越南小町のニッポン☆リハビリ中
3年に及ぶベトナム「勝手に駐妻」生活を終えて、日本の生活が再スタートした越南家。働きモノの日本人と驚くべき物価の高さについていけずTroi Oiの日々。ただいま、普通のニッポン人に戻るためリハビリ中。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベトナム旅行☆2012夏
3ヶ月ぶりのブログ更新です。
最近、FBにハマってしまい、ブログは放置状態になってました。
ところが、ベトナムではFBが思うようにつながらず・・・。
というわけで、旅の思い出はいつものごとく、ブログでだらだら綴っていきます。
(長文なので、適当に流し読みしてください)


さて、今年の越南家の夏。
鎌万も中学生になり、もう家族旅行は行かないだろうと思っていたら、
「ベトナムなら行くよ」とのこと。

来年は野球部のレギュラーを目指さなきゃだし、再来年は受験だしで、
もうホントにこれが最後の家族旅行だろう……(といいつつまだ行きそう?)
てなわけで、今回もまたベトナムに決定ーーー!


〈8月5日/サイゴン〉

R0017707.jpg

今回は、わが家ではめずらしく、行き便は3人一緒。空港でラーメン食べ納め。

〈8月6日/サイゴン〉

R0017710.jpg

深夜、サイゴン着。前回の旅はハノイだったので、1年半ぶりのサイゴン。
朝食はいつものフーティウ屋さんで!

R0017712.jpg

そして、チェー!

R0017718.jpg

常宿はファングーラオのレインボーホテル。

R0017720.jpg

朝ごはんを食べて、また寝る。
そして、昼はバインセオ(って、まるで観光客じゃんよー!)

R0017721.jpg

とりあえず、サイゴンの街をふらふら歩いてみる。
前回、サイゴンを訪れたとき、ちょうど解体中だったエデン。
その後、どんなものが建つのか心配していたが、
わりといい感じの建物でほっとした(ま、店舗が入るとどうなることやら?)

R0017731_20120821194851.jpg

晩ごはんはもう日本食???
いいえ、回転寿司ではありません。

R0017724.jpg

vi duの真由さんと巻き巻きのお店へ。
(ライスペーパーがわんこそばのように出てきます)

R0017736.jpg

そして、真由さんvs 鎌万で将棋対決。今宵は鎌万の勝ち。

〈8月7日/サイゴン〉

R0017739.jpg

朝ごはんはフォー。

R0017743.jpg

そして、路上カフェ。
コーヒー飲むと大抵トイレに行きたくなるから、
カフェ→ホテルに戻りトイレ→部屋でごろごろ・・・、
というパターンで午前が過ぎてゆく(なんて贅沢で堕落した日々なの〜)。

R0017748_20120821195311.jpg

昼は上海コムガーへ。
在住時代に食べたものを片っ端から食べに行く。

R0017749.jpg

上海コムガーの店で食べた新デザート。
杏仁豆腐とチーズをミックスしたような不思議な味。うまいっ!

R0017740.jpg

在住時代は見慣れていた風景も、あらためて見ると怖い。。。

R0017758.jpg

カップケーキがブームなのか?
いろいろなカフェでカップケーキが楽しめる。
ベトナムにしてはがんばっているんだけど、やっぱり日本と比べるとねぇ・・・

R0017760.jpg

晩はオーバーランドのゆきちゃんの手料理だよーん!
ベトナム初期時代の集いってことで、
富沢家ときくちゃんと懐かしい話で盛り上がる。

R0017765.jpg

新メンバーにきくちゃんのダンナさんとつむぐくん。

R0017767.jpg

この鍋欲しいー! でも、持って帰るのが大変なのであきらめる。

〈8月8日/サイゴン〉

R0017779_20120821201813.jpg

朝ごはんは汁なしフーティウ。

R0017792.jpg

昼ごはんはきくちゃんファミリーとたなかっちと高級ベトめし。
在住時代は、きくちゃんがこっちに仕事で来るたびに、
よく一緒にごはん食べに行ったなぁ〜。

R0017795.jpg

「俺も兄弟が欲しいー!」と言いつつ、赤ちゃんの相手ができない鎌万。
赤ちゃんと一緒にいると、鎌万の顔、でかっ。

R0017796.jpg

今年は受験生じゃないからご気楽と思ったら、宿題がどっさり。

R0017800.jpg

アルトリコーダーで「我は海の子」を練習(休み明けテストあり)

R0017809.jpg

夜は同じ時期に里帰り中の浪速のLE家と焼き肉ー!

R0017812.jpg

おしゃれなカフェでもガキ連れOKなベトナムが好き。

R0017815.jpg

「もうDSなんか持って行かないよ」と、今回はDSナシで来たが、
しょうちゃんのDSを奪い取って遊ぶ鎌万。

〈8月9日/バンメトート〉

R0017816.jpg

目覚めの一杯はヌック・チャンヤイ。

R0017823.jpg

今日から田舎なので、外人カフェで洋物を食べておく。

R0017827.jpg

サイゴンから飛行機で1時間、バンメトートへ!
ベトナム国内はほぼ網羅している中、唯一行っていなかった場所。

R0017834.jpg

バンメトートは思っていたよりも大きな町だった。
町中のホテルが満室だったので、中心から少し離れた中級ホテルへ。

R0017837.jpg

プール付きなんだけど、寒くて入れない・・・

R0017843_20120821203819.jpg

とりあえず町をぶらぶらしてみる。

R0017857.jpg

が、都会でもなく田舎でもなく、中途半端な町。

R0017865.jpg

晩ごはんはネム。うまい!

〈8月10日/バンメトート〉

R0017869.jpg

めずらしく朝食付きのホテルに泊まったので、
ホテルの朝食バイキングを食べるが、外で食べればよかったと後悔。

R0017873.jpg

セオムに乗ってお出かけ……ではありません。
ベトナムで一番ベトナム人に似ている日本人・塩川さんの案内で農場へ。

R0017878.jpg

塩川さんはバンメトートで有機野菜を作っています。

R0017886.jpg

ひさびさに出合った素敵な20代。
あ〜、わが子も将来、こんな青年になってくれたら、としみじみ思う母。

R0017896.jpg

のどかだなぁ〜

R0017906.jpg

昼は塩川さんの農場でお会いした日本人の方々と一緒に。
元校長先生でこれからベトナムで学校を作る計画を立てている方、
ベトナムでうみぶどうを作っている方など、
元気な60代のおじさまの話に刺激をうける鎌万。

R0017911.jpg

午後はベトナム人うみちゃんの案内で湖へ!
もうさすがにバイク3人乗りは厳しくなってきたので、
鎌万はうみちゃんの後ろに乗せてもらう。

R0017917.jpg

しじみを取っているんだそう。

R0017923.jpg

ぎゃー、突然雨。

R0017930.jpg

でも、すぐ止んだ。
ベトナムコーヒーでお馴染みのチュングエンの博物館へ。
(バンメトートはコーヒーの産地なのです)

R0017934.jpg

博物館の中にはカフェもあります。

R0017954.jpg

見渡す限りゴムの木!

R0017945.jpg

なかはとても静か。

R0017956.jpg

2学期から始まる世界地理。ゴムの産地は?とか習うよね。
いい社会勉強になっている?

R0017962.jpg

前回の旅では「坂の上の雲」に燃えていたが、
今回は半藤一利の「昭和史」上下巻を読みきるぞー!

R0017965.jpg

そして、夜は鍋。

〈8月11日/バンメトート〉

R0017966.jpg

ねむーい。起きられないよー!

R0017969.jpg

というわけで、佐助と2人でボー・コー(ビーフシチュー)。

R0017971.jpg

本来、バンメトートの見どころは、郊外の少数民族村だったり、
象乗りだったりするんだけど、なんかわざわざ行くのもなぁ〜と思い、
結局、最終日も町をぶらぶら。

R0017979.jpg

市場はわりと近代的。

R0017978.jpg

缶入りの種がかわいい〜。

R0017982.jpg

1日2回ペースでチェーを食べてます。

R0017975.jpg

少数民族の生活は博物館で割愛。

R0017990.jpg

そういや、白めし食べてなっかったー! ってことで、ビンザン屋へ。

R0017992.jpg

夜はふたたびネム。

〈8月12日/ヨックレット〉

R0017994.jpg

マイリンバスに乗ってヨックレットへ

R0017999.jpg

父親のお下がりi-podでジュリーを聞く。「昭和の歌はいいねぇ」by 鎌万

R0018026.jpg

ヨックレットに到着。
今夜のお宿は1泊800円のニャー・ギー。

R0018024.jpg

こぢんまりとした民宿です。

R0018005.jpg

夕方、ホワイトビーチへ。

R0018010.jpg

ローカルビーチ、賑わってます(外国人はゼロ!)

R0018014.jpg

小腹が空いたので、バインミー。

R0018017.jpg

夜はやっぱりシーフード。
でも、レストランが1軒しかなーい。

〈8月13日/ヨックレット〉

R0018030.jpg

朝食のメニューに目玉焼きがあったので、注文したら、
バイクで卵を買いに行く宿のお兄さん。ゆるすぎー!

R0018035.jpg

というわけで、昼は事前に食べたいものをオーダーしておく。

R0018053.jpg

日中は猛暑のためホテルで過ごす。
「我は海の子」の次は「虹の彼方へ」を練習。

R0018039.jpg

夕方からビーチへ。さぁ、泳ぐぞー!と張り切る小町。

R0018046.jpg

しかーし、こんなキレイな海を前に、ローテンションのカナヅチ湘南ボーイズ。

R0018048.jpg

てなわけで、ひとりで泳ぐ。

R0018055.jpg

キレイな海以外は何もない田舎町。
なのにFBはサクサクつながる(サイゴンではつながらなかったのに・・・)

〈8月14日/ニャチャン〉

R0018058.jpg

翌朝は頼んでもいないのに、目玉焼きが用意されていた(なぜ???)

R0018061.jpg

タクシーでベトナム最大の?ビーチリゾート・ニャチャンへ!
ひさしぶりの都会にウキウキ。まずはイタリアン!

R0018066.jpg

おしゃれなアイス屋さんだってあるもんねー。

R0018071.jpg

ニャチャンのお宿は1泊20ドルのエコノミー?ホテル。
壁になぜか花の絵が・・・。

R0018072_20120822222806.jpg

なかなか海に入ろうとしない鎌万を説得し、ムリやり?海へ。
でも、一度入ってしまえば、ご覧の笑顔。

R0018073.jpg

ビーチで豆腐花を売るおばちゃん。

R0018078.jpg

たくさん遊んだ後の豆腐花はうまいっ!

R0018082.jpg

夜はちょうど同じ日にニャチャンに来たLE家とローカルシーフード。
タオさんのバイクにしょうちゃんと鎌万。
女子+おじさん(佐助)はタクシーで移動。

R0018085.jpg

ベトナム人に知り合いがいると、
こういう店に連れて行ってもらえるから嬉しーい!

R0018093.jpg

焼きウニだよん!

R0018098.jpg

カニもあるよーん!

R0018101.jpg

バンメトートで知り合った小栗さんからいただいたうみぶどうを持参。
(小栗さんはニャチャンでうみぶどうを作っています)

R0018103.jpg

さんざん食べた後、タオさんの提案でバインセオ屋へはしご。
もう食えんよぉ〜!

〈8月16日/ニャチャン〉

R0018108.jpg

なおちゃんから入学祝いでもらったベトケータイは車型。
日本ではまだケータイを持たせていないけど(というか持たせたくない)、
ベトナムではOKというヘンな親?

R0018112.jpg

昨晩、満腹で食べられなかったバインセオを求めて、
再び同じ店に行くが昼は営業してなかったー!(涙)
というわけで、ネム屋に行くがイマイチ・・・

R0018115.jpg

ニャチャンは今、マンゴーが食べ頃。

R0018118.jpg

今日もアイス屋通い。鎌万のお気に入りはヨーグルト。
私のお気に入りはピスタチオ。

R0018119.jpg

夕方から海で思いっきり遊び、晩ごはんはロシア料理。
(ニャチャンはロシア人に人気のリゾートでもあるのです)

R0018130.jpg

ボルシチ、ヒレカツ、ロールキャベツ、ロシアンサラダ……。
知っているロシア料理を片っ端からオーダー。

R0018133.jpg

食後はナイトマーケット。
昔はこんなのなかったけど(実はニャチャンに訪れるのは15年ぶり!)

R0018138.jpg

海の公園で“空飛ぶピカピカ”を買う。

R0018146.jpg

あ、トーヘー(米粉で作る人形)だ!
そういえば、昔、ポケモン図鑑持参してイーブイを作ってもらったっけ。

R0018148.jpg

“空飛ぶぴかぴか”が思うように飛んでいかないため、
売人のおじちゃんに飛ばすコツを聞きに戻る鎌万。

〈8月17日/ニャチャン〉

R0018153.jpg

早起きをして、朝日を見にビーチへ。
海を前に各自独創的な体操をするベトナム人たち。
海の公園では、なぞの動きをする白い集団も(これも体操?)

