越南小町のニッポン☆リハビリ中
3年に及ぶベトナム「勝手に駐妻」生活を終えて、日本の生活が再スタートした越南家。働きモノの日本人と驚くべき物価の高さについていけずTroi Oiの日々。ただいま、普通のニッポン人に戻るためリハビリ中。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オーダーメイドの楽しみ
毎日新聞Web「世界の子育て」では、ベトナムのオーダーメイドについて寄稿しました。鎌万の小学校の入学式には、小町もベトナムで作ったスーツを着ます!

IMG_1253.jpg

スポンサーサイト
さよならサイゴン
とうとうこの日が来てしまいました。

IMG_1347.jpg

3年間、お世話になった大家さん夫婦とも今日でお別れ。停電だ、断水だ、ネズミだ、ゴキブリだ!と小さなハプニングがあるたびに、すっ飛んで来てくれたチャンおじさん、ベトナムの家庭料理、中秋節のコム・ルウなどなど、雑誌のお仕事で撮影が必要なたびにテキパキと作ってくれたフーンおばさん。この2人がいつもそばにいてくれたから、私たちはベトナムで楽しく暮らしてこれたんだと思う。

IMG_1355.jpg

最後の晩餐は、サイゴン在住の大先輩「シーラカンス」組とタンニエンで。サイゴン暮らしのイロハから人生の悩みまで、いろいろ教えてくれてアリガトウ。毎日のように会っていた人と、しばらく会えなくなることが、今の私にはまだちょっと想像がつきません…。

IMG_1357.jpg

空港のロビーにて。「ベトナムの思い出に」と鎌万にせがまれて、買ってしまったベトエアの模型(ベトエアの思い出っていいことないんですけどオ~)。
空港まで見送りに来てくれた「シーラカンス」組の3人と、Wasshy一家、どうもありがとう! 結構明るくバイバイできちゃったけど、Wasshyがくれた手紙を読んだら、ちょっぴり泣けました…。

IMG_1361.jpg

そして、日本へ。日本は思っていた以上に寒かった…。
今晩帰るのに…
今晩帰るのに、まだ遊んでいる小町です。そろそろマジメに荷造りをやらねば!

IMG_1342.jpg

Tu Xuongのシンガポールレストランにて、クラスメートのDarren&Eveとランチ
家族替え
フエ料理店「フースアン」にて。

IMG_1331.jpg

私たち、明日、日本に帰ります!

IMG_1332.jpg

僕らはベトナムに永住するよ!

IMG_1333.jpg

私の人生どうなるの‥???
保育所?
いよいよ明日の晩、ニッポンへ! 帰国前日というのに我が家は保育所状態。ホントに明日帰れるの???

IMG_1319.jpg

将来有望な美女たちと対等に遊べるのも今だけか? 今度、再会したときは、鎌万、相手にされなかったりして…。今のうちに、どっちかに手をうっておくべき?

IMG_1322.jpg

日本は少子化でもベトナムはベビーブーム?

IMG_1325.jpg

あまった段ボールで遊び始めるガキんちょたち。このあと、キャタピラ競争まで始まってしまい、家の中はスゴいことに…。だ~か~ら~、明日、帰るんだってば!!
いつになったらホントのお別れ?
先週、お別れ会をしてくれたWasshyとは、今日もお別れ会。「今日が最後だね」と言いつつ、浪花ちゃんとは2日連続会っているし、一体、いつになったらホントのお別れになるの? 

IMG_1304.jpg

サイゴンの街は小さいので、一日に何人もの知り合いに出くわす。「じゃあ、元気でね!」と帰国のお別れをした数時間後に、また街でバッタリなんて間の悪い出会いもしばしば…

IMG_1314.jpg

ヘアサロン「Le Mieux」にてシゲミ家、マユミ家、Wasshy家と送別会
本日も多忙
プチ卒園式の後は、ベト婚組の浪速ちゃん、Nguyenさん、chiちゃんと Sushi Barでランチ。ベトナムにもまれている方々だけあり、話が濃くてオモシロイ。でも、小町はベトナムのいいところだけ見て、去って行くよ~! 末永く、ベトナムと戦ってくだされ。
夜は卒業旅行中のサカモッチャンとベトめし。そのあと、日本から遊びにやって来た叔母に会いにレジェンドホテルへ。それにしても多忙な毎日。明日の午前中はゆっくり寝るぞ。

IMG_1300.jpg

以前、勤めていた編集部で、読者モデルをしてくれたサカモッチャン(当時、留学生)。ベトナム関連の会社に就職が決まり、今回は卒業旅行で来越。ガンバレ、社会人一年生!
一足先に卒園
今日は「ともだち幼稚園」登園最終日。3月の卒園式を待たずに日本へ帰国する鎌万のために、一足先にプチ卒園式をしていただいた。3年間通った「ともだち幼稚園」の思い出は数知れず。親子共々お世話になりました!

