越南小町のニッポン☆リハビリ中
3年に及ぶベトナム「勝手に駐妻」生活を終えて、日本の生活が再スタートした越南家。働きモノの日本人と驚くべき物価の高さについていけずTroi Oiの日々。ただいま、普通のニッポン人に戻るためリハビリ中。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
夏合宿 in 御殿場
今年もやって来ました! レッドサンの夏合宿。2008年夏は、近場の御殿場へ。子どもたちは汗と泥と涙の日々でした。そして、今回も母は働いてきましたよ(ほとんどさぼっていたけどね)。

IMG_3103.jpg

8月14日
朝6:30、雪ノ下教会に集合。眠い目をこすり、子どもたちもまだローテンション

IMG_3107.jpg

でも、バスに乗ったらこんなに元気。この時点で、早くも引率に来なきゃよかったと後悔……

IMG_3109.jpg

御殿場に到着! このチームにはもったいないほど立派な球場でした

IMG_3116.jpg

初日からいきなりハードな盗塁練習! あぁ~、白いTシャツがー!!(><)

IMG_3119.jpg

こんなに汚れてしまいました……(誰が洗うの……?)

IMG_3125.jpg

みーんなどろんこ

IMG_3133.jpg

8月15日
翌日はこれまたハードな地獄のノック。高学年は20分間、低学年は10分間の個人ノックを。はじめは余裕で球を拾っていた鎌万も、後半は足が動かず、バテバテ。監督に怒られながらも、泣きながらくらいつきました。(中学時代のバレーの合宿を思い出します)

IMG_3134.jpg

終わった後は、放心状態

IMG_3137.jpg

日帰りでやって来た父兄からスイカの差し入れ

IMG_3140.jpg

みんなおいしそうに食べています

IMG_3156.jpg

1日練習終了。おつかれさまでした

IMG_3157_20080820155952.jpg

宿に帰って、みんなで夕食

IMG_3159.jpg

高学年はこの後、ナイター練習も。ナイター照明の中で練習をすると、えらく強いチームに見えます(錯覚?)

IMG_3173.jpg

8月16日
合宿3日目は、地元のチームと練習試合。なんと、静岡県で一番強いチームだったのです!

IMG_3186.jpg

6年生チームは29対0という恐ろしい負け方をしましたが、鎌万らBチームは14対9でまずまずの試合でした

IMG_3188.jpg

その日は、両チームの選手&父母全員に差し入れをするため、120個のアイスを買いに。それだけの量のアイスを買うのも大変だったのに、スプーンをもらい忘れたことをグランドに戻ってから気づき(なぜかカップアイスにしてしまった…)、慌てて調達するハプニングも!! やれやれ、母は疲れたよ……

IMG_3190.jpg

3日目の晩はすき焼きパーティー。子どもたちが初めて作るすき焼き、なんか焦げ臭いんですけどぉ……

IMG_3204.jpg

小学5年生でもこんなかわいいパジャマを着て寝るのね。やっぱ、男の子はかわいいなぁ~

IMG_3228.jpg

食事の後、選手は一人ずつ合宿の感想と今後の目標を発表しました

IMG_3249.jpg

昨年の合宿に続き、いつものメンバー。みなさん、おつかれさまでした!

IMG_3252.jpg

20人部屋に26人が雑魚寝。きれいに並んでメザシのよう

IMG_3255.jpg

お父さんとお母さんは、これからがお楽しみ☆

IMG_3261.jpg

飲まなきゃやってられん!

IMG_3268.jpg

8月17日、最終日
お部屋をきれいに片付けましょう~!

IMG_3269.jpg

家ではやったこともないのにね

IMG_3273.jpg

最終日ともなると、さすがに疲労感……

IMG_3276.jpg

マオちゃんはまだまだ元気!

IMG_3279.jpg

ムリやりテンションを上げる大阪人

IMG_3289.jpg

午前の練習で、合宿練習は終了!

IMG_3295.jpg

練習後は、頑張った子どもたちに賞を。そのなかに「ハッスル賞」というものがあったのですが、当の本人「ハッスルって何?」。ハッスルは今や死語なのですね

IMG_3297.jpg

最後は、なぜかかけ声で拳上げ。
その後、帰り道で箱根の温泉に浸かって、きれいさっぱりした体で鎌倉に戻りました。

毎年、楽しいんだけど、どっと疲れる合宿の引率。
この疲労感、海で遊んで日焼けをした時と似ている。
スポンサーサイト
ただでさえ暑いのに……
ベトナム&カンボジア旅行から戻って早1週間。ニッポンの友だちには「なんでまたそんな暑い国に行ってきたの?」と不思議がられるけれど、はっきり言ってニッポンの方が暑い、と思う。しかも、ベトナムだったら、“暑かったら昼寝”ですむけれど、ニッポン人は暑くても働かなきゃいけないもんね。

IMG_3090.jpg

大人だけでなく、子どもたちも大変そうだ。今日は野球の練習試合。キャッチャーの鎌万はただでさえ暑いのに、キャッチャー道具を身に付けなくてはならない。こんな暑苦しい格好をして、ずーっとしゃがんでいなきゃいけないなんて私にはぜぇーったいムリ!