R0018154.jpg

日中くそ暑いときに泳ぐのは白人くらいで、
ベトナム人は朝夕ビーチにやって来る。
太陽とうまくつき合う人々。日本人も見習うべきだと思う。

R0018162.jpg

朝しか屋台が出ない人気のブンボーフエ屋さん。

R0018168.jpg

やっぱりイマイチなベトケーキ。

R0018178.jpg

昼間はホテルでごろごろ。
鎌万は社会(世界地理)の宿題でベトナム新聞を作成。

R0018176.jpg

夕方泳ぎに行くぞー!と思ったら、あらま、スコール。

R0018180.jpg

とりあえず止んだけど、寒そうだから海には入らず。
あ、バレーやってる! ひさびさにやりたくなった。

R0018185.jpg

15年前と比べても仕方がないんだけど、ずいぶん都会になったなぁ〜。

R0018189.jpg

おっ、かわいい!スーパーで見つけたベトナム語入り薬入れ。
日〜土まで1日分ずつ入れられるようになっている。

R0018193.jpg

今夜はインド料理。

R0018196.jpg

そして、再びナイトマーケット。
体をつかむと、超リアルになくブタと、
絞める前のせつない声を出すニワトリの人形を購入。

R0018203.jpg

値段交渉が気弱な鎌万。
母が助けを出すと、「お母さん値切りすぎだよ、かわいそう」
鎌万よ、これではアジアを渡っていけんぞー!

R0018208.jpg

またしてもアイス。

〈8月17日/サイゴン〉

R0018213.jpg

寝坊してブンボーフエにありつけず、バインカン。

R0018216.jpg

あと3日で帰国。そろそろおみやげ探しモードに。
ベト版レゴTシャツ。
ホントは私が着たかったのに、鎌万に奪われた。

R0018220.jpg

ケータイメールを打ちたくて、ダナンのシローさんやハノイの中島さん
に送るが、返事が遅いと凹む鎌万(彼氏にするとめんどくせえタイプかも)

R0018226.jpg

飛行機に乗ってサイゴンへ。

R0018228.jpg

何気にかわいいこのパッケージ。
落花生なんだけど、いろいろな味がある。
ベトみやげにいいかも。

R0018232.jpg

サイゴン到着。晩はスケッチメンバーと韓国料理。

R0018234.jpg

なんかまたベトナムで仕事がしたくなってきた。

〈8月18日/サイゴン〉

R0018237.jpg

ベトナムでは濃い大人たちに会いまくり、刺激的な鎌万。
しかし、そろそろ疲労が・・・。

R0018239.jpg

日本では夢にまで出てくるフーティウ(大好き!)も今日で終わりか…?
ちなみに鎌万は、学校の教室の壁に貼ってあった自己紹介シートに
好きな食べ物→カオラウ(麺) と書いていた(笑)。

R0018244.jpg

中学生になってカットが1050円から1260円になったので、
ベトナムで散髪しておく。
ゴイダウ(洗髪。しかも20分くらい念入りに)+カットで10万ドン(約400円)

R0018246.jpg

ベンタイン市場でおみやげ探し。
旅行中、ネットでチェスにハマった鎌万、石のチェス盤を購入。

R0018251.jpg

変わらない街、変わりゆく街。
かわいい息子、生意気な息子。

R0018255.jpg

お昼はLitiゆきとvi duへ。

R0018262.jpg

こちらが話題のカレーライス。うまいっ!

R0018282.jpg

ベトナムにもあった! 絶品シフォンケーキ。

R0018277.jpg

バンメトートの本屋さんで購入し、ネットで覚えた中国将棋。

R0018274.jpg

初対戦はviduの真由さん(またの名はことりちゃん)

R0018281.jpg

母性全開ー! で、昼しか会えなくなってしまったLitiよー
もう、昔のように山羊肉食べに行こうよぉ〜!

R0018290.jpg

夕方からレタントンの元わが家へ。

R0018292.jpg

いつもは隣の大家さん家で食事をするけれど、
今回は元わが家に日本人が住んでくれたおかげで、元わが家でみんなで食事を。
わー、懐かしい、元わが家のキッチン。

R0018296.jpg

2階と3階の部屋も見せてもらう。あぁ、この眺め懐かしい。
こうやってよくいろんな人が遊びに来てくれたっけ。

R0018300.jpg

フーンおばさんが作ってくれたカイン・ガー・チン・ヌックマム。
鎌万、ぺろり。

R0018302.jpg

わお、鍋まで登場だ〜!

R0018301.jpg

現住人は京都から赴任。
このままずっとここに住んでくれたら、毎年ここでパーティーできるかも!
よろしくお願いしまーす!

R0018310.jpg

チャンおじさん相手に中国将棋。
3歳から6歳を過ごしたベトナム。
チャンおじさんには自転車の乗り方を教えてもらった。
小さかった鎌万が、今、こうしてチャンおじさんを相手に将棋をするなんて、
ちょっと感動。泣けてくる。

R0018312.jpg

フーンおばさんは、鎌万が色つけをした鳥の置物を今でも大事に持っている。

R0018318.jpg

だが、感動も一瞬。
「もう1回、もう1回!」と負けず嫌いの鎌万。
おーい、いつまでやってんだよー!

R0018322.jpg

かつてのアイドル鎌万は大人の仲間入り。
代わりに今は、孫のミンコイがアイドル。

R0018325.jpg

ミンコイの歌に拍手する大家さん一家。

R0018323.jpg

ミンアンちゃんも生まれたよ!
来年は次女ハーにも子どもが生まれたりしてね。

〈8月19日/サイゴン〉

R0018327.jpg

最終日なのに、まだぜんぜん帰る気なし?

R0018328.jpg

次はいつ行けるかわからないベトナム。
食べたいものは悔いが残らないように食べておく。いざ、キムタインヘ!

R0018332.jpg

あぢぃけど、今日はムリをしてもフル活動。
食べなきゃ、買わなきゃ、マッサー行かなきゃ!

R0018344.jpg

歩き疲れてドンコイの高級チュングエンへ。
スタッフがやたら多くて、必要以上にお茶をつぎにくるんだけど、
肝心のオーダーを忘れているというのが、いかにもベトナム。
チョーイ・オイ!

R0018338.jpg

待ちくたびれて、にんべんの漢字を鎌万と競い合う。

R0018334.jpg

おみやげは自分のお金で。両替は習った英語で。

R0018347.jpg

そういや、フエ料理を食べていなかったー!
と慌てて入ったドンコイのフエ料理屋。
しかーし、イマイチ・・・。
やっぱフエ料理はフースアンだよね〜(閉鎖中)。

R0018353.jpg

気を取り直して、サイゴン一の高層ビル「とうもろこしビル」
(正式名称知らず・・・)の展望カフェへ行ってみた。
が、がーん、ショック!
カフェスペースは場所が限定されているし、
しかも、いじわる目隠しで肝心の景色が見えない。

R0018356.jpg

展望フロアに上がらず、カフェだけで安く済まそうと思うなよ!
という無言の圧力を感じずにはいられない。

R0018377.jpg

地上に降りて、ことりちゃんとオセロ&将棋。

R0018364.jpg

ベトケータイも今日限り。

R0018383.jpg

ベトみやげに飽きたので、マトリョーシカ。

R0018391.jpg

最後の晩は、お気に入りのレストランホアンイエンで。
いつ行ってもおいしいー!(が、また値段上がったね〜)

R0018393.jpg

さぁ、いよいよ荷造りだ!

R0018395.jpg

佐助はこのあと2週間自由の身。
寂しいの? それとも解放感に浸ってる???

R0018400.jpg

「昭和史」上下巻読破。

R0018404.jpg

未練たらしくベトケータイ。

R0018407.jpg

そして、深夜便で日本へ。
エアポート成田の中で、中国将棋をする鎌万。

R0018410.jpg

佐倉で疲れ果て、北鎌倉まで爆睡。


そして、旅が終わった。ニッポン、あぢぃ〜!


スポンサーサイト
食べて、歩いて、城をめぐる。
毎年、正月と夏休みはアジアでのんびり~♪の越南家ですが、
春休みは短いので、国内旅行が定番に。
しかーし、国内旅行ってもんはカネがかかるのよね~。

ということで、今年も夜行バスで行ってきました! 行き先は大阪&姫路!
子ども料金ギリギリの旅。来年は春休みの旅行は危ういかも???

R0016974.jpg

鎌倉駅21:50発、南海バスでなんばを目指す。※片道7200円

R0016982.jpg

この旅行で子ども料金が最後。
ちっちゃいんだからいいじゃん!という小町に、本気で怒る佐助。
少年野球とか学校のルールとかにはやたらと反発してたのにさぁ~!

R0016983.jpg

初日は大坂城へ。
電車の中で名城シリーズを読み、大坂城についておさらいする。

R0017001.jpg

大坂城にやって来た!

R0016996.jpg

あれ? 子どもが変わってる?
大阪のお宿・LE家からしょうちゃんをさらってきた。

R0017010.jpg

お次はコリアンタウン、鶴橋へ。

R0017012.jpg

全校800人いる小学校でもかぶることがなかったのに、
なんでこんな身近でかぶってるんだよ~! 恐るべし、ユニクロ。

R0017014.jpg

初日の晩は串カツ。
「二度づけはあかん!」としょうちゃんの目も厳しい。

R0017018.jpg  R0017022.jpg

大阪に来たら、見ないと気が済まないもの。

R0017025.jpg

翌朝はなおちゃんの手料理・フォーで~す♪
今回、大阪でお世話になったLE家は、サイゴン在住時代の友。
なおちゃんは日本でベトナム料理の先生をしています。
↓↓↓
まむ家

R0017032.jpg

2日目は鎌万の幼なじみアッキーも加わり、みんなで堺へ。
目的は空の上から仁徳天皇のお墓を眺める、だったのだが……、
堺市役所の展望階は微妙な高さ。

隣接している喫茶店の名前が「ミエール」だったので、
きっとよく見えるんだろうなぁ~と期待してしまったのがまずかった……。

R0017036.jpg

堺市役所からの眺めにご不満の子どもたち。
もう観光はいいから公園で遊びたーい!と騒ぐので、
ちんちん電車に乗って浜寺公園へ。

鎌万、もうすぐ中学生になるとは思えないほどのはしゃぎぶりー!

R0017061.jpg

大人はだんだん疲れてきた・・・。

R0017045.jpg

でも、まだまだ続くよ。お次は住吉大社です。

R0017053.jpg  R0017050.jpg

こどもみくじ、たるものを引いてみる。
子ども向けなので、勉強についてが主な内容。

鎌万:「能ある鷹は爪を隠す」べし。自分の学力を自慢せず、謙虚に生きよ。
アッキー:「努力は必ず報われる」。受験生のアッキーにはピッタリ!
しょうちゃん:今までの成績はすべて忘れて、さぁ、再出発!(笑)

それぞれいいところをついていて、笑ってしまいました。

R0017065_20120402221037.jpg

再び、ちんちん電車に乗って天王寺へ。
前回の大阪の旅で通天閣には上がったので、今回は眺めるだけ。

R0017066.jpg

遊び疲れてバテバテな子どもたち。
だけど、お楽しみはこれからなのだ!

R0017067.jpg  R0017068.jpg

前からずーっと行ってみたかったお店ベトナム屋DZO!(ヨー)へ!
京都の料理人あゆちゃんとベトナム人のチーさんも加わり、食べる、呑む、笑う!

写真はメンバーでただ一人Facebookに乗り遅れ、焦るなおちゃんの図。

R0017069.jpg

3日目は朝から金龍のラーメン。
いろいろ食べたいものがあるから、短い滞在のためムリやり朝ごはんにする。

R0017072.jpg

今日は大阪を離れ、修復中の姫路城を訪れる。

R0017087.jpg

今しか見られない姫路城の修復現場。※見学は要予約

R0017101.jpg

広すぎるぞ~、姫路城。
旅も3日目で歩き疲れてきた・・・・・・。

R0017103.jpg

城めぐりは若いうちに行くべし。

R0017106.jpg

あれれ? 鎌万、ふたたび城熱が高まったか?
100名城スタンプ集めるぞ~!とか張り切っているし……。
まさか…2日前に行った大坂城ももう一度行くなんて言わないでしょうね???

R0017111.jpg

姫路の名物、おでん。しょうが醤油をつけて食べます。

R0017114.jpg

今夜のお宿はコンフォート姫路。1泊約1万円(ベトナムなら5泊できる……)

R0017118.jpg

朝食付きだったけど、どうしても食べたいものがあったのでキャンセル。
お目当ては姫路名物(?)アーモンドトースト! 旨いっす。

R0017121.jpg

姫路から明石へ。
近ごろ、母親を拒否って、父親にべったりな鎌万。
これも思春期の前兆か? なんか気持ちわりぃ~ぞ!

