越南小町のニッポン☆リハビリ中
3年に及ぶベトナム「勝手に駐妻」生活を終えて、日本の生活が再スタートした越南家。働きモノの日本人と驚くべき物価の高さについていけずTroi Oiの日々。ただいま、普通のニッポン人に戻るためリハビリ中。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そばにいてほしい人
月曜日、朝7時過ぎに我が家にやって来た、京都の料理人あゆちゃん
なぜそんな早い時間に来るのかといえば、京都から夜行バスに乗って来るから。
ちょうど鎌万が学校へ行く時間と重なり、狭い我が家は大混雑。
でも、鎌万が出かけた後は、大人3人で二度寝~zzz(笑)。

今回、あゆちゃんは佐助と何やら本の企画を立てているらしく、
古民家スタジオで撮影をしたり、出版社に売り込みをしたり。

でも、部外者の私はそのへんはノータッチで、
あゆメシにありつける喜びを味わうのみ。

今回もベトナムのおテツ(お手伝いさん)のように、
おいしいご飯をたくさん作ってくれましたー!

それにしても、あゆちゃん。
なんかホントにベトナム人みたいなんだけどぉ~。

特にコレどう見てもベトナム人だよね?

R0012188.jpg

そして、あゆちゃんは再び夜行バスに乗って、本日、京都へ帰りました。
来月もこっちに来るそうなので、またご飯を作ってください!

スポンサーサイト
またもや時間差。
バンコク行きのチケットが取れました!
私にとっては不本意なピーク時の料金ですが、
それでも全日空の早割で6万円台のチケットが確保できたから、ヨシとしよう。

ところが、今回、マイレージを利用してバンコクへ行くつもりだった佐助は、
全日空は満席のため使えず……。
やむを得ず、同じ日に飛ぶユナイテッドでバンコクへ。
その時間差、わずか20分……。

というわけで、成田空港までは3人で行き、飛行機は2つに分かれ、
先に着く我々が20分遅れで到着する佐助を空港で待つことに。

こんなこと普通、家族旅行じゃありえないだろ!って思うでしょうが、
我が家に限っては結構あるんです。

思えば、婚前旅行、新婚旅行も飛行機は別でした。

当時はお互いバックパッカーで、一人旅をすることが多く、
バンコクで買った1年オープンのチケットを持っていたからです。

航空会社が同じならいいものの、
ひとりがビーマンだったら、もうひとりはエアインディアと、
同じ格安のチケットでも、会社が違っていたため、
同じ日に立つ飛行機でも、到着時間はバラバラ。
空港で待つこともあれば、
早く着いた方が安宿をキープしておくこともありました。

その後、一人旅をしなくなってからは、
行き帰りのどちらかは一緒になりました。
というのも、一人じゃないと、写真がゆっくり撮れない!という佐助の言い分。

今回の旅も案の定、家族旅行のタイ&ラオスの後に、
佐助はひとり、ベトナムへ行きます。

ま、それは慣れっこだから全然いいんだけど、
ルアンパバーンからハノイに飛ぶのはやめてくれー!

だって、佐助がバンコクに一緒に戻ってくれないと、
あたしのバンコクの休日はどうなるのよ?
買い物は? エステは? タイマッサージは?
小5男子と2人きりのバンコクなんて、楽しめるわけないじゃーん!

ということで、強制的にバンコクに連れて行きます!
(飛行機はバンコクINですが、その翌日には列車でラオスに向かうので、
今回のバンコクは旅の後半のお楽しみなのです)

いまいち納得していない佐助ですが、家族旅行なんだから、当然のこと!

あれれ? 飛行機の時間差のことを書くつもりが、
なぜかあらぬ方向へ(笑)。

ここはハノイか?
昨日、1ヶ月半ぶりにバレーを再開しました。
ひさしぶりに触るボールは、あらぬ方向に飛んで行くよ~!

それにしても、今の時期の体育館は地獄。
おいおい、ここはハノイか?というくらい強烈な湿度。
ただそこにいるだけで、頭がボーッとしてきます。

しかし、我がチームは、いつの間にやらスピードバレーに。
あれれ? こんなに攻撃早かったっけ?

すっかり置いてきぼりの小町なのでした。

思い出が邪魔をする。
5月になったら、やろうと思っていた衣替え。
なんだかんだと忙しく、気づいたらもう梅雨入り。
いい加減やらねば……と重い腰を上げ、本日ようやく実行。

しかし、これは大仕事。
冬物と夏物の総取り替えで、部屋の中は大変なことに!

今回、自分のモノは思い切って処分した。
佐助のモノも捨てたいのがあったけど、
一応「これ捨てていい?」って聞くと、必ず「取っといて」という。
取っといてって、何年着りゃいいんだよ~!

佐助のモノは捨てたいんだけど、鎌万のモノは捨てたくない。
もう絶対着ないってわかっているのに、
思い出がいっぱいでなかな捨てられないのよね~。
あれこれ思い出に浸っていると、衣替えはまったく進まず……。

結局、一日がかりの大仕事に(><)

R0011203.jpg

5歳の時にダラットで買ったあひるの帽子。ムリやりかぶせてみました。
毛糸だから伸びるので、なんとかかぶれた。




どんより……。
昨日は六本木に取材。

ちょっと早めに終わったので、
映画でも観ようかな、ということで六本木ヒルズへ。

佐助のイチ押しという『告白』を観に行く。

なんの情報も持たずに観たら、
わぉっ! 恐いじゃん。

血みどろとかそんなんじゃないけど、静かな恐怖って感じ。
でも、松たか子の名演技と中島監督の映像のよさに、
ぐんぐん引き込まれていくんだよね(…って、なんか夫婦で同じこと書いてるな)

とにかく、久しぶりに観る衝撃の映画でした。
見終わった後は、なんとも言えぬどんより感が残るんだけど……。

で、早速、今、原作も読んでいます。
原作は原作でまた良し。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。