も「やりたい!」というので、とりあえず指をかぶってみましたが、
足しか出ない。これでは窒息する恐れがあるので、断念しました。

「終了時間まで働きたーい!」と、労働に燃え燃えの鎌万でしたが、親の方はもうクタクタ。「早く家に帰らせてくれー!」と半ば強引に鎌万を連れて帰りました。

というわけで、最後まではできなかったのですが、帰り道での鎌万のひとこと。

「お母さん、働くって楽しいね! 俺、来年は2日間、朝から晩までやるから」と、情報センター出版局の許可もなく、来年の決意を固める鎌万。

RIMG0034.jpg

ま、これだけご褒美をもらえれば、やる気になるか……。
っていうか、もらい過ぎじゃない???

情報センター出版局のみなさま、よい社会勉強の機会を与えてくださり、
ありがとうございました~!
予定が狂う
今日は午後から取材が入っていたのに、肝心の取材対象者が体調不良のため、
取材もお流れに……(涙)。

さぁーて、それなら横浜に買い物でも行くか!、と思った矢先に、
学校の連絡網が回って来て、鎌万のクラスがインフルエンザで学級閉鎖に!
とりあえず、18日まで自宅学習なのだが、その後シルバーウィークなので、
トータルで10日も休みになってしまったよ~!

でも、鎌万はなんだか嬉しそう。
長~い夏休みがやっと終わったと思ったら、2週間で秋休みだもんね。

でも、それは自分がすこぶる元気だから。
自分だけはかからない、という根拠のない自信をもっているところは、
母親譲りだな(笑)。

しかし、現実は困った。
だって、私、今週は連日取材なんだもーん。

ん? でも、佐助はなんだかヒマそう。
冷蔵庫を開けて、鎌万の昼ごはんの心配なんかしちゃっているし、
鎌万とこっそり富士宮に焼きそばを食べに行く予定も立てているし……。

ということで、我が家は大丈夫そうです!

う~ん、でも、今日はなんか予定が狂いっぱなし!(><)
近くて遠い静岡
今日は日帰りで静岡へ取材。
鎌倉から静岡ってとっても微妙な距離&位置なんですよね~。

まず、新幹線を新横浜から乗るべきか、小田原から乗るべきか悩む。
どちらも乗り換えが必要で、微妙に遠いし……。

でも、新幹線に乗ったら、静岡はあっという間。
駅弁をゆっくり食べている時間もナシ!

結局、鎌倉から静岡は2時間弱(新横浜発)。
取材は約1時間。

せっかく静岡まで来たのに、静岡らしいことをしてないね~

090911_1449~0002

ってことで、安倍川餅&抹茶でティーブレイク。


そして、おみやげは……

090911_1915~0001

もちろん、夜のお菓子(←本当は浜松みやげ)


ホッタラケ
今日は鎌万が4時間授業の日。
習い事もなく、めずらしくフリーというので(親よりも忙しい小学生!)、
家族3人で初めて映画に行きました。平日の夕方に家族で映画……なんて、
普通の家庭じゃできませんよね~(単に親がヒマなだけ?)

で、観たのが「ホッタラケの島」。
はじめはCGの動きがどうも苦手で(なんか酔いそうになる)、
あ~2時間も観てられるかな~って感じだったのですが、
途中からどんどんおもしろくなって、最後は不覚にも泣いてしまった……。
ふと、隣を見ると、鎌万の目にも涙が……。
そこで、ハンカチを渡してあげると、「泣いてないって!」と怒る鎌万。
嘘つけ、泣いてたじゃん……

IMG_4108.jpg

今は誰よりも大好きなひこにゃんも、いつかはホッタラケにされちゃうのかな?

どうでもいいことにこだわる人たち
今、仕事で、いろいろな国の料理店を紹介するムック本の制作をしています。
取材条件としては、外国人オーナー、または外国人コックがいる店で、スタッフの顔写真を掲載してもOKであること。

今回、私はほかの仕事とバッティングしていたので、ベトナム料理店を2軒しか取材しなかったのですが、ほかのライターさんはいろいろな国の店を回ったらしい。

で、今、ようやく、店校正の段階に来ているのですが、私が取材した1軒のお店が「アオザイ美人」という書き方を「アオザイの似合う」に変えて欲しいとのこと。

でも、そこは文章のノリのようなもので、あまりこだわる部分じゃないんだけどなぁ~と、「いやいや、そこはこのままでお願いします!」と強引に抑えたものの、翌日、また電話がかかってきて、「やっぱり私、美人じゃないのでアオザイ美人じゃないんです」と訂正を求める電話が。

でも、その時点でもう編集部には校正を戻してしまったので、「そんなことないですよ、ホントにきれいですもの」と褒め(というか本当にキレイだし)、ようやく納得をしてもらいました。

まったく、もう~、ベトナム人は自分の容姿にこだわるんだから~と思っていたら、どうやら他のお国の方もご注文が多いようで……。

ロシア料理を取材したライターさんによると、店の女性スタッフを3人まとめて撮った写真が、ひとりがどうも気に入らないらしく、ほかの写真にして欲しいとのこと。すると、今度は別のひとりがその写真を気に入らないらしく、結局、撮った写真を全部見せろ!ってことになったらしい。あ~、めんどくさいなぁ~!

ほかの国でも、口元がでかいだの、目がかわいくないだの……。自分の顔写真にこだわる方々が……。

あ~、もうそんなことはどうでもいいから、店のデータや料理の値段が間違っていないか、読者の立場になってちゃんと確認してくださいよ~!

一筋縄ではいかない異国の取材なのでした……。
お宝
今日、鎌万がおじいちゃんの家から古びた地球儀を持って帰ってきた。
たぶん、佐助が子どもの頃に使っていたものと思われ(本人、現在メキシコ)、
後でおじいちゃんに電話をして聞いてみると、佐助が小学校に入学するときに親戚からもらったものらしい。

ということは、40年前のもの。
……ってことは、はい、ホーチミンはサイゴンになってました!(ちなみにヤンゴンはラングーンです)

090902_2118~0002

それにしても、この地球儀。字がちっちゃすぎ! 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。