R0017125.jpg

明石といえば、明石焼き!
あまりのおいしさに1日に2回も食べた!

R0017130.jpg

100名城に入るらしい明石城。スタンプ欲しさに訪れる。
なんか城の前ですかしたポーズ取ってるしー(笑)。

R0017132.jpg

日本の中心で記念写真。明石天文博物館のプラネタリウムで軽く昼寝 zzz---

R0017134.jpg

明石から梅田に出て、阪急百貨店の阪神タイガースショップでおみやげを買い、
なんばで再びLE家と合流。最後の晩餐はお好み焼き~!

R0017137.jpg

食後は蓬莱でアイスクリームを食べ、寒くなったのでカフェに行き、
お店をはしご。なんだかサイゴンの生活みたいだなぁ~。
あー、そうそう。なんばでネズミもいっぱい見た。まさしくサイゴン!

夜行バスの出発の時刻まで、イス取りゲームやかけっこで遊ぶ子どもたち。
ベトナム生活を終えてからもう6年も経ったのに、
あの頃と同じように遊べる友だちがいるのは、とてもシアワセなこと。

2012-4-1-2 033

次に会うのは鎌倉? サイゴン?
LE家のみなさん、お世話になりましたー!

そして、越南家はバスに乗って鎌倉へ。

越中国境の旅、2011-2012
新年あけまして、おめでとうございます!
今年もどうぞよろしくお願いします。

年賀状を送ってくださった皆さま、ありがとうございました。
実は昨年は喪中でして、新年のごあいさつを控えさせていただきました。
だったら喪中ハガキを出せい!なのですが、
年末のバタバタで……(あぁ、言い訳)

そういえば、その前に引っ越しましたハガキも出してませんでした。
今年は郵便局に転送手続きをしていたから年賀状が届いたけれど、
このままでは来年は届かなくなってしまう!
友だちはなくしたくないので、ぼちぼち引っ越しましたハガキは出そうかな。


さて、喪中だからと悲しみにくれていた越南家ではありません。
今年も年末年始はベトナムへ!

今回は愛するサイゴンへは行かず(行けず?)、ハノイが起点。
旅のテーマは、越中国境越えです。
いつものごとく、ずらずら旅の思い出を綴っていきます
(長いから適当に流してね)



R0015926.jpg

12月25日
18時発のフライトなので、出発はゆっくり。
成田へはお馴染みのエアポート成田。寒さに耐えられずグリーン車へ。

R0015928.jpg

錦糸町からの眺め(鎌万撮影)。さらば、ニッポン!

23時過ぎ、ハノイに到着。1週間ぶりに佐助に再会。



R0015937.jpg

12月26日
朝は、ハノイに来たら、必ず行く店でソイ・ガー。

R0015941.jpg

ホアンキエム湖近くにある高台のカフェ。
入口がわかりにくいので、自力では行けない。

R0015942.jpg

なかなかの眺めです。でも、オープンエアーは寒いっつーの!

R0015945.jpg

カフェ・チュン(直訳するとコーヒー卵?)たるものを注文してみた。
結構、いける。プリンの味に近いかな?

R0015949.jpg

相変わらず荷物が多い鎌万。
でも、100円ショップの双眼鏡が役に立っている。

R0015951.jpg

一年ぶりだといろいろなものが新鮮。
今回、ハノイは7年ぶりです。ずっと拒否ってたのに、今年は半ば強制……。

R0015954.jpg

ハノイの定宿はここ。……なわけがない。
旧市街の安宿、1泊30ドル。

R0015955.jpg

やっぱりシクロはサイゴンの方がいいな。

R0015958.jpg

寒いけど、ハノイっ子に人気のアイス屋さんへ。

R0015959.jpg

こんな感じでバイクに寄りかかりながら食べています。
ぜんぜんオシャレじゃないところが、いかにもハノイ。

R0015960.jpg

相変わらず不味そうなベトケーキ……。

R0015970.jpg

今の時期、婚礼写真の撮影は寒すぎる。ま、2人が熱けりゃいいのか。

R0015979.jpg

ホアンキエム湖をぐるりと歩いてみました。

R0015980.jpg

国旗好きの鎌万、早速、物欲が沸く。

R0015981.jpg

はじめからくっついちゃっている日越国旗。
買う側としてはありがたい。

R0015984.jpg

ベトナム料理はヘルシーと言われるけれど……

R0015987.jpg

こんだけ肉を食べれば、ヘルシーとはいえないのでは???

R0015989.jpg

甘いものも大好きだし。

R0015993.jpg

おいしいんだけど、この時期には冷たすぎ。
オープンエアーじゃなくて、こたつに温まりながら食べたいっす。

R0015996.jpg

お散歩の後は、1時間お勉強。一応、受験生なもんで。

R0016004.jpg

再び、お散歩。ロンビエン橋へ!
高所恐怖症の鎌万、びびる、びびる。

R0016009.jpg

しかし、こんなところでわざわざ体操しているアホもいるし。

R0016011.jpg

線路を歩いちゃっている人もいるし。

R0016013.jpg

こんなところでも商売しているし。

R0016012.jpg

高いところは弱くても、食い気は勝る。

R0016022.jpg

九州で同窓会中の大学の友からViberが鳴る。
元気であることを伝えるために、Facebookに写真をアップする。
便利な世の中になったものです。

R0016036.jpg

列車が通過。さっき線路を歩いていた人、大丈夫だったかな?

R0016038.jpg

お気に入りのカフェへ。

R0016044.jpg

夜はハノイ在住メンバーとベトめし~!

R0016046.jpg

12月27日、朝はフォー。

R0016053.jpg

やべぇ、うっかりアイスを頼んでしまった。

R0016063.jpg

タンロンへ行くつもりが、10時半でクローズ!(早すぎっ)
しかたなく、軍事博物館へ行き先を変更。

R0016069.jpg

結構、見応えがあります。

R0016066.jpg

平和な時代になりました。

R0016072.jpg

近藤紘一の本を読みたくなります。

R0016075.jpg

「俺は空軍より海軍」って気分はすっかり坂の上の雲。

R0016077.jpg

ハノイ4回目にして、もしや初対面?
そういえば、ホーおじさんにもまだ会っていません。

R0016081.jpg

午後は佐助と鎌万と別れ、にしやんと雑貨巡り。
目指すはホーロー屋さん!

R0016086.jpg

1軒、2軒、3軒…とホーロー屋をはしご。

R0016090.jpg

ガイドのようにホーロー屋を案内してくれるにしやん。

R0016083.jpg

かわいい生地屋さんもあります。
しかし、今回はオーダーメイドをしている時間がなーい!

R0016096.jpg

楽しかった女子時間~♪

R0016104.jpg

晩飯はこちら。ハノイに来たら必ず行くステーキ屋さん。

R0016101.jpg

にんにくがたっぷり効いています。

R0016107.jpg

今晩は荷造り。明日はハロン湾へ!

R0016114.jpg

12月28日、鎌万の12歳の誕生日。
3年連続、ベトナムで誕生日を迎えています。

そして、今夜のお宿は豪華客船バーヤ号!
なぜにこんなものに乗れるかといえば……、仕事?だからです。

R0016117.jpg

まずはウェルカムドリンク~♪

R0016118.jpg

お部屋はこんな感じ。夫婦2人なら最高の空間。

R0016125.jpg

そこへムリやりベッドを作る。
もちろん、ここが鎌万のベッド。

R0016137.jpg

ランチはバイキング。

R0016136.jpg

食べるのに真剣な鎌万。行ったり来たりと忙しい。

R0016140.jpg

隣の西洋人は、ワインを飲みながら優雅にランチ。
ガツガツしてません。

R0016143.jpg

デッキからの眺めも最高! でも、寒い・・・

R0016149.jpg

というわけで、お部屋から眺める。

R0016153.jpg

俺は1時間勉強。
ほんとに1時間だけでいいのかいな?
友だちは冬期講習で毎日6時間、家でも勉強しているっていうのに~。

R0016159.jpg

小舟に乗って水上村を訪問。

R0016164.jpg

大きな岩山をくぐり抜けていきます。結構、壮観!

R0016176.jpg

しかーし、やっぱり寒いんだよね。

R0016185_20120107194729.jpg

夕方のハッピータイムには、揚げ春巻きのデモンストレーションが。

R0016186.jpg

ディナーはフルコース。そして、今日は鎌万の12歳の誕生日!

R0016188.jpg

ほかのお客とペースを合わせながらの食事なので、
バクバク食べられないのがつらい・・・。
西洋人がワインとおしゃべりを楽しんでいる中、
わが家は何回、パンの追加をしているんだか・・・。

R0016194.jpg

やっと待って来たサラダがこれ。
バーヤの文字はいいから、早く持って来ておくれよー!

R0016198.jpg

やっとメインにたどりついた。

R0016201.jpg

その後、船内がいきなり真っ暗になり、
ハッピーバースデイの音楽とともに、ケーキが運ばれてきた!
まさか、まさかと思ったら、鎌万の前に!嬉しいサプライズ。

マネージャーから何か一言と言われ、
乗客全員の前で堂々と「センキュー・ベリーマッチ」
小6男子、立派です。

R0016205.jpg

しかーし、困ったぞ。
わが家はベトケーキが大嫌いなのだ。

R0016206.jpg

せっかくのご厚意だし……と頑張ってみたけれど、
半分が限界です・・・(ごめんなさーい!)

R0016208.jpg

12月29日、少し早起きしてデッキへ。

R0016215.jpg

今日は、帆が上がりました。

R0016218.jpg

ほかの船も帆を上げます。
ある場所に来ると一斉に上げるけど、これはただの演出なのか???

R0016233.jpg

船を下りて鍾乳洞を見学。
しかし、人が多すぎてなかなか進みません。

R0016246.jpg

ブランチでもガッついてます(笑)
今のうちにリッチな旅を楽しんでおきたまえ。

R0016251.jpg

なぜなら、その数時間後には過酷な旅が待っているのだから。
ローカルバスで中国国境の町、モンカイへ。

R0016252.jpg

おやっ? こっちの方が快適???
鎌万、爆睡なり。

R0016256.jpg

来たバスに飛び乗ってしまったけれど、
もう少し待てば、隣のようなもっと快適なバスがあったらしい・・・。
ハロン湾ーモンカイ 10万ドン(370円)

R0016258.jpg

もっとブランチを食べておけばよかった。
小腹が空いて、茶葉卵。

R0016260.jpg

モンカイのホテルは広々。1泊30万ドン。

R0016271.jpg

国境の町モンカイを歩く。
意外とベトナム戦争ものの店が多い。

R0016279.jpg

イカのすり身がこのあたりの名物らしい。
うまいです。

R0016281.jpg

甘栗を買って、部屋で食べる。
この日から甘栗の日々が始まった。

R0016287.jpg

12月30日
中国へ行く前にもう一度フォーが食べたいということで、朝はフォー。

R0016289.jpg

橋の上から、遠く中国を望む。

R0016295.jpg

ベトコーヒーともしばしお別れ。

R0016297.jpg

さぁ、歩いて中国へ行くぞ!


R0016269.jpg

ベトナム側のイミグレーション。
なぜか、通行料?2万ドンを支払う。

R0016302.jpg

さらば、ベトナム!

R0016305.jpg

国境を歩く。
写真を撮ってもノーマークののどかな国境です。

R0016309.jpg

橋を渡った先が中国。

R0016317.jpg

今晩のお宿は東京湾(トンキンワン)酒店。
まるで軍事施設のような外観です。

R0016316.jpg

エントランスでいきなりこんな方が出迎えてくれるし。

R0016312.jpg

しかし、結構、立派なホテルなのに、中国に入った途端、
ベトナム語も英語も通じなーい(涙)。

R0016315.jpg

でも、この広さで1泊228元(約3000円)と格安。

R0016334.jpg

中国側の国境の町は東興(トンシン)。
ベトナムから歩いて来れるだけあり、町にはベトナムのものがいっぱい。
(その後、別の国境の町ピンシャンに行くが、そこよりもベトナム色が強い)

R0016325.jpg

ベトナム語の看板もあります。

R0016329.jpg

お昼は牛肉粉。フォー・ボーみたいなもん?
今朝もフォー食べたのに……

R0016321.jpg

国境の町らしさを味わえる一方で、通信においては完全に中国。
3Gのsimがなかなか見つからない。
見つかっても、店員が設定を知らなかったりする。

R0016326.jpg

町の移動はこんな車。
ところで、ホテルでタクシーを呼ぶ、という習慣はこの町ではないようだ。
リセプションに何度お願いしても、「ナンのこと?」ってな感じだった。

R0016336.jpg

イミグレーションの近くでは、ベトナム人が店を出している。
何を売っているのかとのぞいてみれば、頭痛に効く緑の薬とか、
安っぽい香水とかたいしたものは売っていなかった。
しかも、全員、同じ物を売っているしー。

R0016347.jpg

橋の下は自由に通れる。

R0016340.jpg

川沿いのカフェで「午後の紅茶ロイヤルミルクティー」もどきを飲みながら読書。
「中越国境より、日清戦争」by 鎌万。

R0016344.jpg

中国に入った途端、お茶をするとなるとペットボトルになってしまう。
カフェ文化が根付いているベトナムと比べると、旅情もありゃしないぜ。
あ、でもこの「午後の紅茶」もどきはおいしい。

R0016342.jpg

今朝、歩いたモンカイの橋を中国側から眺める。

R0016355.jpg

向こう岸はベトナム。

R0016357.jpg

ベトナム北部と中国を結ぶ国境の町は全部で3つ。
そのうち唯一海側にある国境がここ。ということで、今夜はシーフード!
いけすの中の貝や魚を適当に注文してみる。

R0016360.jpg

調理法を聞かれるので、指さし会話帳を使ってみた。
はまぐりは蒸し、牡蠣は卵と炒め、魚はスープに。

R0016362.jpg

どれも美味しくいただけましたー!