IMG_3092.jpg

今日はその後、逗子へお墓参り。お地蔵さま、かわいいんだけど、暑そうよ。

日本にいてもベトナム
このたび日本初(発でもある)のベトナムフリーペーパーが完成! 佐助&小町のコンビで制作に携わりました。果たしてどれだけの効果がでるのかな?

IMG_3084.jpg

IMG_3087.jpg

創刊号は我らが愛するベトめしを特集。今やベトめし普及で大活躍のkitchenのますみちゃん、An Comの忍さん、Nam Boのあゆちゃんに、ベトナム北部・中部・南部のそれぞれの料理の特徴と魅力を語ってもらいました。

来るぞ! ベトめしの風。



2008夏☆ベトナム
昨日、2週間におよぶベトナム&カンボジア(+八日市場)の旅から戻って参りました。それにしても……ニッポンの夏の暑いこと! なのに我が家のエアコンが故障中~!(><) ベトナムなら停電であきらめがつくけれど、ここはニッポンなのよぉ~!(8日に電気屋さんが修理に来るっていうけど、あと2日耐えなければならないなんて……)

そんなわけで、扇風機の熱風にあたりながら、旅の思い出を綴ります。

IMG_2656.jpg

7月23日
小町&鎌万、ベトナムへ。今回も佐助とは現地集合&現地解散。思えば、初めて鎌万をベトナムに連れて行った時(1歳)も、こんな状況だったなぁ。あの頃は、成田へ行くまでの間でさえも地獄に思えたけれど、8歳ともなれば自分の荷物は持つし、楽ちんですな♪

3時過ぎ、サイゴンに到着し、常宿BI SAIGONへ。晩はサイゴンの友Litiと女子カメにしやん、フーンライの白井さんご夫妻と「タンニエン」へ。

IMG_2658.jpg

7月24日。
翌朝は早速、フーティウを食べに行きました。あ~、日本にいる間、これがずっと食べたかったのよ(日本ではなんでフォーが人気なのかがわからんよ。アタシは絶対、フーティウ派!)

IMG_2660.jpg

でも、鎌万はフォーが大好物。鎌万のリクエストで昼はPho24へ。それにしても、ベトナムの物価高にはびっくり! Pho24のフォーも2万4000ドンから3万5000ドンに値上げしちゃって、店名の24の意味なし。

IMG_2661.jpg

ベトナムでも野球狂。でも、今年はタマイコ監督がいないから、上達の見込みなし。

IMG_2664.jpg

ということで、仕方なく佐助がお相手。ベトナムでは野球はまだ珍しいので、注目されていました。

IMG_2670.jpg

夕方、懐かしい我が家を見にレタントンへ。同じ界隈に住む29屋に頼まれたブツを届けてから、大家さんの家へ。ちょうど長女ジアンが里帰り中で、ムスコのミンコイと初対面(昨年会ったときは妊娠中だった)!

その後、晩はスケッチ編集部メンバーと焼き鳥屋へ。鎌万の「サプリ」攻撃に付き合ってくれてありがとうm(- -)m

IMG_2671.jpg

7月25日。
幼なじみのナルと一緒にクチトンネルへ。3年前までは毎日のように遊んでいたのに、昨年あたりから男子女子を意識しはじめ……。でも、次第に慣れてきて……なんかいい感じ。

IMG_2673.jpg

クチトンネルは今回で3回目。以前、取材したことのある歴史学者の言葉を借りると、「歴史は暗記ではなく、現地へ訪れて学ぶものだ(←なんか踊る大捜査線のパクリ?)」。ということで、今回は「戦争について考える」を目的に鎌万を連れて行ってみました。

IMG_2675.jpg

でも、子どもたちはトンネルに入るのが楽しくて、あまり効果はなし(?)

IMG_2679.jpg

晩はナルのママゆきちゃんの手料理。ローカル組わっしー&お初親子も集合です!