IMG_1279.jpg

一足先に卒園証書をもらう鎌万。いつもよりちょっと緊張気味?

IMG_1287.jpg

IMG_1288.jpg

卒園式に歌う「ドキドキドン一年生」と「記念樹」を披露。

~ドキドキドン一年生~
桜咲いたら一年生 ひとりで行けるかな?
隣に座る子いい子かな 友達になれるかな
誰でも最初は一年生(女の子) 一年生(男の子)
ドキドキするけどドンと行け!(ここでジャンプ)
ドキドキドン一年生 ドキドキドン一年生!

IMG_1294.jpg

3日前に園庭に植えた記念樹。卒園前に早くも枯れて来てしまい、大ピンチ!

IMG_1296.jpg

ぞう組のお友達とマキコ先生とロアン先生。4月から日本人学校へ通う子、インターに通う子、みんなバラバラになっちゃうけど、元気でね!
ラストスパート
帰国まであと5日。鎌万が幼稚園に行っている間が勝負って感じで、タレント並みのスケジュールをこなしております。午前中は29、昼は駐妻OngさんとNuocさんと花蝶でランチ、午後は原稿校正、夕方はオーダーメイド引き取り、夜はナカノッチ、リカコさん、LitiとCom Ngonへ。毎日おいしいものを食べているので、いつも以上にカラダが重い感じ。ヤバイぞ、小町! 帰国便の荷物の重さよりも自分の体重を心配しろ!

IMG_1265.jpg

佐助のカブはナカノッチへ? 只今、特訓中!
肉々しい日々
昨日の韓国焼き肉に続き、今日はヤギ焼き肉&ヤギ鍋で、肉々しい日々が続いている。さて、明日は何肉だ?

IMG_1259.jpg

90キロまでOK
帰国便のJALでは「帰任キャンペーン」を実施中で、通常一人20キロ分の荷物に、プラス大人20キロ、子供10キロ分の荷物が無料で運べる。さらに今だけキャンペーンで、5000円分のクーポン券か、10キロ分の荷物を無料にするか選べて、小町は迷わず荷物の重量を選んだ。というわけで、小町50キロ、鎌万40キロ、合計90キロ分の荷物を持って帰れることに。 CHOさん、リカコさん、スーさんに日本へ帰国する際にたくさん荷物を運んでいただいたおかげで、結局、荷物は送らずに済みそうだ。感謝、感謝!

IMG_1257.jpg

今現在、約60キロ。これならなんとかなりそう!
バレンタインデー
2月14日、バレンタインデー。ベトナムでも一応、それらしきイベントはあるけれど、こちらは男性が女性にプレゼントしていたりしている。ベト彼がいないので、そのへんの事情がどうも曖昧。でも今日、鎌万は生まれて初めて女の子(?)からバラをもらった。だけど鎌万がバラを持つと、どうも路上の売り子の子どもに見えてしまう…。

IMG_1255.jpg

和さび膳
今日のお昼は、先月、リカコさんが日本に帰った時にANAでもらったという30ドル分のクーポン券を利用させていただき、豪華に「和さび膳(10ドル)」といきました。このあと、てんぶら、そば、巨大茶碗蒸し(ホントに巨大)がやって来て、あまりの量の多さに珍しく完食できず…。でも、今頃になってぜんぶ食べておけばよかったとちょっぴり後悔。

IMG_1251.jpg

悔いのないように…
帰国まであと1週間。悔いのないよう、サイゴン生活を満喫したい。ここ数日、オーダーメイドにマッサージ、エステ、エビカニ…って完全に旅行者じゃんよー。でも、日本に帰ったらみーんな高いから、思う存分にできないもんね。悔いのないよう、明日もオーダーメイド&マッサージだ!

IMG_1246.jpg

果物撮影
佐助&忍コンビの「ベトめし本」の撮影。忍さんが日本にいる間も、果物や麺類、おかゆなどの撮影の宿題を課せられている佐助。本日は、タンロン、マンゴスチン、マン、サボチェ、ミルクアップルの撮影で、胃袋要員、兼、レフ板持ち係としてリカコさんも参加。

IMG_1245.jpg

不要物大処分会
本日、午後2時~6時、古本、古雑誌、日本食材、食器類など不要物大処分会を開催しました。サイゴン在住の友人20名くらいにお知らせしたのですが、結局、集まったのはいつものメンバー???