R0016365.jpg

食後は射的を。
「坂の上の雲」の世界になりきっている鎌万。

R0016368.jpg

でも、敵は風船。

R0016369.jpg

本日も〆は甘栗なり。

R0016375.jpg

12月30日、朝から鶏を丸ごと一羽を使った豪華なお粥。
いい出汁でてる~!

R0016381.jpg

ローカルバスで南寧に向かいます!

R0016382.jpg

一応、これでもVIPバスらしい。南寧までは3時間、55元(約700円)。

R0016389.jpg

移動日は問題集は免除で、「ポケでる 慣用句・ことわざ」のみ。

R0016392.jpg

南寧のバスターミナルに到着。
ここはどこかの国の空港かい?ってくらいバカ広い。
24時間営業のケンタッキーもあるし。
しかーし、困ったことに、街の中心からこれまた離れているんだな。

R0016396.jpg

タクシーで40分、南寧の鉄道駅へ。
とりあえず、駅前の2つ星ホテルにチェックイン。

R0016398.jpg

よっしゃ! ベト語と英語のカードがあった!
しかーし、さほど通じない。やはり中国に来たら、中国語で頑張るしかない……。

R0016401.jpg

荷物を置いて、ピンシャン行きの切符を買いに行くが、この列!
いや、この列の長さより、きちんと列を作って並んでいる中国人にビックリ!

R0016410.jpg

すでに1時間半経過・・・。

R0016415.jpg

やっと切符が手に入り、街歩き開始。
まずは、ウイグル族が焼く羊の串焼きを頬張る。

R0016419.jpg

都会に浮かれ、早くもマックに。

R0016426.jpg

晩はガッツリ中華です!
写真メニューがあったので、適当に頼んでみた。
どれもおいしいんだけど、量が多すぎ~!

R0016428.jpg

駅前はベトナム特産の店が並んでいます。
ベトナムで買うより安いよ~!

R0016432.jpg

2012年元旦
新年あけましておめでとうございます!

栗の食べ過ぎで、いきなり初ゲロ~!!!

R0016436.jpg

体調不良の鎌万を置いて、街をブラブラ。

R0016441.jpg

イモト似の羊とドラえもん。

R0016443.jpg

チェー屋(中国では何?)さん発見!

R0016445.jpg

しかし、ベトナムとは比べものにならん!
ゴマ汁粉なんて、ヤマトのりかと思ったぜ。
でも、ホーローはかわゆい♪

R0016448.jpg

「女人世界」……ってなんか女子校っぽい。

R0016453.jpg

馬車風のスペースに靴磨き屋さんが並ぶ。

R0016454.jpg

なにやら真剣に聞いているが、
やけどの薬とか、健康器具とかでたいしたものは売っていない。

R0016455.jpg

チャーリー似のかわいいバイク(電動自転車?)が街を制覇している。

R0016456.jpg

肉まんを買って帰るが、要らない……とのこと。
これぞホントの寝正月なり。

R0016463.jpg

小腹が空いたので、再び街へ。
中国式ファーストフードで汁麺を注文。
あれ?スープが入ってないぞ、と思ったら、スープはセルフサービスだった。
スープくらいよそってくれてもいいのに。

R0016472.jpg

まぶしすぎる、夜の南寧駅。

R0016474.jpg

鎌万ダウンで、今晩は二人めし。
きゅうりの酢の物を頼んだら、こんなにやって来た!
でも、これ、めちゃくちゃ旨い。

R0016476.jpg

見た目北京ダック風だが、まったくの別物。
乾豆腐を薄くしたものに、味噌味の豚肉と白ネギをのせ、巻いて食べる。
これはこれで美味。

R0016479.jpg

鎌万には今川焼きもどきをおみやげ。

R0016481.jpg

食欲はまだないものの、本が読めるまでに回復した。

R0016485.jpg

1月2日、再び中国式ファーストフードへ。
支払いを先に済ませ、レシートを自分の机の番号のところに差しておく。

R0016483.jpg

昨日のような戸惑いはもうなし。
スープはセルフです。

R0016486.jpg

南寧名物の友老粉は、辛くて完食できず・・・。

R0016489.jpg

というわけで、肉まんでお腹を満たす。

R0016491.jpg

雲南省を旅したときによく食べた土鍋ごはんを発見!

R0016496.jpg

まぜまぜして食べます。
おこげがおいしい!

R0016492.jpg

お茶屋さんで購入した茶こし、5元。
しかし、この後、土鍋屋さんに置き忘れてしまう。
気づいたのは、その2時間後。
ダメもとで店に寄ってみたら、なんとちゃんと取っておいてくれたのでした!
謝謝!!!

R0016504.jpg

男性なのにキティちゃんのグローブ(笑)

R0016506.jpg R0016507.jpg

女性は結構おしゃれです。そして、またカラフル。
原色大好きな小町は、今回はピンクのダウンで旅行をしたのだが、
ベトナムではやや派手に見えるのに、中国ではまったく目立たない!
まわりがピンクだらけで、佐助が小町を発見できなかったほど。
中国、気に入ったぜ!

R0016509.jpg

薬局前の体重計。ベトナムのように有料じゃないし、
「太りすぎ」とか余計なことを言わないのがよろしい。

R0016513.jpg

普通の豆腐花を頼んだつもりが、結構高いなぁ~と思ったら、
こんなもんが出てきた。やっぱりカラフル。

R0016515.jpg

嬉しい~! 街がピンクで溢れている!

R0016519.jpg

なんか正月っぽいことやってるぞ!と近づいてみたら、ただの飾りだった。
そういや、今年は丑年じゃないもんね。
それにしても、派手なディスプレイだなぁ~。

R0016522.jpg

飽きもせず、今日も甘栗。ただし、鎌万は禁止!!!

R0016523.jpg

ようやく復活!
元旦から冬期講習で頑張っている友だちを見習い、1時間勉強。

R0016527.jpg

食欲も出てきたようなので、晩は中山路のナイトマーケットへ!

R0016535.jpg

カニ、エビ、牡蠣など、いろんな食材がズラリ。うんまそう~!

R0016528.jpg

でも、さすがにワニは食べられません。
なんか肉が固そうだし・・・

R0016542.jpg

わき上がる食の欲望を抑え、まずは慎重におかゆから。
オープン席でこんなもん食べられたら、店としては宣伝にならんだろうな。

R0016556.jpg

1月3日、南寧から列車で国境の町ピンシャンヘ!
「結局、南寧(ナンニン)ではナンニもしなかった」by 鎌万。

R0016549.jpg

7時20分発。まだ眠いです・・・

R0016558.jpg

列車は2階建てになっています。
南寧からピンシャンまでは約3時間、硬座30元(約360円)。
鎌倉から横浜へ行くのとほぼ同じ金額。

R0016564.jpg

車窓からの眺め。岩山(?)がぽこぽこ続きます。

R0016567.jpg

ヨドバシ以外ときめくことのない佐助が、珍しく即決で買った魔法瓶。

R0016575.jpg

移動日の勉強は「ポケでる」。
佐助 vs 鎌万で早押し対決をする。
意外と佐助どん、ことわざ知っているんだよなぁ~。

R0016584.jpg

朝食を食べそびれ、プリングスもどきで家族3人食いつなぐ。

R0016588.jpg

2階へ上がる階段はこんな感じになってます。

R0016602.jpg

ジャパネット高田、参入か???
車内でいきなりセールス開始。

R0016605.jpg

ものすごい勢いで15分くらいしゃべり続けていたけれど、売り物はコレ。
よく歯ブラシだけで、そんなにしゃべれることあるなぁ~と感心。
もちろん、買いませんでしたー。

R0016608_20120110114301.jpg

ピンシャン駅に到着!

R0016615.jpg

トゥクトゥク(?)に乗って街の中心へ。
窓がないから寒い~!!!

R0016669.jpg

今晩のお宿はサイゴンホテル。

R0016632.jpg

お部屋は広々で、鎌万部屋まである!

R0016626.jpg

カップ麺、ジュース、パンツ、ひげ剃り……。
使った分だけ精算する仕組み。

R0016633.jpg

3ベッドなのに、なぜかコンドームも完備。
何これー?と鎌万が騒ぐので、ついでに性教育をしておいた。

R0016637.jpg

ピンシャンでは再び、にしやんと。
国が変わっても、目的は同じ。いざ、ホーロー探しへ!

R0016642.jpg

もはや、カメラマンではなく雑貨商???

R0016648.jpg

カメラは重いからと持たず、バカでかい計算機を持参するにしやん。

R0016651.jpg

あ、あの奥にあるホーローが取りたい~!

R0016653.jpg

にしやん買いすぎで元がなくなり、両替所へ急ぐ。

R0016656.jpg

軍ショップで軍用のホーローカップを見つけた!
との情報が佐助から入り、駆けつける。
なにげにみんなホーロー狂???

R0016659.jpg

買い物が一段落し、カフェでお茶。
タピオカミルクティーを頼んだつもりが、すげぇ色の飲み物が来た。
ベトナムの病院でよくもらった子ども用の風邪薬のような色。
でも、わりとおいしかった。

R0016665.jpg

雑貨商、祖国へ帰る。

R0016667.jpg

健康器具が並んでいる公園で、しばし運動。

R0016668.jpg

スーパーマーケットの前にあった子ども向け遊具。
ここまで不細工にしなくてもいいのに。

R0016671.jpg

偽おっとっと。ホントのおっとっとよりもおいしかった。
PockyそっくりのChokyもあった。

R0016676.jpg

ホテルからの眺め。結構、絵になります。

R0016681.jpg

でも、街は残念ながら中国的イルミネーション。

R0016685.jpg

今夜のごちそうはコレ。

R0016682.jpg

中国のレストランはどこもこんな感じでお皿が置かれる。
衛生的なんだろうけど、なんか味気ない。

R0016690.jpg

中国最後の夜、食うぞ、食うぞ-!

PS.その晩、何に当たったのか、はたまたただの食い過ぎが、
小町思いっきりリバースしました。最後まで油断できないのが中国なのです。

R0016697.jpg

今日は自分の部屋があるから、勉強も集中。

R0016699.jpg

1月4日
ベトナムに帰るぞー!

R0016700.jpg

今回も旅のお供にかめきち。

R0016702.jpg

さらば、中国! 

R0016703.jpg

国境の友誼関まではタクシーで30分。そこからイミグレまではミニバスに乗る。
友誼関は観光スポットになっているのだが、今日は朝からあいにくの雨。
しかも、ハンパじゃなく寒くて、観光どころではない。
またいつか訪れることにして、ベトナムの入国を急ぐ。

R0016705.jpg

あまりの寒さにカラダがブルブル。
と思ったら、熱まで出てきたよ~!(涙)

ベトナム国境の町からハノイまではローカルバスで3時間。
ハノイに着いたときは、もうぐったり。

DSC_0108.jpg

でも、3時間寝たらほぼ復活。

そういや、願書の写真撮る前に髪を切っておかなきゃ!
ということで、ベト美容師にカットしてもらう。
お兄さんハサミぐるぐる回して格好つけているんだけど、腕はイマイチ。
つぶやきシロー風になっちまったよぉ~!(涙)

DSC_0111.jpg

昨晩の反省もあり、お腹に優しいベトめしということで、
洒落たベトナム料理店に行ってみたが、
チャーカーにマムトムが出てこないってのは、チャーカーとして認められん!

