越南小町のニッポン☆リハビリ中
3年に及ぶベトナム「勝手に駐妻」生活を終えて、日本の生活が再スタートした越南家。働きモノの日本人と驚くべき物価の高さについていけずTroi Oiの日々。ただいま、普通のニッポン人に戻るためリハビリ中。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
秋の推薦図書
『読書の秋』です。
先日、ムスコが学校から持ち帰ったプリントには、まるで秋のスローガンのようにそう書かれていました。でも、いまだ足が満足に使えない私には、季節が何であろうと読書をしてヒマをつぶすしかありません。

ママさんバレーで捻挫をしてから早10日…。これといった明るい見通しもなく、ダラダラとした日々が続いています。日ごろは仕事にも遊びにも貪欲な私ですが、さすがに自分の足で動けないとなると、弱気になります。そして、普段はぜーったいに考えもしない「老後」のことなんかを考えちゃったりして、ますます気分は落ち込むばかり↓

そんなとき、佐助に薦められた本がコレ。
ロングスティのノウハウ本?はたまたアジアでオンナ漁りをするジジイの話?と思いながら読んでみると、これが結構いい。おしまいには、ちょっと泣きそうになるくらい切ないストーリーでした。

しかし、また何で佐助はこんな本を手に取った?
それも、普段はブックオフの古本しか買わないのに、新書。

こっちが捻挫で動けない間、甲斐甲斐しく介護をしてくれているかと思いきや、アタシが死んだ後の老後を考えてないか??? と一瞬疑いましたが……、
ムリムリ、お金がなければアジアで第2の人生は謳歌できないのだよぉ~。

何はともあれこの本は、アジアで暮らす熟年日本人男性たちの生きざまがリアルに描かれており、考えさせられるものがあります。そして、バックパッカーの旅をしていた時代に、バンコクやカンボジアで見かけたオヤジたちは、今頃どうしているのかな……と、ふと思い出しました。


IMG_3445.jpg

老いて男はアジアをめざす
~熟年日本人男性 タイ・カンボジア移住事情~
瀬川正仁・著 バジリコ株式会社 1800円+税





スポンサーサイト
開き直って
先週土曜日は授業参観日。さすがに3階の教室までたどり着く自信がなくて断念しました。

で、月曜日はその振り替えで学校がお休み。ここ最近、週末といえば野球やらバレーで、家族で出かける機会がなかった越南家。病院の先生には「安静に!」と言われていたけれど、このチャンスは逃したくない。

ということで、開き直って沼津へドライブ。旨い魚でも食べに行きましょう~♪

IMG_3407.jpg

今日は特別、助手席に昇格。車の中は、鎌万の選曲でサザン、クレイジーケンバンド、一青窈。

IMG_3410.jpg

沼津港で寿司を堪能した後は、戸田へ。
なんでわざわざ私が歩けない場所へ行くのよぉ~!

IMG_3418.jpg

土手でふて寝。青空が気持ちいい~!

IMG_3423.jpg

私の足上げ用に持ってきたベト椅子が、キャッチャー用になっているし……

IMG_3435.jpg

こっちが動けないのをいいことに、寝ている私を撮りまくっているし……

IMG_3438.jpg

秋の空。

IMG_3444.jpg

「お母さんに猫じゃらし取ってきたよ!」、なんて言ってくれる小学3年男児は、まだかわいいなぁ~。

車に乗って、旨いものを食べて、ひたすら昼寝をした一日。
ケガをするってのも、悪くないねぇ~。
スポーツはやるのが楽しい
足を負傷して4日目。

ケガをした当日は、抱えていた仕事のこと、もうすぐやって来る「やまゆり大会」のことなどを考えると、気持ちが凹む一方でしたが、その翌日にはすべてなんとかなりそうと分かり、急に気持ちがだらけてしまった私。

終いには、今まで働き通しだったし、練習もきつかったし、「このケガはきっと神様からの贈り物なんだ。ゆっくり休んでいいってことなんだ」と思いこみ、妊婦のように寝まくっていました。

でも、そんな生活も3日で飽きた。

外に出たい。

ということで、今日は鎌万の野球の試合の応援へ。グランドまでは車で移動だし、座って応援もできるので、特に問題はなかったのですが、秋のグランドは予想外に寒く、ホットドリンクを飲んでしまったのが過ち。試合の途中でトイレに行きたくなり、立ち上がったはいいが、そのトイレの遠いこと(><)。松葉杖で猛ダッシュをし、なんとかトイレに駆け込むことができましたが、危機一髪でした。やれやれ。

