FC2ブログ
越南小町のニッポン☆リハビリ中
3年に及ぶベトナム「勝手に駐妻」生活を終えて、日本の生活が再スタートした越南家。働きモノの日本人と驚くべき物価の高さについていけずTroi Oiの日々。ただいま、普通のニッポン人に戻るためリハビリ中。
ICレコーダーが教えてくれること
年明けから仕事は順調。
佐助という協力(強力?)パートナーが戻って来てくれたおかげで、私はのびのびと仕事ができる。ありがたや。

さて、今週は育児雑誌の仕事で、精神科医やカウンセラーの取材が続いた。
内容がシリアスなだけに、取材もいつもより慎重。普段、店取材やお宅訪問的な取材ではICレコーダーを使わない私だが、取材相手が先生となると使わざる得ない。

でも、私。このICレコーダーに録音するのがあまり好きではない。
何がイヤかって、そりゃあ、自分の声を聞くのが死ぬほどイヤだ。

それにしても……、なんて低音。おかまみたい。

でも、声というものはそう簡単には変えられないから、あきらめるしかない。

ほかにも気になる点が多々ある。
相づち打ちすぎ~! 笑いすぎ~!
聞き手なんだから、もっと静かにしろって感じ。

話がおもしろくなると、ライターであることを完全に忘れちゃって、「へぇ~」とか「ほ~」とか、すっかり一読者になっている。

質問の仕方もいまひとつだな。
せっかくここまで話が膨らんだのなら、さらに突っ込んで聞けばいいものを……と後になって後悔する。
かと思ったら、先生が話している途中で、余計な質問をしてしまったり……。

あ~、こうやって聞き返すと、反省したい点がいっぱい。
自己嫌悪に陥っちゃうから、やっぱりICレコーダーって嫌い、です。

スポンサーサイト