DSC_0113.jpg

1月5日、昨日のダウンが痛手となり、土産探しに忙しい小町。
まずは、バイン・チュン、ネムチュアを求めてホム市場へ。

DSC_0117.jpg

昼はにしやんとビンザンめし。
2日前に中国で会っていたのがヘンな感じ。

DSC_0118.jpg

おしゃれな共産党カフェ。2階席でまったり。

DSC_0124.jpg

2階席でぐっすり。

DSC_0135.jpg

……したかったけれど、午後は水上人形劇。
なんかツアー並みに忙しいっす。

DSC_0144.jpg

それからマッサージを90分して、再び買い物に走り……、
あっという間に夜。今晩の便で日本へ帰るので、荷造りもせねばー。

DSC_0140.jpg

40歳を機にバックパッカーを卒業し、スーツケースを新調した。
スーツケースはいっぱい入るし(じゃばらになっていて5センチ分増加)
コロコロ転がすだけだから楽ちーん♪
でも、ローカルバスで投げられ、すでにボコボコ(涙)。

DSC_0143.jpg

最終的にはこんな感じ。

DSC_0150.jpg

最後の晩餐はスケッチ編集部メンバーと日本からは2人の編集者さんと鶏鍋。
編集者さんとは帰国便が一緒で空港までご一緒。
翌早朝に成田に着いて、その日からお仕事(しかも校了)と聞き、
一気に現実に戻された小町。あ~、また日常が始まるんだわ。

DSC_0153.jpg

成田からは再びエアポート成田で鎌倉へ。
途中、千葉駅から元ベトナム在住者さごっちゃんが乗車し、
例年のごとく、ベトナムみやげとおせちを物々交換する。
これをやらないと、新年が始まった気がしないんだよね。

ってなわけで、今年も楽しいお正月を迎えて参りました。
年明け早々、受験、野球の引退試合、卒業…と大忙しの越南家ですが、
一年に一度は必ずベトナムへ行けるように、お仕事も頑張りたいと思います。

個人的には今回の雑貨巡りで、家族旅行より女子旅がしたい小町。
今年はホーローを求めて、本場のヨーロッパにも行きたいと企んでおります。

マレー鉄道の旅
8/8~8/19、マレー半島を旅行してまいりました。

まわりからは、「そんなに長い休みが取れてうらやましい~!」
と言われているけれど、我々夫婦からすると、
「12日間だなんて、短すぎる!」というのが正直なところ。

すべては、小6息子、鎌万のせい。
「野球は皆勤賞を狙う!」「塾も絶対休みたくない!」と言い張り、
どちらもクリアするのが、この日程だったのだ。

「もう~、皆勤賞だなんて、日本人の美学みたいなこと言ってるなー!」
「野球は試合で結果を出せばいいし、塾は受験しないんだからいいじゃん」
と言ってみたところで、鎌万、聞く耳持たず。もう~、頑固者!

ってなわけで、親からするとちょっとご不満な旅行日程でしたが、
家族3人、楽しく過ごしてまいりました。

では、いつものごとく、ずらずら綴ってまいります。


R0014133.jpg

前日は野球の試合&県大会出場の打ち上げで、お疲れモードの鎌万。
なのに、朝5時出発だよ~(涙)

R0014138.jpg

またしても、佐助は別行動。
小町&鎌万はJLの早割、佐助はマイレージでSQ、佐助は約半日遅れで出発。

R0014145.jpg

連日の野球&塾の夏季講習でぐったりの鎌万。
乗り物に乗るたびに爆睡。

R0014150.jpg

約7時間のフライトで、シンガポールに到着!

R0014151.jpg

空港からはMRTに乗って、宿を目指す。
前回、13年前に訪れたときは、確かまだMRTはなかったはず。
当時はバスで中心街に向かった記憶が・・・。

R0014154.jpg

シンガポールの宿は、フレグランスホテル・サファイヤ。
国内にいくつも支店を構えるホテルチェーンで、
今回は日本からAGODAでインターネット予約。
しかし、1泊約6000円って高くないかー?

R0014157.jpg

でも、近くには24時間営業している食堂がたくさんあり、とても便利。
早速、チキンライスを食いに行く。

R0014163.jpg

朝4時ごろ、遅れて佐助が到着。
ホテルがあるkallang駅周辺は、結構古い建物が残っている。

R0014164.jpg

朝はホーカースでワンタン麺。

R0014165.jpg

洗濯物の干し方は、香港と同じ。よく乾きそう。

R0014167.jpg

とりあえず、ラフルズホテルにごあいさつ。
本当はハイティーでもしたかったんだけど、
以前、サンダル履きでドアマンに注意された佐助が根に持っていてさー。

R0014170.jpg

買い物好き男子、ブギスでハマる。

R0014173.jpg

しかし、なかなか決まらないおみやげ(男なのに買い物が長すぎる~)。
母は疲れて、梅ジュース。

R0014177.jpg

ブギスをようやく抜け、我らの思い出の場所、ベンクーレン通りを目指すが、
すでにそこには定宿はなし・・・(涙)

R0014182.jpg

隣のカレー屋は健在かと思ったら、同じカレー屋でも店は違った。
でも、おいしかったけどね。

R0014183.jpg

懐かしの安宿、ペオニーマンション・トラベラーズロッジの入り口。

R0014188.jpg

シンガポールのヨドバシ? で佐助ウキウキー☆

R0014191.jpg

こんなもん買っているしー。

R0014201.jpg

男たちの長い買い物が終わり、ようやく私の買い物タイム。
目指すは、リトルインディアへ!

R0014197.jpg

しかし、鎌万「あ~、俺。この雰囲気ダメ。」とインドワールドを拒否。
「う~、なんか重い」んだそう。

R0014211.jpg

早くもカフェに逃げ込み、マンゴーラッシーを飲む。

R0014219.jpg

リトルインディアは拒否したくせに、
「ブギスにもう一度行きたい!」と鎌万。また、買い物かよー!

R0014227.jpg

ここで売っている何がそんなにいいの???

R0014229.jpg

おやっ!? ベト語ではないかー! 3個買って10シンガポールドル。

R0014231.jpg

鎌万が買った3つはコレ。
①マーライオンのキーホルダー
②シンガポールのお札のキーホルダー
③シンガポールの観光スポット入りトランプ

R0014236.jpg

「いいモノ買ったでしょ!」と大満足の鎌万。
旅の後で、ホントに後悔しない???

R0014244.jpg

歩き疲れたので、MRTを利用。

R0014371.jpg

このMRT、非常に便利なのだが、切符の購入の仕方だけがイマイチ。
スタンダードのチケットを買う際、毎回、デポジットが取られ、
駅を出るたびに、デポジットを取り戻さなければならない。
めんどくさいつーの!

R0014246.jpg

我々には似合わない、オーチャードにも行ってみた。

R0014250.jpg

おやっ!? 前方から歩いてくるパジャマ姿の人。
もしや、もしや・・・と思ったら、やっぱりベトナム人でしたー!
オーチャードでパジャマはないだろうに・・・

R0014259.jpg

翌日。
ぎゃー! 一日目から歩きすぎて、足の裏に水ぶくれがー!

R0014265.jpg

Dr.佐助に手術してもらう。

R0014271.jpg

朝は再び、近くの食堂でエビ入り麺。



ところで、今回の旅の目的は「マレー鉄道に乗る」なのだが、
シンガポール駅が使われなくなってしまった今(今年の6月末に閉鎖)、
一体どこの駅から乗るべきなのかがわからない。

しかも、シンガポールではホテルでも旅行会社でも、
マレー鉄道の切符を扱っていないよう。

「KLに行きたい」というと、当たり前のようにバスを勧めてくる。

「それじゃあ、もうバスで行っちゃおうよ!」と私。
しかし、佐助がそれを頑として認めず、
「マレー鉄道で行くから意味があるんでしょ!」と引かない。

だけどさー、なんかめんどくさそうだよ。

実際、本当にめんどくさかったのだ。
結局、街の中心では列車の切符を購入することができず、
「だったら、駅に行って買うしかない」と、
前日に、わざわざ国境駅へ行かなければならなかった。
(始発駅はネットで調べてウッドランド駅と判明)

国境駅のウッドランドまでは、ホテルの最寄り駅からブギスへ。
そこからローカルバスで1時間ほど行ったところにあった。

肝心の切符は、なんらく購入できたが、KL行きの列車は朝8時30分発。
翌日もまたここへ来るのか(しかも朝が早い)と思うと、憂鬱に。

でも、とりあえず、マレー鉄道の旅は始められるようになった。
ここから、マレー半島を走り抜け、バンコクを目指す!

R0014273.jpg

ウッドランドまでのローカルバス。観光客は誰もいない。

R0014277.jpg

さて、その後、閉鎖してしまったシンガポール駅に行ってみた。
2カ月前にその役目を終えたばかりというのに、
もう長いこと使われていない感じがして、寂しい・・・

R0014284.jpg

旅情を誘うステキな駅だったんだけどな・・・

R0014292.jpg

線路にはゴミが捨てられ・・・。落ち込む佐助。

R0014298.jpg

僕の知らないお父さんとお母さんの思い出・・・

R0014299.jpg

歩きすぎて、足が痛てぇー。
都会の真ん中で、足つぼころりんで足の裏を押すおっさん鎌万。

R0014301.jpg

見上げれば、高層ビル群。

R0014307.jpg

おともだち?

R0014318.jpg

13年ぶりにマーライオンに再会!
当時は工事中だったので、
ちゃんとしたマーライオンを見るのは今回が初めて!

R0014311.jpg

観光スポットでヘンなポーズをとる人たち①

R0014313.jpg

観光スポットでヘンなポーズをとる人たち②

R0014351.jpg

観光スポットでヘンなポーズをとる人たち③
マー坊とマーライオンの競演。

R0014373.jpg

晩は飲茶で満腹~!

R0014376.jpg

翌朝は再び、MRTとローカルバスに乗ってウッドランド駅へ。

R0014389.jpg

マレー鉄道の旅が始まる!

R0014382.jpg

ウッドランドで出国&入国手続きをし、マレーシアへ。

R0014396.jpg

マレーシアの国境駅、ジョホールバル駅。
この街も取材したなぁ~。(著者本『マレー半島モンスーンエキスプレス』では
シンガポールとマレーシアを担当した)

R0014403.jpg

そして、列車の窓からはどこまでも椰子の木。

車内ではipodで自分の世界へ。
今回の旅で気づいたこと、その①
マレー鉄道の旅には、『北の国から』のテーマソングが意外と合う!

ま、あの曲は雪原だろうが、ラベンダー畑だろうが、椰子の木だろうが、
同じ景色がどこまでも続くところであれば、マッチするのかも。

R0014408.jpg

同じ景色に見飽きて、寝てしまう。

R0014411.jpg

シンガポールから約6時間。
マレーシアの首都クアラルンプールに到着!

R0014413.jpg

しかーし、到着したのはかつての旅情あふれるKL駅ではなく、
近代的なセントラルKL駅という別の駅。

R0014417.jpg

セントラルKL駅からはKLTに乗って安宿のあるチャイナタウンへ。
KLでは定宿のバックパッカーズトラベラーズイン健在!

しかし、「ドミトリーはもう嫌だよ!」とトリプルにしたものの、
ドミトリーとたいして変わんないじゃんよー!
(メンバーがただファミリーというだけ?)

R0014473.jpg

宿の中は当時のまま。

R0014475.jpg

トイレ・シャワーはもちろん共用。
しかも、ほぼ水シャワー!(涙)

R0014476.jpg

この歳(だってもう40歳よー!)になると、さすがにバックパッカー宿はつらい。
鎌万にはいい経験になっていると思うけど。

R0014419.jpg

とりあえず、KLの街を歩いてみる。

R0014424.jpg

マレー国旗がはためく官庁。

R0014425.jpg

空に連なるマレー国旗。

R0014426.jpg

おやまぁ、車にも!
って、どんだけ愛国心が強いんだぁー!

R0014432.jpg

晩はチャイナタウンで土鍋ごはん。

R0014439.jpg

翌朝は客家麺。

R0014441.jpg

お疲れの佐助を置いて、鎌万と市内観光へ。
LRTの切符は買いやすい。

R0014447_20110822162629.jpg

まずはKLのシンボル、ツインタワーへ!
展望台へ上るつもりが、入場制限があり・・・

R0014450.jpg

ツインタワーは断念したが、「なんか上に上りてぇー!」
ってことで、KLタワーへ。

しかし、このKLタワー。行き方が非常にわかりにくい。
目の前に見えているのに、建物の入り口がなかなか見つからないのだ。

R0014458.jpg

展望からの眺め。
音声による日本語案内もあるよ。

R0014460.jpg

俺たちの安宿を探すぞー!

R0014461.jpg

しかし、このKLタワー、入場料が非常に高い。
大人R45(約1200円)子どもR30(約800円)って、高すぎるだろ!
だいたい我々の宿が1泊R54(約1400円)なんだから。

ちなみにこの入場料には次の3つのうちのひとつをセレクトできる。
①乗馬(ポニー)
②しょぼい動物園
③ゲームセンター

どれも興味をそそらないが、鎌万が選んだのは乗馬(><)。

R0014466.jpg

でも、駐車場をぐるりと一周するだけでおしまい。
そんなサービスなら、入場料をもっと下げろっての!