IMG_2687.jpg

子どもたちも楽しそう。みんな大きくなったね(というか、ふきちゃん背が伸びすぎぃ~!来年は多分、小町は抜かされているでしょう…><)

IMG_2690.jpg

日本では夏に鍋なんて絶対食べないのに、どうしてベトナムで食べる鍋はこんなにおいしいんだろう……。ゆきちゃん、ごちそうさまでした!

IMG_2692.jpg

7月26日。
今日から3泊4日でカンボジアへ。カンボジアは仕事を兼ねてなので、高級ホテル&ガイドさん付き。
タンソンニャットが国際空港っぽくなっていてビックリ。13年前は牧場みたいな空港だったのにね。

IMG_2695.jpg

おんなじ頭。

IMG_2696.jpg

あらま、顔もおんなじ。

IMG_2699.jpg

シェムリアップに到着。今回のお宿は高級リゾートホテル「ビクトリア」でございます!

IMG_2698.jpg

でも、タダなのは宿代のみ。BI SAIGONなら気軽に出せるランドリーも、高級ホテルならこのありさま(><)。

IMG_2704.jpg

だけど嬉しい高級リゾート! 泳ぎたくもないのに、プール付きということでプールに浸かってしまいます。

IMG_2714.jpg

ホテルの食事は高いので、もちろん街へ。

IMG_2719.jpg

鍋で仕切りたがるのは、父親譲りか?

IMG_2722.jpg

13年前に新婚旅行で訪れたシェムリアップ。あの頃はなーんにもない街だったのにね。停電したタケオゲストハウスで、バックパッカーたちと食べた夕食が懐かしくもあり。

IMG_2731.jpg

7月27日。
今日からお仕事開始。といっても今回のお仕事は、インドシナ半島を専門に取り扱っている旅行会社ピース・イン・ツアーの旅行パンフレットの写真と体験を書くというもの。まずは、社長さんおすすめの「カンボジア人の家を訪ね、家庭料理をいただく」というツアーを体験。
こちらは道中で食べたクロン・ラーンという竹筒に入った餅米です。

IMG_2736.jpg

目的地に到着。高床式の素朴な住まい。実はココ、ガイドのサロンさんの実家なのです。そして、その家の周りにはサロンさんの一族がたくさん暮らしています。

IMG_2741.jpg

まずはココナッツジュースでお出迎え。

IMG_2746.jpg

仕事の手伝いをしているのか、邪魔をしているのか……。なんとなく「うるるん」っぽいシチュエーション。

IMG_2749.jpg

でも、テレビのような作り物ではなく、ほのぼのとしていていい感じです。

IMG_2752.jpg

鎌万は終始リラックス。

IMG_2760.jpg

お昼ごはんができました。はじめて食べるカンボジアの家庭料理。なかなかおいしい!

IMG_2764.jpg

最後は一家で記念写真。この体験は9月下旬完成予定のピース・イン・ツアーのパンフレットをご覧くださいませ。

IMG_2768.jpg

午後はジャングルにひっそりと佇むベンメリア遺跡へ。まるでラピュタに出てきそうな雰囲気。観光客でごった返すアンコールワットよりもおすすめです。

IMG_2769.jpg

カンボジアガイドのシーちゃんが教えてくれた「怒ったアンパンマン」。

IMG_2771.jpg

手つかずの遺跡(というか倒壊寸前?)なので、危険です。マネはしないように!

IMG_2774.jpg

クローマーがお気に入り。

IMG_2779.jpg

鎌万、クロン・ラーンにもハマる。本日、すでに3本目!

IMG_2783.jpg

晩はアプラサダンスのディナーショーへ。シーちゃん曰く、鎌万のおしりはアプサラ向きだそうで。

IMG_2789.jpg

7月28日。
早朝4時起床。アンコールワットの朝日を拝みに出かけるものの、曇り空で朝日は見えず……。しっかし、朝からすごい人。13年前は人もまばらだったのに(しかもスッバラシイ~朝日が見れたのに……)

IMG_2790.jpg

そんなわけで、いまひとつなアンコールワット。でも、鎌万は夏休みの工作で、アンコールワットの貯金箱を作るそうで……、果たしてどんなものが完成するのやら?

IMG_2796.jpg

急な階段が恐怖だった第3回廊は現在は立ち入り禁止に。

IMG_2797.jpg

唯一の家族写真(シーちゃん撮影)。

IMG_2805.jpg

一度、ホテルに戻り(せっかくの高級ホテルなんだから、ホテルライフを満喫したい!)、午後から再び、遺跡巡りへ。
なぜか突然、鎌万が撮影意欲に燃え、遺跡を撮りまくっていました(およそ100カット。あ~、デジカメでよかった)

IMG_2858.jpg

暑さにバテバテ。ホテルに帰りたいよぉー!

