FC2ブログ
越南小町のニッポン☆リハビリ中
3年に及ぶベトナム「勝手に駐妻」生活を終えて、日本の生活が再スタートした越南家。働きモノの日本人と驚くべき物価の高さについていけずTroi Oiの日々。ただいま、普通のニッポン人に戻るためリハビリ中。
13年後の就活
近ごろ、企業取材が続いています。
というのは、2009年卒学生向けの「就活ナビ」のお仕事。
2009年ですよっ! そう、今の時代は大学3年の秋から就活はスタートするのです。

さて、私の場合。
かれこれ13年も前の話になりますが、女子大生にとっては「就職氷河期」の真っ最中でした。でも、私自身は、たいした大学に通っていなかったので、はなから大企業を目指してませんでしたし、都内在住だったので、地方出身の友人のように「何がなんでも東京で就職しなきゃ!」というガッツもありませんでした。

ですから、大学3年はバイト三昧。その稼いだお金で、春休みはヨーロッパを2ヶ月間、ひとり旅していました。そして、4月半ばに日本に帰ってきて、まわりが就活にピリピリしているのを見て、ようやく「ん? 出遅れた?」と気づいた始末。それだって、早くから就活を始めた人でも、2月頃からのスタートだったのでは?

また、当時と今との大きな違いは、就活にWEBが常識になっていることです。13年前といえば、辞書のように分厚い就活本を活用していましたからね。セミナーの申し込みもハガキか電話だけでした。でも、今は申し込みボタンを押せばエントリーできてしまう。あぁ、なんて便利な世の中なんでしょう~!

そんなわけで、連日、企業取材が続いています。毎日、さまざまな会社を訪れ、人事の方のお話を聞いていると、ちょっとした就活気分が味わえて新鮮です。こうやって、いろいろな企業を訪れることができるのも、ライターという職業に就いたからこそ。印刷会社、新聞社と遠回りはしたけれど、結果的には夢が叶ったんだなぁとしみじみ。
スポンサーサイト