あ、でも、鎌万はなにげに楽しんでいたみたい(笑)。
なんせ彼は今、歴オタまっしぐら!
「いや~、こんなのに乗って、弓を射っちゃうんだから、
戦国武将はすごいな~」って、あのぉー、これポニーだから。

R0014470.jpg

KLタワーから歩いてブキッビンタンへ。
しかーし、ここで時間切れー。
「宿に4時半集合」と佐助と約束していたからだ。
あ~、ケイタイがないのは不便。

R0014471.jpg

仕方なく宿に戻る。

R0014510.jpg

夕方、佐助と2人で思い出のKL駅を訪ねる。

R0014526.jpg

マレー鉄道といえば、やっぱりこの駅。
セントラルKL駅では、旅情もないぜー。

R0014509.jpg

いつか泊まりたいね、と言っていたステーションホテルは閉鎖され・・・

R0014487.jpg

KL駅は近郊の町を結ぶローカル駅に格下げ・・・

R0014500.jpg

駅構内には、鉄道博物館のようなものができており、
マレー鉄道がなんだか過去のものになっているような・・・

R0014529.jpg

そんな一抹の寂しさを抱きつつも、お腹は勝手に減るもんで・・・
夕飯はガツンと中華です!

R0014536.jpg

翌日、涼しさを求めて避暑地・キャメロンハイランドへ。

今回、鎌万が背負ったバックパックは、私が大学生のころに使っていたもの。
ヨーロッパ列車の旅、アメリカ大陸横断などの青春の思い出が詰まっているお宝。

R0014541.jpg

キャメロンハイランドまではバスで移動。
こちらはKLの長距離バスターミナルで、空港のように広々。
鉄道よりもバスの方が明らかに便利&快適なのだ。

R0014548.jpg

しかーし、バスのセンスはひどすぎる!
なんなんだよー、このジャングルみたいな車内は!

R0014550.jpg

キャメロンハイランドの宿は1泊R75(約2000円)。
ピンクの壁がかわいい!

R0014552.jpg

まずは、インド料理で腹ごしらえ。
そういえば、まだマレー料理って食べてない・・・。

R0014564.jpg

わーい、バスタブだぜー!お湯が出るぜー!
こんな小さなことで喜べるのが幸せ。

4日ぶりに洗濯をする。

R0014565.jpg

佐助とバトンタッチ。

R0014570.jpg

部屋に洗濯物を干す。
わーい、避暑地だー! 涼しさに喜ぶ鎌万。

R0014578.jpg

ちょっぴりアート?

R0014569.jpg

野球やりてぇー!と持って来たグローブで壁打ちする鎌万。
部屋の中でやるなー!(怒)

R0014582.jpg

ありゃりゃ、大雨だよー!

R0014586.jpg

ヒマだからマッサージにいく佐助。

R0014589.jpg

両ジジ&ババに絵はがきを書く鎌万。
かわいい孫をアピール。

R0014590.jpg

夜は鍋。
3人分頼んだら、尋常ではない量の具材がー!

R0014595.jpg

鍋は俺にまかせろ!

R0014601.jpg

まだ食うぞー!
食後のデザートはこちら。

R0014602.jpg

避暑地の朝は気持ちがいいー!

R0014605.jpg

朝メシはインド料理店でロティ。朝食にはちょっと重い・・・

R0014612.jpg

今日は終日、アドベンチャーツアーに参加。
迎えに来た車が四駆だったので、嫌な予感がしたが・・・

R0014625.jpg

案の定、すんごいところに連れて行かれた!
前の車はこんなことになっちゃっているしー!

R0014629.jpg

四駆で山道を登ったあとは、トレッキング。
ツアーの参加者は頭にこんなものをかぶされる。

R0014635.jpg

どこが避暑地なんだよー!
キャメロンハイランドも日中は暑かったのだ(騙された気分)

R0014664.jpg

トレッキングは思っていた以上にハード!

R0014647.jpg

「もう、だからこういうツアーに参加するの嫌だったんだよー!」
とトレッキング中にブツブツ文句を言う佐助。

R0014646.jpg

「いいから黙って付いて来い!」

R0014651.jpg

「ほへぇー」

R0014639.jpg

意外と根性がある鎌万。

R0014659.jpg

苦労して歩いた末に見たものは、世界で一番大きな花
ラフレシアーーーー!!!

R0014656.jpg

ツアーで一緒だったオランダ人の親子。
ヘブンちゃんは、鎌万と同じ11歳。なのに、英語がペラペラ!

R0014662.jpg

ぎゃー! ラフレシアに食われそう~!

R0014669.jpg

残念ながら滝は、水が前の日の雨で濁ってしまい泳げず・・・
せっかく水着を持って来たのにー!

R0014678.jpg

竹の中にたまった天然水を飲む(こちらはキレイ)

R0014687.jpg

その昔、マレー人が使っていたという狩り用の吹き矢に挑戦。

R0014700.jpg

続いてお待ちかねの茶畑へ! 見よ!この絶景!

R0014702.jpg

東インド会社時代からの歴史あるティープランテーション、
ボー・ティーのカフェテラスからの眺め。
ここで飲む紅茶がまた旨いんだー!

R0014715.jpg

ティー工場を見学する。

R0014723.jpg

おみやげはもちろんボー・ティーの紅茶。

R0014832.jpg

まだまだツアーは続くよー!
茶畑のあとは、バタフライファーム→ストロベリーファーム。

R0014836.jpg

ベトナムのシントーはコンデンスミルクだけど、
こちらは牛乳でシェイクしているのであっさり。でも、めちゃウマ!

R0014839.jpg

そして、長いツアーは終わり、翌朝。

R0014842_20110822215021.jpg

移動日の前日は、荷造りを済ませておく。
それにしても、鎌万、相変わらず荷物多すぎー!

R0014844.jpg

歯みがき用のコップなんて持ってこんでよろしい!

R0014852.jpg

英国植民地時代を偲んで、朝はスコーン&紅茶。

R0014854.jpg

週末で郵便局が閉まっていてハガキが出せずにいたので、本日投函。

R0014859.jpg

避暑地とも今日でお別れ。
今回、初めて訪れたキャメロンハイランド。
トレッキングはきつかったけど、結構、この町が気に入ってしまった。

R0014864.jpg

キャメロンハイランドからはバスでイポーヘ。
なんかアホなことやってるしー(笑)。

R0014866.jpg

キャメロンハイランドからわずか2時間。
イポーのバスターミナルに到着。

R0014868.jpg

イポーを訪れた目的は、イポー駅にあるステーションホテルに泊まること!
しかーし、その肝心のホテル、無情にも今年5月に閉館ーーー!

R0014899.jpg

鉄道駅にはもったないほどのステキな建物。

R0014875.jpg

マレー鉄道の中で、一番旅情ある駅だったイポー駅。
しかし、今はKLとイポーを結ぶ新しい高速列車が注目されているようで、
その乗客たちで賑やか。風情などあったもんじゃない。

R0014886.jpg

過ぎた日を偲ぶ佐助どん・・・

R0014890.jpg

ところが、思い出のベンチは健在だったのだー!

R0014910.jpg

イポー駅のステーションホテルがなくなってしまった今、
イポー滞在の意味はなくなってしまった。

というわけで、予定を急きょ変更し、このままペナンを目指すことに。
バターワース行きの列車は18:00発。

そして、今は14:30、あと3時間半、何して時間を潰そうか・・・?

R0014881.jpg

とりあえず、メシを食う。

R0014913.jpg

駅のカフェを陣取り、鎌万は塾の宿題。

R0014916.jpg

あたしは、角田光代の『幸福の遊戯』

R0014914.jpg

宿題のあとは、歴史本。

小4のころ、一時、城タクになりかけた鎌万だったが、
その後、パッタリ興味を示さなくなったと思ったら、
半年前から突然、再び、歴史好きに。
興味の対象は戦国時代から幕末までに限るけどね。

R0014918.jpg

何杯飲んでも、時間はまーだ、まだ。

R0014923.jpg

イポー駅ではこんなこともやっていたよ。
マレーシアもベトナムみたいに婚礼写真に気合いが入っています!

R0014951.jpg

鎌万が撮った写真、その①昔を懐かしむ母

R0015002.jpg

鎌万が撮った写真、その②イポー駅
「フレーミングがなかなかいいぞ!」と師匠に誉められる。

R0014927.jpg

そろそろ列車がやって来る。

R0015010.jpg

列車を待つこと3時間半。ようやく先へ進めるぞ。

R0015013.jpg

早速、車内販売の焼きそばにありつく。

R0015014.jpg

しかーし、期待はずれ。
麺がやわらかすぎて、おいしくなーい!

R0015023.jpg

そして、日が暮れていく。

R0015029.jpg

21:30、バターワース駅に到着。

R0015031.jpg

ホームに降りたら、日本人観光客が結構いて驚いた。
しかし、彼らはツアーのお客様で、駅前で待機していた送迎バスへ。

人もまばらなバターワース駅。
これからフェリーに乗って、ペナン島を目指す。
果たして今夜の宿はあるのだろうか・・・?

R0015036.jpg

宿なしのジプシー親子。

R0015039.jpg

ご心配なく! 宿はちゃんと見つかりました。

R0015040.jpg

しかも、こんなステキな宿。
100年前に建てられたという中国と西洋がミックスされた趣のある建物。

R0015097.jpg

おーい!佐助どーん。

R0015043.jpg

このブルーのすりガラスがまたいいんだぁ~

R0015044.jpg

1階と2階をつなぐ階段は『蒲田行進曲』並の急階段。

R0015093.jpg

きっ、急すぎるーーー!

R0015071.jpg

1階の中庭は吹き抜けになっている。

R0015072.jpg

2階のロビーはこんな感じで、かなーり広々。

R0015096.jpg

あまりの広さに踊りたくなる。

R0015057.jpg

世界遺産の町、ジョージタウンを歩いてみる。

「ジョージタウンって、ジョージの町ってことでしょ?
あの『おさるのジョージ』の町なの?」と鎌万。
おーい、小6男子大丈夫かー???

R0015058.jpg

FOR SALE だって! 欲しい~!

R0015111.jpg

カラフルなジョージタウン。

R0015061.jpg

遅い朝食はワンタン麺。

R0015062_20110822235218.jpg

トライショーも健在。でも、もっぱら観光客向け。

R0015069.jpg

町の中心地は無料のシャトルバスが出ているので、とても便利!

R0015082.jpg

部屋に戻って洗濯。
洗面所スペースがタイル張りになっているのがかわいい。

R0015087.jpg

旅も終盤ってことで、おみやげを披露。

R0015108.jpg

昼はお粥屋さんへ。

R0015118.jpg

えっ!? まだ買うのー???

R0015122.jpg

夜は飲茶へ。

R0015125.jpg

どー・れー・に・しようかなー?

R0015130.jpg

中秋節のお飾り。ううう、かわいいーーー!
「こんなもん買って、どうやって日本に持って帰るの?」
という佐助の忠告をムシし・・・

R0015132.jpg

買っちゃった。
(結局、あとで後悔するんだけどね・・・)

R0015150.jpg

荷物がどんどん増えていくよーーー!

R0015153.jpg

翌日、再びフェリーに乗ってバターワース駅へ。

R0015162.jpg

フェリー乗り場からバターワース駅へ。
以前よりホームの位置が変わったのか、若干遠くなった気が・・・。

R0015174.jpg

バンコク行きの列車に乗るぞー!

R0015194.jpg

ここから21時間の長い旅が始まる。

R0015183.jpg

二等車でも快適な車内。バンコクまで寝台下段ベッドR110(約3000円)

R0015204.jpg

さぁーて、1冊読み切るぞー!
道尾秀介の『向日葵の咲かない夏』

R0015255.jpg

鎌万はつかこうへいの『幕末純情伝』。
またしても、幕末かー!

R0015216.jpg

いい感じに暮れてきたぞー!

R0015227.jpg

晩ご飯は車内食堂のごはん。ワンセット130バーツ(約350円)。
タイの物価にしては割高かな。

R0015234.jpg

食事が済むと、さっさとベッドメイキングが始める。

R0015237.jpg

まだ眠れないよー!

R0015242.jpg

と言いつつ、ぐっすり。

R0015246.jpg

しかーし、朝は朝でさっさと片付けられてしまう。

R0015249.jpg

朝食はサンドイッチ100バーツ(約250円)

R0015261.jpg

ヒマなので、いろいろなアングルで撮ってみる。

R0015267.jpg

人のお腹をクッション代わりにするなー!

R0015285.jpg

そろそろバンコク。

R0015288.jpg

バンコク・ホワラポーン駅に到着。
『マレー半島モンスーンエキスプレス』の旅は終わった。

R0015298.jpg

なんか佐助のところだけ後光が差しているよ。

R0015300.jpg

一年前、ラオスに行ったときも訪れたホワラポーン駅。

R0015304.jpg

トゥクトゥクに乗って、定宿へ!
3人+バックパッカーで狭いっつーの!

R0015310.jpg

バンコクの宿といえば、ホワイトロッジ。

R0015311_20110823004440.jpg

まずはタイラーメンで腹ごしらえ。

R0015316.jpg

またしてもバンコクはわずか半日の滞在。
エステに買い物・・・、あぁ、時間がなーい!!!