IMG_1221.jpg

店長Litiは店番があるため、特別に12時来宅許可

IMG_1225.jpg

2番手はタナカッチ

IMG_1229.jpg

朝10時にフライングでやってきたフーンライの白井さん。小町、寝起きであまりにひどい姿だったため、再度、午後に来てもらった。衣類は白井さんが支援している孤児院へ

IMG_1239.jpg

節約、節ちゃんは3ヶ月の赤ちゃんを連れてでも、やっぱりバスでやって来た

IMG_1233.jpg

スケッチ編集部にいた頃、読者モニターさんとしてお付き合いしていたHさんとは、いつのまにやらママ友に

IMG_1236.jpg

日本の活字に飢えているタンビン区組、Wasshy & Hさんは、本を物色する目も真剣

IMG_1238.jpg

浪速ちゃんも物色に没頭

IMG_1240.jpg

チビッコたちは2階で大騒ぎ
ちいさいなかま、連載最終号
「ちいさいなかま」との出会いは、生後8ヶ月から鎌万を預けた保育園で勧められたのがきっかけ。父母と保育士を結ぶ雑誌として、就学前の子どもを持つ共働き夫婦なら誰でも知っている育児雑誌で、私も通勤電車の中でよく読んでいた愛読誌だった。そんな思い入れのある雑誌で、1年間連載ができたことをとても嬉しく思っている。(ちいさいなかま「親子3人ベトナム移住」2005年4月号~2006年3月号まで、1年間連載)

IMG_1185.jpg

IMG_1187.jpg

IMG_1189.jpg


~最終号、本文最後より抜粋~
 ベトナムで過ごしたたくさんの思い出を抱えて、私たちはもうすぐ日本へ帰国する。スタート当初は長い修行に出かけたかのように思えた三年という期間も、振りかえればジェットコースターで一周したかのようなスピード感のある三年だった。しかも途中は怯えたり、喜んだり、悲鳴を上げたり…。そしておしまいは「ああ、楽しかったね。もう一回乗ってみようよ!」と夫と息子を誘いたくなるような、そんな気分なのだ。
お別れモード突入
帰国まであと10日。そろそろお別れモードになってきました。

IMG_1203.jpg

まずは愛車チャーリーとの別れ。行き先は駐妻スーさんのところ。場所が変わればチャーリーもちょっと高級バイクに見える???

IMG_1198.jpg

今日はお別れ会が2つ。昼の部はスーさん宅で、たこ焼きパーティー。関西人ノナカさんがテキパキと作ってくれました。

IMG_1201.jpg

お別れ会のハズが、なぜか誕生会の雰囲気になってしまい…。でも、ろうそくを消した後は「おめでとう!」ってわけにもいかず、ちょっとしんみり…。

IMG_1208.jpg

ぞう組友だち、スーさん親子とノナカさん親子。同じ小学校へ行けなくて残念だわ…

IMG_1213.jpg

夜の部はローカル組、Wasshy宅でお別れ会。ナムサイゴンからタンビン区へ大移動。

IMG_1218.jpg

越南家よりもはるかにディープなベトナム生活を送っているローカル組の、Wasshyファミリー、節ちゃんファミリー、浪速ちゃん親子。この人たちは永住でしょう…(笑)
ベトナム語クラスの同窓会
在住2年目に9ヶ月間通ったベトナム語クラスの仲間たちとひさしぶりに再会した。スタート当初は10人くらいいたが、ひとり二人と帰国していき、途中でクラス自体がなくなってしまったが、とてもいいクラスだった。今、振り返ってみても、ベトナム生活の中で一番楽しい時期だったと思う。

IMG_1190.jpg

ベトナムでビジネスを始めるつもりでやって来たけれど、ある日、突然気が変わって、韓国へ帰ってしまったSung Kee(右)。と思ったら、数ヶ月後、韓国の会社の駐在員として再びベトナムに戻ってきた。
ちょっとホモっぽいけど、授業がおもしろいTruoc先生(左)。2週間前に結婚が決まったとかで、超ゴキゲンだった。

IMG_1191.jpg

シンガポール政府観光局のマネージャーとして、ベトナムに赴任しているシンガポール人のDarren(右)。超多忙にもかかわらず、未だにベトナム語を習い続けているクラス一の努力家。