IMG_2886.jpg

「足が切れているぞ!」と師匠からご忠告。カメラマンの道は遠し……

IMG_2912.jpg

夕方はトンレサップ湖の水上生活を見にクルージング。

IMG_2918.jpg

なんか人の生活を覗いているようで複雑な気分。でも、当の住人たちはそれが日常なのか、気軽に手を振ってくれます。

IMG_2936.jpg

川の上には、学校や教会、雑貨屋さん、ビリヤード場まであります。雨季になり、川の水量が増すとお引っ越しするとか。

IMG_2944.jpg

あ、川岸でバレーボールやってる! やりてぇ~!

IMG_2951.jpg

7月29日。
高級ホテルのブレックファーストも今日までよ。

IMG_2953.jpg

カンボジアでのお仕事も無事に終わり、再びサイゴンへ。さよなら、ビクトリア。名残惜しい。

IMG_2955.jpg

そして、サイゴンはスコール。

IMG_3001.jpg

7月30日
サイゴンに1泊した後、今日から2泊3日でダラットへ。長距離バスで8時間かけて求めたものとは……そう、イチゴのシントーでした。

IMG_3014.jpg

そして、ダラットといえばこれでしょう。あったか豆乳~!

IMG_3051.jpg

いやいやそれだけではありませんよ! ダラットに別荘をお持ちの石原さん夫妻に会いに来たのです(というか勝手に来て、泊めてもらったんだけどね)。

IMG_3017.jpg

石原さんの別荘に泊めていただくのは、今回で3回目。緑に囲まれたとても素敵な別荘です。そして、奥さんのイエンさんの作るごはんがおいしいんだぁ~! (いつもお世話になってますm(- -)m )

IMG_3027.jpg

7月31日。
今日はバイクを借りて移動。古いビラをリノベーションした高級ホテルを見学させてもらいました。

IMG_3026.jpg

中はこんな感じ。次はどこかの雑誌にダラットを売り込もうかしら。仕事でもいいから、泊まってみたいよぉ~!

IMG_3029.jpg

ベトナムでもようやくヘルメットの着用が義務化されました。3人乗りだと、頭がぶつかって、結構きついです。

IMG_3033.jpg

「あれに乗りたーい!」という鎌万の強い希望で、仕方なく……

IMG_3036.jpg

でも、はっきりいってこの白鳥(?)不細工! 顔のぼつぼつが気持ち悪い。

IMG_3035.jpg

作りもえらくチープだし……いつ沈んでもおかしくない感じ。

IMG_3039.jpg

ボートの次は凧揚げしたい!……とか言うし……

IMG_3042.jpg

でも、こちらは佐助にバトンタッチ。

IMG_3056.jpg

8月1日。
そして再び、8時間かけてサイゴンへ。
バスを降りると、そこは川でした。

IMG_3061.jpg

洪水マニアの佐助は、8時間の移動の疲れも忘れ、撮影に夢中!

IMG_3065.jpg

でも、お店の人は浸水しないように必死なんですけどぉ……。

それにしても、すごい雨。
在越中でも、ここまですごい雨はなかったなぁ。そんな中、晩は大家さんの家で佐助の誕生日パーティーが! チャンおじさん曰く、「誕生日に雨が降ると、お金がじゃんじゃん落ちてくる」そうで……。
何はともあれ、佐助どん、45歳のお誕生日おめでとう!

8月2日。
翌日、佐助はひとりハノイへ。
今晩、帰国する母と子は、旅のラストスパート。まずはおみやげを買いに走り、その後、3時にタナカッチとお茶、4時にlitiとお茶、そして6時に浪速ちゃん親子とごはん。タレント並みのスケジュールで、サイゴンを存分に楽しみました。やれやれ、くたびれたぁ~。

IMG_3072.jpg

8月3日~5日。
でも、旅はここで終わりじゃないんだなぁ。早朝着の成田空港から、その足で小町母の実家、はなこおばぁちゃんが暮らす八日市場へ。実家の両親と姉、甥っ子たちも合流し、今年もヤンキー祭りを見物し、お墓参りにも行って来ました。

IMG_3073.jpg

そんなこんなの2週間。感想は正直「疲れたぁ~!」
そして、今日から仕事。ツライです。でも、2週間遊んでいても、帰って来たらお仕事をくれる編集者さんたちに感謝。そして、野球の連絡網やら、バレーの連絡網のメールがやって来て、一気に現実に戻るのでした。

そして、2008年夏の前半は終了。でも、来週には野球の合宿もあり、まだまだ夏のイベントは続きます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。