R0015317.jpg

ワールドセンターにユニクロができるらしい。

R0015321.jpg

旅の〆はやっぱり、8番ラーメン!

R0015325.jpg

いやいや、コレも食べておかねば! おなじみのマンゴー餅米。

R0015327.jpg

出発30分前。
妻と息子との別れを寂しがる佐助どん。
いやいや、解放を喜んでいる???

今回もまた、佐助はその後、ひとりベトナムへ。

R0015334.jpg

深夜便で日本へ。
空港でもまだ歴本読んでるしー!

R0015335.jpg

帰りの飛行機は爆睡。

R0015339.jpg

横須賀線でも爆睡。




そして、家族3人のマレー鉄道の旅は終わった。

『マレー半島モンスーンエキスプレス』の取材をしたのは、
今から15年前のこと。

当時、私と佐助はつき合って1年が過ぎ、結婚を決めていた。
とはいえ、私は勤めていた会社を辞めて無職。
佐助もフリーカメラマンとしては、まだ経験が浅いころだった。

そんなときに、ライターの話を持って来てくれたのが、
旅仲間である友人の編集者だった。

小さな出版社の取材は経費も乏しく、
バックパッカー並の旅ができるヒマな人というのが、
著者としては理想だったのだろう。

確かに過酷な取材だったが、
それでも長年憧れていたライターの夢が実現したという喜びの方が大きかった。

今、読み返してみると、ひどい文章だが、
私のライターとしての出発点として、
この本はかけがえのないものとなっている。

その本を抱えて、13年ぶりにマレー鉄道の旅に出た。
(出版した2年後に佐助と2人で旅をしている)

当時の思い出がいっぱい詰まったシンガポール駅、KL駅、イポー駅は、
今や現役を退いたり、近代化されたりで変わってしまった。

それはすごく残念ではあるけれど、仕方がないこと。
10年以上の月日が経てば、変わるのは当然だ。
だって、当時はこの世に存在していなかった鎌万が、
マレー鉄道に揺られながら、小難しい歴本を読んでいるのだから。

そんな時の流れを感じさせた今回の旅。
来年の夏は、鎌万も中学生。
もう親と一緒に旅行なんて嫌だ!と言い出しそうだけど、どうかな?

R0015276.jpg



ベトナム in 2010ー2011
今日は1月10日。
2011年もあっという間に10日が過ぎてしまい、
新年の挨拶をするタイミングをすっかり逃してしまいましたが、
今年もどうぞよろしくお願いします!

我が家はダンナ&息子が共に年男。
ウサギ男に囲まれたイノシシ女というと、
我が家の力関係が見えてきそうですが、
今年も家族3人で仲良く暮らしたいと願っています。

さて、昨年同様、今年も年明けはベトナムで過ごした越南家。
1週間先に旅立ったダンナは、いまだ日本に帰っていませんが、
家族で過ごしたベトナムの旅をいつものごとくズラズラと綴っていきます。


R0012370.jpg

1月25日、母&息子旅立ちの日。
薄手のパーカーで凍えながら、いざベトナムへ!

R0012377.jpg

駅に停車するごとにドアが開き、冷気が入ってくるエアポート成田。
薄着で凍えるよりは、ちょっと贅沢してグリーン車へ。
2階席ならぬくぬくです。

R0012381.jpg

「最後にラーメンが食いてぇ~!」という鎌万のリクエストに応え、
空港でげんこつラーメン。

R0012383.jpg

翌朝はラーメンがフーティウに変わりましたー!

R0012384.jpg

サイゴンの宿は、定宿ビーサイゴンではなく、レインボーホテルに浮気。

R0012388.jpg

まずは移転したラフネへ。

R0012395.jpg

今回の旅のお伴はかめきち、ひこにゃん・・・(ホントはまだまだいるよ~!)

R0012400.jpg

なかなか撮れない家族写真。
貴重な写真を撮ってくれたのは・・・

R0012403.jpg

サイゴン在住のカメラマンわかちゃんでしたー!
わかちゃんとは去年の夏にラオスで知り合ったのだ。

R0012405.jpg

わかちゃんとラフネでランチをした後は、街をぶらぶら。
ありゃま、エデンがなくなっているではないかー!

R0012411.jpg

というわけで、いつもの両替所も移転。

R0012414.jpg

とりあえず、クロックスもどきを買いにTAXへ。
今日は26日なんだけど、まだ街はバリバリにクリスマスです(笑)。

R0012416.jpg

夜は在住時代、家族ぐるみで親しくしていた富澤家へ。

R0012418.jpg

幼なじみのナルと話すのが照れくさくて、
なぜか格好つけて本を読み始める鎌万・・・。

R0012425.jpg

あ~、よかった。やっと遊びだした。
しかーし、そろそろ帰らねば・・・

R0012426.jpg

なぜなら、翌日は・・・

R0012427.jpg

フーコック島なのでしたー!

R0012432.jpg

ホテルはネットで予約。
施設はまぁまぁなのですが、受付のねぇちゃんは国営並のサービス。
ま、食事はおいしかったので、ヨシとしよう。

R0012433.jpg

しめた魚をライスペーパーにくるんで食べます。

R0012438.jpg

見よ! この透明感!
「焼きたくないからTシャツ着て泳ぐ」ってお前はベトナム人かい?

R0012443.jpg

セオムに乗って島の中心へ。
フーコック島を訪れるのは5年ぶり。
5年前にお茶をしたカフェへ行ってみました。

R0012444.jpg

「やっぱベトナムいいねぇ~」
クラス担任との衝突でストレスフルな鎌万。
ひさしぶりにいい笑顔を見せてくれました!

R0012446.jpg

さとうきびジュース5000ドンってマジですかー?
いやいや、そんなのなんのその。
その後、イヤというほどベトナムの物価高を知るのでありました。

R0012457.jpg

尋常じゃないぞー、このコンデンスミルクの量は!
歯が溶けるって!

R0012460.jpg

「危ねぇーな。なんでバイクに乗りながら買い物するんだよー(怒)!」
ひさびさの市場にびびる鎌万。

R0012461.jpg

その割には、あれこれ食べたいとうるさい。
自分で買ってみろっつーの!

R0012465.jpg

無表情のサンタ。

R0012475.jpg

翌朝はホテルのブレックファースト。
朝食付きのホテルに滅多に泊まったことがないので、なんかウキウキ!

R0012477.jpg

朝練。

R0012494.jpg

げげっ、ついてない。
アレになっちゃって、こんなキレイな海を前にして泳げませーん(涙)

R0012516.jpg

お誕生日おめでとう~!
今日は鎌万の11歳の誕生日。

R0012521.jpg

「11歳になった心境を一字で書いてみて」というお題に対し、
鎌万が書いた字は「叶」。
なんか大きな野望をお持ちのようで・・・。

R0012537.jpg

めずらしく運動をする佐助どん。
ダメだね~、このフォーム。

R0012546.jpg

泊まったリゾートホテルはこんな感じ。

R0012551.jpg

バイクを借りて、島の北を目指す!

R0012552.jpg

しかーし、走って30分でいきなりパンク!
後ろの2人は強制的に下ろされ、バイク修理屋までひたすら歩く・・・。
「今日は俺の誕生日なのに・・・」

R0012561.jpg

助かった~。歩いて30分のところにバイク修理屋発見!

R0012560.jpg

原因はコレでした。

R0012554.jpg

バイク修理屋に干してあった胡椒。
フーコック島は胡椒の産地なのです。

R0012565.jpg

気を取り直して、まずは腹ごしらえ。

R0012570.jpg

1台のバイクに3人はもう限界~!
鎌万のヘルメットが邪魔なんですけどぉ~

R0012571.jpg

どこまでも続く赤い土。
これぞ、フーコック島。

R0012575.jpg

誕生日におじいちゃんおばあちゃんからもらったラジオを持参。
ベトナム演歌でひと休み。

R0012578.jpg

なぜに牛・・・?

R0012585.jpg

日中、アクティブに動きすぎて、ホテルライフを満喫できず・・・

R0012589.jpg

「いくらでも頼んでいいよー!」
シーフード天国にて、11歳の誕生会。

R0012592.jpg

翌朝はフレンチトースト。甘過ぎ~!

R0012594.jpg

ホテルの朝食も飽きてきた。
ベトナムの朝はやっぱり豆乳でしょ!

R0012599.jpg

考える佐助。
ま、さ、か、再移住???

R0012602.jpg

おーい、カメラ傾いているぞー!

R0012609.jpg

最終日にようやくリゾート気分。

R0012613.jpg

鎌万の本を拝借。
約30年ぶりに読む赤川次郎。
あれー? 赤川次郎ってこんなに文章ヘタだった???

R0012668.jpg

シーフードはもういいです。
早くもインド料理に浮気。

R0012675.jpg

翌日はスピードボートでメコンの町、ハーティエンへ!

R0012681.jpg

遙かなるボート乗り場・・・

R0012686.jpg

意外と小さいスピードボート。大丈夫か???

R0012688.jpg

中はこんな感じ。

R0012690.jpg

2時間爆睡。
目が覚めたら、ハーティエン。

R0012692.jpg

スピードボートの乗客は、西洋人バックパッカーが意外と多かった。
みんなハーティエンに行くかと思いきや、
あれれ? そのままバスでカンボジアへ~!

R0012696.jpg

というわけで、ハーティエンの町を目指したのはウチだけ・・・。
荷物が多いので、バイク3台で対岸の町へ。

R0012699.jpg

まずは町をぶらぶら。
新婚旅行で訪れて以来の13年ぶりのハーティエン。
ショックだったのは、お気に入りの浮き橋がなくなっていたこと!

R0012704.jpg

浮き橋がないのなら、当時泊まったホテルもなくなっているに違いない・・・。
ということで、適当に入ってみたホテル。

R0012702.jpg

ところが~、ホテルは残っていたのだ!
ということで、翌日移動することに。
正直、移動はめんどうくさいなぁ~と思ったけど、
佐助の思い入れが強すぎてねぇー・・・。

R0012706.jpg

グローブと塾の宿題。
旅先でも日常も持ち込む鎌万よ・・・。

R0012717.jpg

甘いモノ、大好き男子。

R0012722.jpg

今回の旅で、我々が一番ハマったのは、このかぼちゃプリン!
三日連続、通いましたー!

R0012725.jpg

今日は大晦日。

R0012726.jpg

年明けにボートレースが行われるらしい。

R0012729.jpg

買い物好きな男子。

R0012735.jpg

ハーティエンでこんなモノ買っているし・・・。
サイゴンに戻ったら、もっと買い物熱が上昇しそうで怖い。
私はベトナムでは物欲は沸かず、もっぱら食欲のみ。

R0012741.jpg

ラオ帽&ラオTでベトナムを歩く。

R0012742.jpg

朝からホテルを移動。
相変わらずモノが多い鎌万。バックパッカー失格!

R0012787.jpg

重い荷物を背負って、懐かしのドンホーホテルへ。

R0012774.jpg

13年前、このホテルの屋上で、
たまたま同じ宿に泊まっていた日本人カメラマンに撮ってもらったツーショット。
家のどこかにあるはずなんだけど、あるかなぁ~?
同じアングルを再現してみました。

R0012791.jpg

部屋からの眺めはGood!
しかーし、浮き橋がなくなってしまったのは、本当に残念。

R0012793.jpg

お腹が空くまで、ひたすら読書。

R0012795.jpg

鎌万記者、 i phoneの動画でハーティエンをリポート中!

R0012797.jpg

ここのボー・コー(ビーフシチュー)も旨かった!

R0012798.jpg

でも、なぜか朝はやっておらず、2時過ぎじゃないとありつけない。

R0012747.jpg

「あ~、日本に帰りたくねぇ~」(by 鎌万)

R0012800.jpg

ボー・コー屋の向かいはお菓子売りのおばちゃん。

R0012802.jpg

ココナッツパウダーをフライパンにまぶし、

R0012801.jpg

中にスライスしたココナッツを入れ、くるむ。

R0012804.jpg

バイン・ユア(ココナッツのお菓子)の完成! 1個3000ドン也。

R0012803.jpg

あまりの旨さにもう2個追加。

R0012808.jpg

夕日が出るまで、読書で待機。

R0012818.jpg

ベッドの上で「宇宙戦艦ヤマト」を熱唱する鎌万。

R0012823.jpg

再び、鎌万記者のレポートが始まった。

R0012828.jpg

「あ~、野球やりてぇー!」

R0012858.jpg

いい場所見ーつけた! 屋上で夕練。

R0012861.jpg

壁当てで自主練に燃える鎌万。

R0012875.jpg

いい感じに暮れてきました。

R0012880.jpg

やっぱり大晦日はそばを食べたいっす・・・。

R0012897.jpg

大晦日の夜は、町はそれなりに賑わったけど、
ステージのカラオケがうるさいってだけ?