IMG_1192.jpg

教え方がとても上手だったThuc先生。こんなに美しいのに未だ独身。

IMG_1193.jpg

当時は高校3年生だったChoiも、大学生になった。
ベトナムのニッポン女性
ベトナムで出会うニッポン女性は、個性的な人が多いと思う。そもそも駐妻でもなく、自らの意思でわざわざこの国にやって来るんだから、相当変わりモンだったりもする(自分も?)。でも、そういう人はきまってオモシロイ。ベトナムに暮らすニッポン女性について、いつか一冊の本にまとめてみたいな、と思っている。
「The Guide」の連載最終号では、サイゴンでタフに生きる、ふたりのニッポン女性について書いてみた。(The Guide 2月号掲載)

IMG_1177.jpg

IMG_1178.jpg

トホホなベトナムイルミネーション
クリスマスが終わっても、いつまーでもサンタやツリーが飾ってあるベトナムの街。一夜が明けたら正月飾りに一変する二ホンと違って、テトまでの一ヶ月間はなんだか締まりがないのだ。(婦人公論2/7号掲載)

IMG_1181.jpg

IMG_1183.jpg

最後のお仕事
帰国まで2週間を切ってしまった。…にもかかわらず、つい貧乏性が出てしまい、いまだに仕事をしている。ベトナム生活最後のお仕事は、昨年に引き続き、某ガイドブックの地図確認。ふだん、ろくに歩かない私には、かなり過酷なお仕事だったりもする。でも、最後にサイゴンの街をゆっくり歩くにはいい機会かも。今回は地図確認をしつつ、買い物をしたり、オーダーメイドをしたりで観光客気分も満々。

2:8.jpg

フーコック島へ行ってきました!
2月3日から、3泊4日でフーコック島へ行ってきました!
実は小町と鎌万はフーコック島は初めて、佐助はなんと10年ぶり!

20060206191942.jpg

サイゴンから飛行機で約1時間。フーコック島に到着

PQ2.jpg

予約を入れたNgan Sao Resort、「千の星」という名前なんだし、さぞ立派なホテルかと思いきや、どうみてもベトリゾートで巨大エビがお出迎え

PQ3.jpg

怪しいのは入り口だけではなく、部屋の前にも謎のオブジェがいっぱい。リゾートなのに、ここでもチャンフンダオ像…

PQ4.jpg

ベトナムチックで統一すればまだ許せるものの、ツインタワー、パゴダ、オペラハウス、マーライオンと世界の名所まで登場してしまい…

PQ5.jpg

挙げ句にはビーチにこれだもの(涙)

PQ6.jpg

でも、プールは結構ちゃんとしていて…

PQ7.jpg

確かに目の前はきれいな海で、リゾートといえばリゾートなんだけど…。なんだかなぁ

PQ8.jpg

でも、食事は意表突いておいしく、総合的にはOKのNgan Sao Resortでした!

PQ9.jpg

2日間、ホテルの中で遊んでいたので、昨日はバイクを借りて島を走ってみました。フーコックはヌックマムの産地として有名ですが、胡椒の産地としても知られています

PQ10.jpg

フーコック名物Goi Ca Tai Chanhは、レモンでしめた生魚を、野菜とココナッツのスライスと一緒にライスペーパーで巻いて食べます。お刺身が嫌いな鎌万もなぜかおいしい!とはまってバクバク食べていました

PQ11.jpg

バイクで半日走っただけで、日焼けでカラダがヒリヒリ。大人たちはぐったりでしたが、鎌万はその後もひと泳ぎ。子どもはタフだぁ~!

今回は我が家にしては珍しく3泊4日のショートトリップ。普段、旅行といえば最低でも1週間が基本なので、この短さは鎌万も納得が行かない様子でした。
そして、旅行を終えて鎌万、一言ボソリ「で、なんのためにフーコックに行ったの?」…
………<<<<なんのためにってさんざん遊んで来たでしょーに!!
ベトコーヒー研究
以前、ブログで紹介した「いちご牛乳コーヒー」がきっかけとなって、ベトナムコーヒーの研究を始めた人がいる。日本にはいろんな飲み物が売られているから、実験も楽しそうだな。小町も日本に帰ったら、いろんなモノを混ぜてみよーっと。
ベトコーヒー研究家(?)美人手帳さんのブログ


IMG_1068.jpg

アポロ味の「いちご牛乳コーヒー」は飲む価値あり!
引きこもり家族
ようやく佐助も3階の部屋を片づけ始めた。2階、1階リビングの片づけを終えた小町は、今日からキッチンに突入。「とりあえず取っておこう」とキープしてあったペットボトルやジパングのみそ汁容器の山、「貴重だから」とちびちび残しておいて結局、賞味期限が切れてしまった日本食材などなど、徹底的に処分!! 朝から晩まで、家族3人、一歩たりとも外に出ず、ひたすら片づけの一日。気持ちの余裕ナシで、本日は写真もナシ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。