さて、試合の方は……11対1のボロ負け(><)
それでも、試合に出られるだけで羨ましいと思ってしまう私。やっぱりスポーツは観るよりも、やるのが楽しいんだよなぁ~。あぁ、早くケガを治して、試合に出たいよぉー(T T)
やってしまった……
がーん、やってしまいました。
昨晩、バレーの練習試合で思わぬアクシデント!
重度な捻挫で、3週間の松葉杖生活を余儀なくされました……。

チームにとっては、大事な試合前。
この大会に向けて、今までたくさんの練習をしてきたというのに、あぁ~、申し訳ない! でも、チームにはほかにも心強いメンバーがいるので、きっと大丈夫。

それよりも、ケガをして真っ先にイタイ!と思ったのは、仕事。
特にこの時期は忙しく、今月はめいいっぱい取材の予定を入れていたので、今日は朝から謝りの電話。ケガの理由が「ママさんバレー」というと、みんなに大笑いされました。

それにしても、今回のケガで一番ショックだったのは、来週からスタートする予定だった新規のお仕事を断念せざる得なかったこと。気合いが入っていただけに残念……。でも、代わりに我がライターの友Tinaさんにバトンタッチできたので、まずはひと安心。Tinaさん、ありがとうございますm(_ _)m

そして、あぁ~、私、失業するかも……、と凹んでいたとき、3週間の松葉杖生活にぴったりなリライトのお仕事が舞い込み、胸をなで下ろしている小町です。

で、今日はたくさんの友人から、「ごはん作ってあげようか?」とか「買い物に行ってあげようか?」などの温かいお言葉をいただいたのですが、我が家では日ごろから佐助がやってくれているので、正直、家庭においての不都合はなかったり…(笑)。

それよりも、築60年の民家は、やたらと無意味な段差があり、トイレに行くだけでも一苦労(><)。やはり、イタイ目にあってみないと、健康のありがたみって分からないもんですね。やれやれ。


こんな記事になりました、パート2
REAL SIMPLEで紹介されている男と女と、その暮らしの続きがアップされました。

さて、みなさんには我々夫婦はどのように映ったのでしょうか?

就活の秋
先週は日曜日から金曜日まで連日取材でした。

日曜日の学習塾経営者セミナーの取材にはじまって、月曜日はバス会社、火曜日はアパレル、水曜日は製造業、木曜日はバイク専門店、金曜日は自動車販売店と物流会社を取材。日曜日の取材は学習塾の専門誌の仕事でしたが、月曜~金曜日までは某就活サイトの仕事でした。そう、秋といえば、大学3年生は就活がスタートする季節なのですね。

私の場合、出版&印刷、旅行業に絞って企業まわりをしていましたが、女子大生就職氷河期だったこともあり、どこか投げやりで中途半端だった就活。でも、今こうやっていろいろな企業を回ってみると、実に新鮮で、おもしろいのです。そして、15年前にもっといろいろな企業を回っておけばよかったな、とちょっぴり後悔しています。

それにしても、年々、スタートが早まる就活。大学3年の秋といえば、勉強もそっちのけで、神田のスキーショップでバリバリ働いていた私。しかも、稼いだお金はすべて、春休みにヨーロッパ旅行で使い果たしてしまいました。就活(というか、当時はウェブではなく資料集め)をはじめたのは、確かGW開けだったと記憶してます……。

こんな記事になりました、パート1
先週、夫婦で取材を受けた記事がアップされました。
REAL SIMPLE 男と女と、その暮らしにて、佐助&小町の出会いのエピソードなどが、暴露(?)されています。

続きは10月15日にアップされるそうです。
おくりびと
ひさびさのOFF。水曜日はレディースデーなので映画館へ。すると、あいにくの雨にもかかわらず、やたらと人が多い。レディースデーなのに、男性も多いし……、と思ったら毎月1日は「映画の日」でもあったのね。ということで、老若男女みんな1000円。

今日観た映画は「おくりびと」。
とても素敵な映画でした。久石壌の音楽もよかった……。
いろいろなシーンで泣いたけど、個人的に号泣したのは、いろいろなお葬式の中で、ちらりと野球少年の遺影が映し出されたところ。ほんとにちらっとだったから、気づかない人も多かったと思う。

私はこれまでお葬式には何度か出ているけれど、納棺の儀式というのは見たことがない。あらためて、人は人の手によって生まれ、人の手によって送り出されるのだなぁ……と。でも、最後にあんなに綺麗にしてもらえるのなら、死んだ顔を佐助に撮ってもらうのも悪くない。あ、でもやっぱり佐助よりは長生きしたいな。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。