路上ではこんなおもちゃが売られていました。
ゴム鉄砲の上飛ばしバージョン(?)かなり空高く飛んで行きます。

R0012906.jpg

そして、2011年が始まった。
町のお寺で初詣。
親子して、ヤマトの影響、めちゃ強っ!

R0012911.jpg

2011年の始まりはブン・クア(カニうどん?)

R0012909.jpg

メコンの町にはチャーリーが健在(サイゴンはずいぶん減ったね~)

R0012912.jpg

浮き橋がなくなってしまったので、ボートで対岸へ。

R0012917.jpg

ベトナムの新年は旧正月で祝いますが、一応、新暦の元旦も祝日なので、
各家には国旗が掲げられます。

R0012920.jpg

山の上にあるお寺を目指す。階段、きつー!

R0012932.jpg

途中で休憩。頂上まであと少し!

R0012972.jpg

お寺のてっぺんはこんな感じ。眺めが最高!

R0012974.jpg

この高さにビビってます(笑)

R0012982.jpg

山頂からエビを干しているのが見えたので、行ってみました。

R0012983.jpg

結構適当に放ってます(笑)。

R0012984.jpg

エビをひとついただきました。し、しょっぱーい!

R0012991.jpg

エビの絨毯。

R0012992.jpg

今日も昼はボー・コー。

R0012993.jpg

そして、向かいのバイン・ユア。

R0012994.jpg

夕方からセオムで洞窟寺へ。
カンボジアの近くということもり、トットノットが売ってました。

R0013000.jpg

カメラをぶら下げたベトナム人観光客が結構います。

R0013009.jpg

岩を登ると、「おっ、カンボジアが見えたぞー!」
持参したラジオをつけてみると、カンボジア語が流れているではないか!

R0013014.jpg

そして、今日も夕練。

R0013050.jpg

ちょっとしょぼいけど、一応、新年の賑わい。

R0013055.jpg

そして、元旦は暮れてゆく。

R0013061.jpg

大好き、この笑顔!

R0013062.jpg

古代進になりきる鎌万。

R0013065.jpg

波動砲、発進!

R0013069.jpg

夜はカー・ハップ(蒸し魚)。
メコンの町では魚料理が続く・・・。
そろそろガツンと肉が食いてぇー!

R0013086.jpg

川沿いのカフェでボートレースを見学。
アイスティーを頼んだら、こんなに氷を持って来た。
おいおい、ウイスキーじゃないんだから!

R0013072.jpg

どっちが勝つかな?

R0013092.jpg

今日は移動日。
ローカルバスで3時間、チャウドックへ!

R0013094.jpg

発車までの待ち時間に読書。
鎌万の冬の三冊は、『宇宙戦艦ヤマト』のノベライズ、
『きよしこ』(重松清)、『死者の学園祭』(赤川次郎)。

R0013098.jpg

ひさびさに乗るエアコンなしのローカルバス。

R0013099.jpg

チャウドックに到着~!

R0013102.jpg

まずは市場で腹ごしらえ。

R0013104.jpg

ううっ、臭ーい。マムの町、チャウドック。

R0013110.jpg

川沿いをテクテク。
それにしても、鎌万。海外旅行といえば、
ベトナム、中国雲南省、ラオス、カンボジアとメコンの国ばかり。

R0013113.jpg

河原でビーチバレーならぬリバーバレー?
しかーし、ヘタくそ。基本がなっとらん!と思わず指導したくなる。

R0013119.jpg

メコンで語る父と息子。

R0013126.jpg

削り節に使うようなモノでかき氷を作ってくれる。
ミント&練乳味、結構ハマる。

R0013129.jpg

ホテルの下は公園で、夜は屋台がズラリ。
なかなかのロケーションだね!と喜んでいたら、
翌朝、早朝に大音量のベト版ラジオ体操で飛び起きるハメに~(><)

R0013132.jpg

「町歩きの荷物が多すぎる!」と鎌万の荷物に文句を言う佐助。
「かめきちだけは譲れない!」と必死の鎌万。
朝からうるさいっつーの!

R0013136.jpg

メコンの町のシクロは、お客は後ろ。

R0013141.jpg

セオムに乗ってサム山へ。
ここにもマムがたくさん!

R0013145.jpg

山に登る根性はなく、山の下のカフェでごろりん。

R0013151.jpg

豆乳1杯で1時間半寝てましたー!

R0013155.jpg

昼はマム鍋。
「マム、マムって騒いでいるけど、マムってなんなんだよー!」と鎌万。

R0013157_20110110224511.jpg

「うわー、臭せぇー!」

R0013159.jpg

「意外と旨いぞ!」

(マムとは魚やエビを発酵させたもの。臭いは強烈ですが、『臭旨』なのです)

R0013161.jpg

午後はフェリーに乗って、対岸へ。

R0013170.jpg

対岸のカフェでメコンの夕日を眺めるつもりが・・・
川沿いにカフェがない!
とりあえず、眺めのいいおかゆ屋さんで席を陣取る。

R0013168.jpg

路上で買ったチェーを持ち込む。
それにしても、カラフルなタピオカだこと。
見た目はマズそうだけど、かなりおいしかったです!

R0013179.jpg

席確保のために食べたおかゆだったけど、チャオ・ビットも絶品!

R0013194.jpg

いい感じで空の色が変わってきました!

R0013200.jpg

カメラ各自1台で、写真を撮りまくる3人。
ベトナム人からすると、奇妙な家族に見えたことでしょう。

R0013209.jpg

ローカルフェリーがタイタニックのように見えてしまう!
今回の旅、ナンバー1の風景(佐助調で撮ってみました)。

R0013212.jpg

「俺の方がうまいでしょ?」と写真を自慢し合う親子。
いやいや、誰が撮ってもキレイな夕焼けでした。

R0013222.jpg

ヘンな時間におかゆを食べたので、遅い夕ごはんに。
食後はホテル前の屋台でフローズンヨーグルト。
ハーティエンのかぼちゃプリンの次に家族3人がハマったもの。

R0013224.jpg

メコンの町は今日もいい天気。

R0013231.jpg

長距離バスでサイゴンへ!
昼間の移動なのに、寝台バス???
もうひたすら寝るしかない!

ところが、予想外に快適だった寝台バス。
目覚めたら、そこはもうサイゴン!

R0013256.jpg

旅の疲れを癒しに、ゴイ・ダウ(洗髪)へ。
日本に帰ったら、カット代もバカにならないし・・・
ということで、勇気を出してカットもしちゃう。

R0013266.jpg

鎌万は強制的にカット。
「お母さん、ちょっとヤバイよ~!切りすぎだよ~!」
とわめく鎌万。おねえさん、確かにちょっと、切りすぎだ。

R0013271.jpg

「気持ちいい~!」
鎌万、ゴイ・ダウ初体験。

R0013277.jpg

晩ご飯はタナカッチと。
メコンの町からやって来ると、やっぱりサイゴンのメシは洗練されている~!

R0013278.jpg

ローカルアパートの中にある隠れ家的なカフェへ。

R0013281.jpg

在住の頃、カフェ好きだった鎌万。当時、3歳~6歳だったのに、
毎晩大人に付き合ってカフェに行ってたよね~。
そういや、日本では鎌万とカフェってないよねぇ~。

R0013298.jpg

ファミマのおにぎりを食べてみよう!ってことで、
朝からファミマへ(1年前にベトナムに進出)。
でも、イマイチおいしそうに見えなかったので、バイン・バオに。

R0013293.jpg

でも、バイン・バオ1万ドンって高くないですかー?
箱なんていらないから、もっと安くしろー!

R0013300.jpg

さて、そろそろお土産探しと行きますかっ!

R0013301.jpg

値段交渉に弱気な鎌万。
そんなんじゃ、ベトナムでは生きていけないぞ!

R0013308.jpg

だけど、着々と自分のモノを買っていく鎌万。

R0013307.jpg

友だちのお土産も済んでいるし・・・

R0013305_20110110234000.jpg

自分の帽子も買って、その後、余裕で路上お菓子なんか食べているし・・・。
(あたしはまだ何も買っていない!)

R0013311.jpg

まだ買うのかよー!
そういや、アルミ缶細工のお店ずいぶん減ったね~。

R0013314_20110110234627.jpg

夕方は大家さんの家へ。
幼稚園のバス乗り場だったカフェは、今はなく・・・

R0013317.jpg

一年ぶりにレタントンのヘムを歩く。

R0013323.jpg

大家さんの家の前で緊張する鎌万。

R0013325.jpg

当日の朝、いきなり連絡をしたにもかかわらず、
お嫁に行った長女ジアンも息子のミンコイを連れて来てくれました!

R0013361.jpg

チャンおじさんもフーンおばさんも元気です!

R0013332_20110110235456.jpg

チャンおじさんとはよく遊んでもらった記憶がある鎌万は、
会って早々、「バドミントンがやりたい!」と言いだし・・・

R0013335.jpg

そういえば、私もよくチャンおじさんとはバドミントンをしたっけ。
高校時代はバドミントン部だったので、何気に上手いのよ。

R0013338.jpg

当時住んでいた家は、厳重な門が新設されており・・・。
以前は門が低かったため、夜中に自転車を盗まれたことがあったのだ~(><)

R0013351.jpg

お気に入りのポストは場所が変わり・・・。
在住時代、毎週、長谷のおじいちゃんから届いた『長谷だより』。
おじいちゃんの日記が1週間分送られてくるのだが、
あの『長谷だより』があったから、
3年の空白を感じずに鎌倉生活にすんなりと戻れたのかも。

R0013362.jpg

次女のハーも今月めでたく結婚!
チャンさん一家にまた家族が増えました!

R0013364.jpg

お相手はとても優しそうな人。
でも、ジアンもハーも当時付き合っていたボーイフレンドとは、
結局、結婚しなかったんだね。
あの頃の彼氏たちが懐かしくもあり・・・。

何はともあれ、結婚ばんざーい!

R0013368.jpg

晩は再び富澤家へ。
サイゴン在住の三浦さん親子と一緒にたこ焼きならぬイカ焼きパーティー。

R0013373.jpg

娘に憧れる佐助。
なんかこのシーン笑える。

R0013380.jpg

女子5人に男子1人。ハーレム状態の鎌万。

R0013386.jpg

最終日の朝。疲れピークに(><)

R0013392.jpg

いやいや、まだ頑張らねば!
夫と息子を置いて、買い物に走る小町。
エステ&マッサージにも行っておきたい!

R0013393.jpg

フエ料理を食べていないことに気づき、タナカッチを誘ってフースアンへ。
バイン・ベオ一皿1万ドンってマジですかー?
あ~、もっとバクバク食べたいのにー!

追伸:しかーし、日本に帰って後悔しました。
帰国した翌日、2日続いた飲みで消えたお金を考えれば、
あの時もっとバイン・ベオを食べておけばよかったと・・・)

R0013397.jpg

土産探しは難航・・・。
あまり目新しいモノがないんだもん!

スーパーで見つけた、ネスレのベトナムコーヒー。

R0013400.jpg

i phoneじゃありません! i phoです(笑)

R0013409.jpg

再び、タナカッチ登場!
好きなバイクに乗って、自分のペースで生活をする。
やっぱりいいな、サイゴン暮らし。

R0013415.jpg

「何歳になったらバイクに乗っていい?」と鎌万。
ベトナムでバイクに乗りたいんだそうで・・・。

R0013389.jpg

サイゴンよ! こんなに都会になっちまって・・・

R0013422.jpg

ベンタイン市場の前でパラパラ(?)を躍る群衆。
な、なんなの???

R0013425.jpg

このバイクの中をどうやって渡れっていうのよっー?
ベトナム人おばちゃんに誘導され、なんとか渡る小町&鎌万。
もはやすっかり旅行者です(完敗)。

R0013430.jpg

最後の晩餐は肉友のLitiと焼き肉へ!

R0013436.jpg

恒例のヤギ肉へ行く予定が、
リー・トゥー・チョン通りの焼き肉やが復活したというので、31へ!
これから飛行機に乗るっていうのに、ガンガン肉を食べる小町&Liti。
(Litiはこの後、買い付けでフランスへ~!)

R0013438.jpg

エビもしっかり食べておきます!

R0013443.jpg

そして、空港へ。

R0013445.jpg

行きに着ていたパーカーをベトナムのバスの中で忘れてしまった鎌万。
帰りはさらに薄着~(><)。
虐待母と疑われないように、帰りもグリーン車にしておきました。

そして、今年も千葉からベトナム元在住者のさごとちゃんが乗車。
頼まれていたバイン・チュン、ネム・チュアと引き替えにいただいたのは・・・

R0013449.jpg

うふふ・・・

R0013450.jpg

1週間遅れのおせちでしたー!

苦労して運んだ甲斐があったわ。
しかーし、バイン・チュンは重いっつーの!



ってな感じの2週間の家族旅行。
帰国して早々、ベトナムが恋しくなっておりまする。
そろそろ、現実に戻らなければ・・・。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。